逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
風邪の愉しみ
俺は元々自堕落な人間である。子供の頃は風邪をひいて学校を休むのが愉しみであった。

なんせ、布団の中で大好きな本なり漫画なりが読み放題である。親が仕事で居なければこっそり起き出してTV見放題。
その上、冷蔵庫に買い置きしてあるジュースをガブ飲みしても弟の分のおやつまで食っても大目に見てくれる。「ああ食欲出てきたね」とか言って喜んでいただけるのである。
食い放題寝放題漫画小説読み放題、TV見放題。まさに極楽。

しかし、そんな自堕落な人間でも社会に出れば色々と縛られる。休めばその分仕事が滞る。治って出社するともう地獄なわけだが、まあそんな縛りもいったん決意して休んじゃえば、昔どおりの極楽なわけで、「さて何読もうか」と見繕うのは実に楽しい。

とにかく要するにフトンの中でダラダラと本を読むのが好きである。最近は仕事仕事で夜が短いせいで、風邪ひいてフトンに居る時間はなおのこと実に貴重な時間であった。
しかしである。最近の風邪は何故か腹に来ることが多い。
腹に来るともう読書どころではない。ひどい時は5分おきにトイレに行ってたりする。ケツ穴まわりヒリヒリである。全然読書どころではないのである。トイレを忘れるために無理矢理寝る。起きるとトイレ。食欲無いのに薬を飲むためだけに無理矢理食い物を口に詰め込む。食うとすぐに出したくなりトイレに。次に催す前にと急いで寝る。嗚呼、なんて味気ないんだ。

今回も、そんな腹直撃の風邪であった。
考えてみるとずいぶん風邪をひいてなかったなあ。次にひくのはいつのことでしょうか。。
スポンサーサイト

【2006/01/14 (Sat) 21:29】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/465-d9200da8
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。