逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
開業医の免税「認めぬ」 50年来の優遇、税調見直し
クライアントに開業医もいるということで気になる1件。
http://www.asahi.com/politics/update/1120/TKY200911200416.html

 政府税制調査会は、10年度税制改正要望の地方税分の「査定結果」を各省に通知した。50年以上続く開業医の非課税措置をはじめ31項目(重複を含む)を「抜本的に見直さないと認めない」と判断。「認めない」は91項目で、判断対象の176項目のうち7割に否定的な態度を示した。



しかし、こんな話もある。
「医院経営にめざめるまで」(中之島のBOW)より抜粋
http://www.asahi-net.or.jp/~mf4n-nmr/calc.html

私どものような開業医は医療サービスを業とする零細企業である。
企業であるからには経理・経営を無視することはできない。
しかし、私ども医師のだれもが、大学時代はもちろんのこと、勤務医時代にも、
経理・経営に関するトレーニングを受けたことは皆目なかった。
医師は医学のこと、医療のことを考えておれば良いとされ、
世間も暗黙のうちにそれを了解していたようだった。 

73年に開業をしたが、診療の必要経費を72%と計算しても良い
という特別措置法が存在していて、記帳をしなくても税金の計算を簡単に
行うことができるので、経理や経営について勉強することもなかった。  

しかし、この特別措置法は「医師優遇税制」だとする世間の非難の
ボルテージが高くなるにつれ、本当にこの措置法で医師は優遇されているのか
について疑問が生じて来た。  

そこで、開業10年目の83年に、1年間の薬問屋の支払いなどの経費を
計算してみた。その結果は、予想通り70%近い費用となった。
そこで、大阪府医師会に関与している会計事務所に、
これを見てもらったところ、抜けている費用がもっとあると指摘され、
即座に青色申告を勧められた。その指摘を取り入れ、翌84年から、
世間で非難される「医師優遇税制」と決別し、青色申告を採用したが、
その結果は1年後に大幅な節税になって戻ってきた。
白色から青色に変更して正解だったのである。
悪名高い特別措置法が「医師優遇税制」では決してないことを、
その時にはっきり知った。大部分の医師たちは、記帳と計算に慣れていないので、
その手間の要らないこの措置法を使って丼勘定をしてきたというのが真相であろう。



与党は、当然税収を上げるために医療優遇を見直そうとしてるわけです。
#それだけでなしに、開業医が減って勤務医が増えることで大病院の医師不足を解消したいという長期的な展望もあるのか?

しかし、開業医には2種類あると。
実際に優遇措置に頼ってる開業医と、優遇措置を廃止されてもキチンと税計算したら逆に節税になる開業医。
前者の中には、本当に優遇されないとつぶれちゃう人口が少ない地方の診療所が多く入ってる可能性があります。あと人口が多い地域の評判が悪くて患者数が少ないギリギリ経営の医院も前者に入りますか。
後者には、人口が多い地域でそこそこ経営が回ってる医院が入ることになります。税制優遇措置を使わず青色申告をしたほうが節税になる可能性があると。

この一例だけで断定はできませんが、

「抜本的見直し」を求めた開業医の診療報酬に対する事業税の非課税措置の減収額は約960億円。

の減収額の元まで調べないと、既に散々な状態の地方医療にさらなる打撃を与えた上に税収が減る可能性もあるよなと思ったりします。

正直、こんなとこより、もっと明確なターゲットがあるのにねと思います。
パチンコとか宗教法人とか。
まあ、無理だろうけど。
 
スポンサーサイト

【2009/11/21 (Sat) 10:06】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
この辺りの本を読むと 行政と JA農協と 兼業農家の問題も 大きいですね。
「農協の大罪」 「農業が日本を救う」
【2009/11/21 ()】 URL // kaji-G #- [ 編集 ]

>kaji-Gさん
コメントありがとうございます。
あと書籍の紹介ありがとうございます。

兼業農家にも様々な状況があり、ひとくくりに出来ない点が厳しいところかなと思います。
しかし、ばっさりやるしか無いでしょうね。
自立した専業農家が増えないことにはどうにもならないと思います。
しかし、ビジネスとして成立させるためには、作業効率の悪い山あいなどの農地は結局のところ切捨てざるをえないかもしれんと。
そういった農地が多い日本で農業が自立できる道筋をキチンと立てていくには、多量の血を流さないといけんかもしれません。
【2009/11/22 ()】 URL // たなb #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1655-36245316
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。