逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
秋の空と柿
15日は、義母の納骨に大宮へ。

首都高を走ってると雨が降り始めたが、現地につくとやんでいた。ラッキー。
霊園は、ゆったりした良いところだった。天然記念物の藤の木があったりする。

穏やかな秋空の下で、つつがなく納骨は行われた。
雨雲は嘘のように消えて本当に穏やかで澄んだ空になった。故人の笑顔を思い出した。
空を見ていたら、義母は安らかに永眠されたような気がしてきた。

霊園の周囲には、昔ながらの農家の佇まいを残した家が結構残っていて、そういう家の庭には柿の木が植わっている。すこし赤く色づいた実が澄んだ空の下で輝いている。昔ながらの武蔵の国の秋の情景。

穏やかで素敵な土地で、ゆっくり休んでください。
どうか安らかに。
スポンサーサイト

【2005/10/16 (Sun) 16:19】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/8-db8eea23
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。