逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ORANGE RANGEと虚無感
いやー、オレンジレンジ。長男が聴きまくっているんで耳についちゃったよ。

繰返し聴いてるうちになんか虚無感を感じてきた。
俺は、パクリ(つか拝借)云々は別に良いんだ。パクリというと口汚いが、音楽は特にPOPSは本来そういった拝借の連鎖が延々と続いてきたようなもんだと思ってるし。


ただ、俺は、彼らの作る音からはパクったその先にあるもの(夢とか目標とか希望とか絶望とかいったもんだ)が見えないんだな。ファンが怒るかもしれないが、B'zあたりにも似た感覚あるような気がする。彼らは歌も上手いし手先も器用なのに、何故か虚無感を感じた。いや、勿論凄いんですけどね。好きな人多いし。あと、彼らの音を聴いて思い出したのがアレだ。TV東京でやってた、ジャニーズのこれから売り出す若い子が、大勢で歌い踊るやつだ。イケメンの中高生男子が日頃のレッスンの成果を思う存分発揮して歌い踊る、ダンスありラップありロックありのノリノリで楽しいアレだ。
素薔薇しい。モー娘、ジャニーズ、B'zからテクノ洋楽に至るまで、音のみならず様式からネガティブな部分までも取り入れたミクスチャーではないか。

他人の作品を拝借して楽しむ。人はカラオケで楽しむ。musiQはまさにカラオケ向きだ。楽しい。ノレる。キモチイイ。がしかし、その先が虚無の世界なのだ。これまでのミュージシャンが表現し得なかった彼岸の世界だ。パクった元ネタへの感傷が見事に欠落してると受け取られても仕方ないようなこの虚無感は何だ?ズンドコ節もOKなんだが、見事にスンドコ節でないんんだ。そうだ。分かった。パクリパクリといわれているが、全然パクってないんだよ。そこにズンドコ節のメロディとリズムはあるんだが、ズンドコ節でもなんでも無いんだ。
こんな凄いことはない。見えているのに、音も聞こえるのに、繋がってない。今の時代にまさにベストマッチ!!
その虚無感に襲われた人が、アンチに走っているのかもしれん。
けどさ。今が楽しけりゃいいの~。つか今楽しくなきゃ嫌なの~つった感じで楽しんだ者勝ちという時代ではあるからな。

彼らは体ごと「おまいら、音楽に何期待してんの?バカじゃねーの?」と表現してるとしたら、まさに、既存のミュージシャンの価値観のナナメ上を行く連中だ。
多くのミュージシャンが「イマドキ」の閉塞感を必死に詞にしてるワケだが、彼らは体を張って享楽的な音を垂れ流し、その裏返しの閉塞感、絶望感もまた体現してるとしたらどうよ。確信犯だったら相当なもんだぞ。
TVで歌い踊ってる若いジャニーズの子供たちの目からは、アイドルとして売れたいという明確な野心が垣間見えた。
オレンジレンジのみなさんの目線の先には、一体何が映っているんだろうな?

スポンサーサイト
【2005/01/12 (Wed) 23:06】 音楽 // TRACKBACK(2) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
やっぱり、B'zで変わった気がするんです。初めてB'zの「バッドコミュニケーション」を聴いた時の嫌な感じをこのエントリ読んで思い出しました。盆踊りを踊れそうなグルーブのギターに、スティーブンタイラー風の演歌ボーカルが、吐き気するほど気持ち悪くて目が回った記憶があります。
いつの間にやら、所謂「日本語のロック」の「先祖帰り」が起きてる気がしてならない。でもそれが売れている。それが気持ち悪いんです。B'z、ここまで演歌チックな西欧風POPSをやらなくてもいいだろうって。
おれとたなbさんは多分同世代だし楽器もやってた訳なので、POPSを意識し始めたのは洋楽かあるいはそれに触発された日本のロックだったと思うんです。なので耳はそういうものを志向するし求めてる。その耳で聞くと、オレンジレンジってやっぱり気持ち悪いですよ、訳分かんなくて。しょぼすぎるというか。おれ、正直見下してますもん。オレンジレンジ。
キャロル時代の矢沢が巻き舌で歌ったのは明白にビートルズへのリスペクトで、サザン初期の桑田が作った音楽は、それまでの「演歌風グループサウンズ」への否定とその当時の洋楽というかロックを日本語でどうにか体現する為の手法だったと思えるんです。だから、凄く苦労してる作ってると思う。でもオレンジレンジって安易でしょう。先のエントリのリンク見て「やっぱりこういう奴らか」って確信した次第です。
>閉塞感、絶望感
それすら考えてない気がします。はっきり言って、そんな力もないというか。単に何も考えてないだけのような気がする。そういうものを上手に売るシステムがいつの間にか確立してしまったことが、とても悲しいです。というか、なんか危険な気がしますね。歌詞とかはそうでもないんですが「お前ら、とにかく何も考えなくていいんだ、今ちょっとだけ楽しければそれでいいんだよ」と触れ回ってる気がする次第です。長文失敬しました。
【2005/01/13 ()】 URL // dbw #79D/WHSg [ 編集 ]

dbwさん、どもです。
確かにB'zを連想してしまうバンドですね。曲云々でなく、虚無感という点で。
B'zファンはオレンジさんとの相性も良さそうな気がするんだがなあ。
色んな意味、象徴的なバンドであることは確かだなあと思います。何だかんだ言って去年凄く売れたワケだし。韓流のような強引なキャンペーンだけじゃ、あそこまでセールス伸びないだろうしなあと。
ブレーンが誰なのか知りたいところです。プロデュースしてるシライシ紗トリという人も今ひとつ影が薄いしなあ。
【2005/01/13 ()】 URL // たなb #79D/WHSg [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/368-b5116ace
オレンジレンジの最新情報をお伝えするために有料サーバを契約しました。オレンジレンジ徹底応援ファンサイト!
アスタリスク 【2005/02/04】

この問題に対してネット上で発言している人たちの発言パターン 1.主観的感想  ex. 「歌詞がしょぼい」「歌が下手」「演奏が下手」「なんとまあ、自分達の才能の無...
新ドギュン(仮) 【2005/02/07】

このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。