逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
顧客情報1万3千件流出 静岡の信金
http://www.asahi.com/national/update/0302/TKY200603020323.html?ref=rss

 富士宮信用金庫(静岡県富士宮市)は2日、1万3619の法人・個人の手形決済情報が、ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」を通じてインターネット上に流出したと発表した。データを無断で持ち出したシステム会社社員のパソコンが「暴露ウイルス」に感染したため。流出した情報は不正利用されていないという。
 流出したのは、03年10月時点の法人と個人の名称、口座番号、手形金額、金融機関コード、支店コードの計8万8729件。該当する手形は、すべて決済済み。流出した情報だけでは資金を不正に移すことはできないというが、手形を振り出した法人や個人の取引・信用状況の一端が知られる恐れがある。
 昨年4月に同信金が手形管理システムを更新していた際、システムの開発・保守を請け負っているNECグループの協力会社の男性社員(23)がデータをメモリーにコピーして持ち出し、ウィニーを入れてある個人パソコンに保存。そのパソコンが今年1月18日にウイルス感染し、データが流出した。2月2日にNECが流出に気付き、翌3日に同信金に通報した。男性社員は「旧システムを勉強するために持ち出した」と説明しているという。



NECグループの協力会社=旧知の会社じゃないことを祈る。
しかし、まがりなりにもSEだろ。
Winnyの使用もアレだが、「無断で顧客データを持ち出し」の部分で既に決定的。持ち帰って仕事してたのか、データを売る気だったか・・・
さらに易々とキンタマに感染するスキルの社員に大切なデータを扱わせてたことに脱力。
スポンサーサイト

【2006/03/03 (Fri) 11:33】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/533-f5b2f26c
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。