逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
藤井大臣はホントに大丈夫なんだろうか
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1006&f=business_1006_150.shtml

内需拡大をばら撒きだという人がいますが、あれは実に経済政策をわかってない人です。内需というものを中心にして、経済を運営していくということは、これはマクロ経済そのものです。子ども手当てはばら撒きだと一部に言う人がいますが、そういう人こそマクロ経済の意味をわかっていないのではないかと私は思います。それから特に子ども手当てというのは、次の世代の少子高齢化対策の非常に大きな柱になると思うのです。そういう意味で、私は内需中心の経済運営という我々の考えについて外国もなんら批判的な意見は出ないし、むしろ積極的に評価していたと認識をいたしております


いやいやいやいや・・・
「内需拡大をばら撒きだ」なんて誰が言ってるんすか?ww
短期的な対策としてバラマキはアリってことは国民はそこそこ納得してますって。
問題は、「内需拡大という夢を語るだけならまだしも、円高に言及して市場を混乱させてる」という点なんですが。
ていいますか、まさか藤井大臣。「子供手当てが長期的な内需拡大のための方策」と本気で思ってると?内需拡大って外需に影響されやすい経済構造を変えるという、まさにおっしゃるとおりマクロな話ですよね?

なんか、ホントに心配になってきました。老化がシャレになってなかったら嫌ですね。
 

 
スポンサーサイト

【2009/10/07 (Wed) 07:50】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1625-9b1eacf4
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。