逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
派遣業
帰宅すると大田総理の番組で派遣の話題をやっとる。
マニフェストは、「派遣社員に課税しない」みたいな荒唐無稽なものだったと思うが、要するに格差問題への問題提起なんだろうなと。マニフェストは少々ずれてた方が、TV的にはこれで良いのでしょう。

この件は、派遣会社の体質の問題、格差の問題など色々含みがあるし、派遣という業態もIT関連で特殊な技術がある人材などを扱う待遇の良い派遣業態と、数合わせの手配師の流れを汲む業態があるから十羽一からげには扱えない。

以下、一番問題になっている手配師的派遣業について考えてみる。

手配師的派遣業がここまで伸びたのは、要するに長く続いた不景気のせいである。

企業が正規雇用というリスクを極力回避する姿勢は当面変わりそうもない。
製造業の下流工程などでは、受注量の上下によって、要員の数は調整したいのは当然である。田舎では、正社員といえど日給制度で仕事が暇になると来ないでくれと言われる会社が普通にある。
なんか上記TV番組では、仮面した派遣社員さんが「『必死に働かないとクビだ。代わりはいくらでもいる。』と監督に言われた」と告白して同情を買ってたが、そんな生易しい話ではない。必死に働いていたって仕事が減れば有無を言わさずクビなんである。

堀紘一氏が、正規雇用した方が会社にとって良い、ウチでは派遣社員は使ってないという発言をしてたが、それはこの人の会社の業種がその方針で業績を出せるからに過ぎない。元々が有能な人だけが集まってる組織なんである。

しかし悲しいかな、世間には、能力格差は歴然と存在する。
全ての人が回転の速い頭脳と巧みな話術を持って生まれてるわけではない。
勿論、能力は人それぞれだが、「短期的に確実に利益を生む」ための能力が、今の多くの会社に求められているのである。「長期的に見て、もしかしたら大きな利益を生んでくれるかもしれない」的能力は敬遠される。体力が無いから。
俺の息子はアスペルガー症候群で、圧倒的な記憶力を持っている。しかし、空気を読んで、多様な局面で柔軟に対応する能力というのは残念ながら持ち合わせていない。
そういう人を受け入れてくれる奇特な会社もあるにはあるが、決して多くはない。
それが現実だ。


じゃ、手配師的派遣業が横行すること自体は仕方なしとして、何が悪いの?という話になる。
俺は、ピンハネ率なんじゃね?と思っている。

派遣会社は、企業から支払われる派遣報酬の概ね半分はピンハネしてると言われてる。
年収150万の派遣社員は、派遣先の企業からは年額300万が支払われてる計算になる。
では、直接の雇用元である派遣会社がどの程度派遣社員の面倒を見てるかと問われれば、派遣会社自体の正社員でない限り充分な社会保障もなく、ピンハネ分ほぼ丸儲けということになる。

こういう所にはまると、酷使されるだけ酷使されて、マトモなスキルも身につかずなかなか泥沼から抜け出せなくなるケースもあろう。派遣社員同志のつながりも薄いから、連帯して行動を起こすことも難しい。

派遣業には国でピンハネ率について細かく厳しく規制するか、もしくは、派遣という業種自体を、NPO、NGOが主体となってやるべきではないのかね。
派遣業で儲けちゃいかんのである。何故なら、正規雇用が進まない今となっては、「最低限の生活の保障」という憲法に関わる事態になってしまっているからである。
職安や職業訓練校といった施設も、もう一歩深みに突っ込んで派遣業をやれば良いのである。公共的な組織とNPO,NGOが中心となって運営すれば良いのである。中途半端な財団法人をやってるよりよほど世間様のお役に立てると思うがどうか。

組織の運営費だけをまなかい最低限のピンハネ率に抑えれば人材はそっちに流れる。

たちどころに手配師的派遣会社は困窮するだろうが、元々クリエイティブな要素が少ない、今後の国のために寄与するとはさほど思えない業種には、とっとと衰退していただけばよい。
スポンサーサイト

【2007/02/16 (Fri) 23:10】 日記 // TRACKBACK(16) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/870-bb191b29
管理人の承認後に表示されます
【2008/04/15】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/15】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/15】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/16】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/16】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/16】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/17】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/17】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/18】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/19】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/20】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/21】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/21】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/22】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/22】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/22】

このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。