逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
インターネットは「完全に終わっている」
プリンスはん、流石ですw
http://www.vibe-net.com/news/?news=2003621

ポイントは「前金も払わないくせに、(音源が)手に入らないとなると怒りだす始末だ」かなと思います。
ネットでの商売というのはリスクを負う代わりにマージンを得る中間業者を廃することでコストパフォーマンスを上げるわけですが、自分でリスクを負うのが嫌だ(契約金よこせやボケ)というプリンスのような情報発信者もいると。
その辺のリスクを抱え込む力があり、流通ルートを持っている組織ってことになると、大手レコード会社以外では、大手スーパーや、さらにはいまや絶滅危惧種とさえ言われる新聞社があったと。
絶滅危惧種とて巨大組織ならば皮下脂肪がまだあるでしょうから、でかいリスクを負えるという点でまだ有利な点があるよねという話でありました。

あ、タイトルは釣りですね。すいません。

ニュー・アルバムをまたもや新聞の“おまけ”として配布すると発表し、世間を騒然とさせているプリンスが、その計画の意図を語った。

'07年にアルバム『Planet Earth』を英『メール・オン・サンデー』紙の付録として配布し、大反響を呼んだプリンス。続いて今回、新作『20Ten』を英『デイリー・ミラー』の7/10(土)版の付録として、無料配布することを宣言。

現在主流となっている、音楽配信サイト経由でのダウンロード配信とは真逆を行くアナログなリリース法を今回も選択したことについて、プリンスは同紙のインタビューで、「インターネットは完全に終わっている。なぜ俺の新しい音楽をiTunesやほかの配信サイトに提供しなくてはならないのか、理解ができない。前金も払わないくせに、(音源が)手に入らないとなると怒りだす始末だ」と配信サイトの体制を批判。さらに「インターネットはMTVと同じさ。MTVも、かつてはイケてる時代もあったが、あっという間に時代遅れになった。ともかく、コンピューターとかデジタルとか、そういうのはどれも役立たずさ。ヤツらの頭にあるのは数字だけ。こっちには何のメリットもない」と斬り捨てた。


 
スポンサーサイト

【2010/07/09 (Fri) 01:11】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1809-7d3d3760
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。