逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Jónsi@新木場STUDIO COAST
Jónsiの新木場STUDIO COASTでのライブを観てきた。
「盛り上がった」とか「楽しかった」といった表現では到底表しえない世界。
Jónsiは天才というより独創的な異才。そして腕のあるバンドのメンバーがJónsiの表現をサポートし増幅し、59ProductionsがJónsiの世界観をスクリーンの上で具現化し、僕等の目の前に日常とは異質な世界が展開し続ける。
冒頭、Jónsiがニコ・ムーリーと二人で登場し、Stars in Still Waterを歌い始める。その最初の一声から瞬時に別世界に持ってかれる。
僕等観客は、時には一つ一つの音を聞き漏らすまいと聞き耳を立て、時にはサムリ・コスミネンのたたき出す感情豊かなビートに身をゆだね、絶叫する。彼等に翻弄され続けあっという間に1時間30分が過ぎた。

とにかく今は日本に来てくれてありがとうと言いたいだけ。
長かったワールドツアー。日本が最後の国となる。ツアーのラストは故郷アイスランドで締めくくる。
本当にお疲れさまでした。
ゆっくり休んで欲しい。

Jónsi - Stars in Still Water(from Go Quiet Live DVD)


Jónsi - Around Us(from Go Live DVD)

 
今回の彼等のライブの素晴らしさは、今発売中の"GO LIVE"で少しだけ味わうことが出来る。
ぜひCD屋で手にとって欲しいものです。
GO LIVE -来日記念盤-完全生産限定盤GO LIVE -来日記念盤-完全生産限定盤
(2010/12/01)
ヨンシー

商品詳細を見る

【2010/12/05 (Sun) 03:42】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
1ヶ月を切った
楽しみで楽しみでしかたない。
あと1ヶ月で尋常じゃないほどに素晴らしい時間を過ごすことが出来るのだ♪

今Jonsiは米国。盛り上がってるなあ。
けどしんどいだろうな。なんとか良いコンディションで来日してくれることを祈っております。

この動画は10月31日。アトランタでのライブ。素晴らしすぎて泣いた。
Jónsi - Stars In Still Water (The Tabernacle, Atlanta, GA)



大阪: 2010/12/1(水)@ なんばHatch
OPEN 18:00 / START 19:00
前売りTICKET ¥7,000(税込/1F Standing・2F指定/1Drink別)
前売りTICKET発売日: 調整中
INFO: キョードーチケットセンター(06-7732-8888)

名古屋: 2010/12/2(木)@ 名古屋 CLUB DIAMOND HALL
OPEN 18:00 / START 19:00
前売りTICKET ¥7,000(税込/1F Standing・2F指定/1Drink別)
前売りTICKEは8/28(土)10:00~発売開始
INFO: SMCプラザ(052-265-2666)

東京: 2010/12/4(土)@ 新木場STUDIO COAST
OPEN 17:00 / START 18:00
前売りTICKET ¥7,000(税込/1F Standing・2F指定/1Drink別)
前売りTICKEは8/28(土)10:00~、各PGにて発売開始
チケットぴあ:0570-02-9999
ローソンチケット:0570-084-003
イープラス:eplus.jp
※0570で始まる電話番号は、一部携帯・PHS不可
 

【2010/11/05 (Fri) 21:09】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Faith Evans - Something About Faith
Faith Evansの5年ぶりの作品らしいです。最近米国のそっち方面はほとんどチェックしてないのでアレですが(苦笑)

客先からの帰路、Snoop DoggをフューチャーしたWay You MoveがInter FMで流れてるのを聴いて一発で気に入りました。
チャッキー・トンプソンも数曲プロデュースしてるみたいですよ。
Faith Evansは買収されたキャピトルを離れてインディーズとはいえ自分のレーベルからこんだけの作品を出した。米国も大手レーベルを中心に音楽業界の衰退が言われて久しいわけですが、当たり前の話ですが音楽自体は死んでないと思わされました。

なんか最近、Inter FM聴いてることが多いわあ。

Faith Evans Ft. Snoop Dogg - Way You Move
 

Faith Evans-Real Things


Something About Faith/Faith Evans

¥1,544
Amazon.co.jp
 

【2010/10/26 (Tue) 21:04】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
このolsen olsenはやばい
先のエントリで紹介したolsen olsenはsigur rósの一つの到達点のような曲だと思いますが、やはりライブでは好調不調はある。しかし、2006年Coachella Fesでの演奏はヤバい。

重要なテーマが後半に出てくるのがこの曲の特徴です。端正なテーマとJonsiによるギターノイズがもの凄いカタルシスを生むんですが、ここでの彼等の集中力が半端ではない。バンドメンバーもAmiinaもブラスセクションも一体となった素晴らしい時間だ。

動画の音ずれが残念。


 

【2010/10/24 (Sun) 10:52】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
homage or fromage?
Sigur rósのサイトで取り上げてた動画。
fromageは造語かな? オマージュなの?パクリなの?みたいな感じか。

まずはDestinoという高級中古車の輸入販売・買取業者のCM。
どう聴いてもolsen olsenです。本当にありがとうございました。


Sigur Ros - Olsen Olsen (Heima)


こっちは、ヨーロッパで手広くやってるらしいCenter Parcsという会社のCM。holiday villagesとある。休暇村?なんて思ったが、CMみたら完全にリゾート業ですね。
hoppípollaに似てはいますが上ほどではないですね。けど限りなく黒に近い感じ。


Sigur Rós - Hoppípolla (Heima)

 

【2010/10/22 (Fri) 22:39】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
some dialogs with the guitar #2 - kawol
最近、仕事部屋のCDプレーヤー代わりのibookにはこのCDが入りっぱなしになってます。

midnight flightという36分に及ぶ作品1曲が収録されたCD。

http://blog.livedoor.jp/kawl/archives/51813349.html

部屋に居ながらにして、プロペラ機に乗って世界中好きな場所を旅することが出来るのだ。
紫色の雲の上、少しずつ登る太陽を斜め左に見ながら飛行するのもよし。
黄色い砂に埋もれそうになりつつ辛うじて生きている西域の小さな街のはずれに不時着するもよし。
何も無い地平に突如として現れた賭博と犯罪の都市のギラギラとした輝きに誘惑されるもよし。

妄想力を働かさずのめりこまなければ、心地よいBGMにもなり、まったく仕事や勉強の邪魔をしないという節度をも持ち合わせている、たいへん使い勝手の良い作品でもあったりします。

ぜひ多くの人に聴いてもらいたいものです。
kawol氏のmy spaceで一部だけ試聴できる。
http://www.myspace.com/kawolofsamarkand



僕らは何も持っていない。だから何処へでもゆける。

lawol somedialogswithguitar2
 

【2010/09/27 (Mon) 21:02】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(7)
このページの先頭へ
地の鹽
汝らは地の鹽(塩)なり、鹽もし効力を失なはば、何をもてかこれに鹽すべき。
後は用なし、外にすてられて人にふまるるのみ
(マタイ伝; 5-13)

The Rolling Stones - Salt of the Earth

 

【2010/08/25 (Wed) 10:29】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
PLANS - Death Cab for Cutie
昨日は南足柄の客先での4時間ほどの作業のために、往復6時間ぐらいかかってしまった。
#企業の出張では減ったとはいえまだ良くある話でしょうが、単価を考えると零細にはこういうのは厳しい。

その車中、ほとんどの時間をDeath Cab for CutieのPLANSというアルバムを聴いてました。

PLANSは、彼等がシアトルのインディーズレーベル、バーサックからアトランティックに移籍した直後に出したメジャー1作目。
彼等は、かなりの部分で我を貫きつつも、受け入れられるところまではメジャーからの要求を受けいれて成功を手にしたと思います。
彼等の本質は「ポップ」であるため、大手との親和性もある程度よかったにせよ、実に難しい作業をやり遂げたという気がします。

PLANSという珠玉の名作は、その仕事の大きな成果だよなと思います。

その後に続く作品Narrow Stairsでもその姿勢が変わることないことを示しましたが、生み出すにはかなり苦労したように見えます。まさに狭い階段を登っていくような作業なんでしょうな。

「音楽」だけを武器にしてそれを継続していくのは大変なことですね。

Death Cab For Cutie Your Heart Is An Empty Room


Death Cab For Cutie - What Sarah Said

 
PlansPlans
(2005/09/05)
Death Cab For Cutie

商品詳細を見る



【2010/08/21 (Sat) 10:45】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。