FC2ブログ
逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
久世光彦氏逝去
元TBSプロデューサー久世光彦氏が亡くなられた。
享年70歳。

この方の作品は「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」「ムー一族」といったドラマなど人並みに覚えてはいるものの、失礼を承知で書くと特別な思い入れは無い。俺が小学生から中学生ぐらいまでの頃なんだけどな。
では何故気になったのかとしばし考えた末、年齢だということに気づいた次第。
この人がTVドラマ制作の最前線で仕事をされてたのは1970年代。この人の年齢で言えば、34歳ごろから44歳ぐらいの間。要するに今の俺と同じぐらいの年ごろ。
久世氏のようなエリート&セレブと自分を比較する気は毛頭ないんだが、ひっかかったことは、
あと30年もすれば俺も死ぬ
ってことだ。
トラブル無く生きても、頑張れる期間はせいぜいあと15年ぐらいってとこかと。勿論予期せぬ病気事故は考慮してない。その間に俺には何ができるだろうか…今まで俺は何してきた?などと考えてしまうだよ。最近、有名人が死ぬたびにこういうことを考えてしまうじゃないか。
リミットは刻々と迫ってきてることを実感すると、時計の針が進むのがなおのこと速く感じたりする。

1日1日が大切だ。
スポンサーサイト

【2006/03/04 (Sat) 01:08】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/534-cfbf9837
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。