逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
官僚は敵という文脈
民主党は、官僚を「敵」とすることで、先の選挙で多数の国民の支持を得ました。

日本では不景気が長引いて国民の多くが様々な形のルサンチマンを抱えているため、「敵」を明確に設定し、その「敵」を悪役に仕立てることで、一定数の国民から支持を得ることが出来るようです。
わかりやすい「敵」を作ると、メディアもよろこんで乗っかってくれることも大きいですね。

ルサンチマンのはけ口の対象は大雑把にみて、自分を基準にしたときに、自分より楽して能力以上の収入を得、安定した暮らしをしているように見える人たちに向けらる傾向があり、結果的に「地方公務員」や「国家公務員」あるいは公務員に準じた職業の人たちが対象となる場合が多いみたいですね。

かつて、小泉元総理は持論であった郵政民営化をぶち上げ反対する勢力を「敵」とし国民の支持を集め、成功しました。あの時の熱気も、結局のところ上記のルサンチマンが根底にあったと考えてます。

問題の多い地方公務員の組合である自治労を支持母体としながらも、そこんとこをマスキングした上で、小泉元総理と同じ方法論を用いて国民の敵意を官僚に向けることに成功し自民党を破った民主党は、この「官僚は敵」という文脈で対処する方法論がよほど気に入ったのでしょう。
同じ文脈の(たとえ中身が茶番だったとしても)事業仕分けなどで国民の半数以上の支持を集めました。

そして今回の小沢氏の献金問題でも、この文脈を使って、検察を国民の「敵」である「官僚」としての攻撃しています。

けどなあ。
これは勝手が違うと思いますぜ。
これまでの民主党の成功例と異なる点は、当の小沢氏のイメージが完全に真っ黒であるということ。それから、こと本件についてはメディアの盲目的な支持が期待できないという点です。

さすがに旧経世会以降の、この人の所業の蓄積は、さほど政治ニュースを気にしない人の中にでさえ「小沢=黒」または「小沢=限りなく黒に近いグレー」というイメージで定着させちゃってるんですよ。客先やご近所での世話話に政治ネタがあがれば十中八九小沢さんは黒かグレーって答えが返ってきますよ。
岩手県でどうなのかは知りませんけどね。
『官僚である検察が権力を行使する悪者で、小沢氏がその犠牲者』とするには、あまりに小沢氏が黒すぎる。

このまま進んだ場合、民主党が頼りにしている支持率の行方もわかりません。執行部はびくびくもんでしょう。
びくびくしながらも選択肢は小沢擁護しかなかった。仕方ないですよね。小沢氏が実質的な民主党の最高権力者なんすから。それが民主党の現状なのかなと。
本来、小沢氏を諌めるべき総理もあの体たらくですからね。
#鳩山総理はやはり自分が今国家のトップにいるという自覚が無いようです。

今後の民主党の趨勢は、検察と小沢氏次第ということになります。

【小沢氏進退】首相、続投を容認「闘ってください」

 首相は同日午前、首相公邸で小沢氏と約20分間、会談。この際、小沢氏から「自分は法に違反していることはない。捜査に協力している。幹事長を辞めるつもりはない」と伝えられ、首相は「幹事長を信じています。どうぞ闘ってください」と答えたという。



◆【小沢幹事長ぶら下がり詳報】「こういう権力行使は納得できない」

いわゆる私どもの事務所での収支報告の計算間違いやら記載の間違いやら、あったとは思います。しかし、それは正に形式的なことであって、旧来ほとんどの例では訂正報告、修正報告でもって許されてきたことであります。ところが、私の団体の問題については、昨年の大久保の逮捕、突然呼び出され、突然逮捕されたという経過をたどって今日まできておりますので、私としては、こういう権力の行使のあり方は納得できない。非常に問題であると。国民みなさんにおわび申し上げると同時に、民主主義国家としてこういうやり方がまかり通るべきではない、とそう思っております」



民主県連、擁護論が大勢/小沢氏問題

 今年夏に改選期を迎える参院議員で、弁護士資格のある簗瀬進氏は「党大会の前日に(石川知裕衆院議員らを)逮捕したことに政治的意図を感じるし、刑事訴訟法の観点からみても、この逮捕は疑問視している」と検察を批判。「今の民主党の中で日本を改革するためには、鳩山首相、小沢幹事長は最高の組み合わせ」と、幹事長続投などの判断を支持した。
 こうした受け止め方がほとんどで、小沢氏の説明責任に関して県連代表の谷博之参院議員は「小沢幹事長から、検察へ預金口座(の資料)まで提出しているという説明があった。我々は信じる」と語った。
 昨夏の総選挙で初当選した石森久嗣氏(栃木1区)は「検察のやり方は横暴だ。官僚組織との『最後の聖戦』という印象だ」。福田昭夫氏(栃木2区)は「小沢氏のリーダーシップは必要だ」などと話した。


 
スポンサーサイト

【2010/01/17 (Sun) 01:33】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1712-e3a0f2c6
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。