逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
米グーグルが仮想商店街――出店無料、決済機能を提供へ
いよいよきましたなー。

 【シリコンバレー=川合智之】インターネット検索最大手の米グーグルは、誰でも無料でネット店舗を構築できるサービスを本格展開する。クレジットカード決済機能を同社が提供し、利用者が物品などをサイト上で売買できるようにする。商品は同社の検索機能で探すことができ、グーグル版の仮想商店街(モール)として注目を集めそうだ。
 試験中の情報公開サービス「グーグル・ベース」に、クレジットカードで決済できる機能を追加することを同社公式ブログ(日記風の簡易ホームページ)で表明した。同社がネット上の短編動画などの販売に利用している仕組みと同様の機能を取り入れ、サイト作成者と購入者との間の課金処理を代行する。



出店費用無料ということで、決済代行部分でマージンを取る仕組み。
三木谷ガクブル か?という話もあるようだが、これまでのショッピングモールとはちょっと概念が異なる予感。おちゃのこネット+Googleエンジンみたいな感じだと思われる。商品情報を他の情報と同列に並べ、ネットショップという壁を取り払って、「検索→購入」という感覚に近づけるイメージではないか。

ロボット型検索エンジンの進化で加速したサイトの壁の希薄化。ユーザは、ネットに散在する情報を2次元的に取り扱うことが多くなってる。個々のサイトの構成といったものは意識しなくなりつつある。ブログの流行でその流れは加速した。いや、むしろその逆(この流れがあったからブログが受け入れられた)も真なり。

Googleショッピングモールに入ってからショッピングを楽しむでなしに、「検索→商品にヒット→購入」という流れ。実は、購入の段階で(運営元確認→Googleで安心)という手順が入るとはいえ、これまでのような「まずドアを開けてからネットショップの中に入って商品を見る」という意識を取り払うイメージだ。いや実は既に価格.comとかでそういった買い方自体はある程度浸透してるんだが、今回のコレはそれをさらに一歩先に進める感じ。売り手自体がハナから露店感覚で商品を陳列するイメージだ。

Googleは自前の検索エンジンと連動することで最大限利点を生かすことが出来るわけなので、他社はなかなか追従しづらいだろうな。しかし、「出店無料」という部分だけは、楽天をはじめとして他社も追従せざるを得ないことになろう。あるいは、別の方法で自分のショッピングモールの価値をあげる他ない。

懸案はフィッシング詐欺の増加かな。このあたりは、購入する側が注意するしかない。PCスキルの低い人にはちょっと馴染みにくいかもしれない。そういう人はこれまでどおり楽天とかで買うと。
あと当然価格競争が激化するので、出店側としては先々厳しくなるんだろうなあ。
スポンサーサイト

【2006/03/01 (Wed) 18:34】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/532-d8fb4408
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。