逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
限りなく無私に近い状態
この仕事をしてると、クライアントその他の関係でゴタゴタと揉めることも時にはある。
そんな中で必要なことは、まずこれまでの紆余曲折はいったんおいといてリセットし、無私になってクライアントのためにはどうすることが一番よいか熟考した上で行動することだろうと思ったりする。そして引くべきであれば引き、借金してでもやせ我慢すべき局面があるなあと。

人間、俗世で生きてる以上100%無私になるなんてことは出来ない。しかし、それに近い判断基準で物事を処理するべき局面があるということ。

極端な成功例で言えば、織田家の朝倉攻めの際、信長の妹婿だった浅井長政の裏切によって織田勢が京都に撤退したときに秀吉が取った有名な行動。
秀吉はしんがりを志願して金ケ崎城に残り、撤退を成功させた。
しんがりはまず助からないだろうというあの局面で、彼は織田家に対して「ここまで育てていただいた御礼」として最大限の無私の誠意を見せる。
結果、彼は生還し、織田家の中で一目置かれるようになる。才気走ったお調子者だけではない、譜代にも負けない主家への赤誠を備えた人物という評価をゲットする。
注意すべきは、秀吉という人は若い頃から決して無私無欲の人ではなかったということ。しかし、ここ一番の時は石のように無私無欲になりきり、じっと耐えることが出来たという点、見習いたいところ。

なかなか難しいんですけどね。
スポンサーサイト

【2006/10/26 (Thu) 13:43】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(10) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/771-60770a33
管理人の承認後に表示されます
【2008/04/15】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/24】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/25】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/25】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/25】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/25】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/25】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/25】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/25】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/26】

このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。