逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
TVメディアの必死な感じと政治家をフォローするシステム
選挙が終わり、TVメディアは政権を取った民主党叩きモードにシフトしつつあるように見えます。
確かに、選挙後の鳩山氏をはじめとした民主党の動きは不安を誘うに十分なものが多い。大丈夫なのか?と。
けどさ。俺は民主党には期待はしてないが、もう少し長い目で見てもいいだろと思うんだけどね(笑)

今回の民主党の大勝へのメディアの貢献は認めざるを得ません。
なんだかんだ言ってもザックリ言っちゃえば、メディアによる麻生氏への執拗な攻撃が実を結んだ形だと考えてよいのではないかと。
特にTV。
広告収入が激減しているメディアは、その影響力のアピールに必死という感があります。
あるいは、視聴率を取りにくい報道番組では「敵」「叩かれ役」を作って必要以上に叩きいじることで、視聴率を稼ごうとしてたよね、明らかに。視聴者の「怒り」を煽るという手法は結構有効だからね。

俺は普段、ニュースはネットから情報を得ます。勿論たまにTVも見るが話半分で聞く癖がついてます。
だもんで、報道番組やワイドショーなどをチェックしてるような人が口にする麻生氏を頂く自民党への嫌悪感の激しさにびっくりした覚えがあります。
確かに麻生氏は色々とアレではあったが、そこまでか~?と思ってしまうほどに嫌悪を露にしている人がいました。別にリベラルってわけでない人がですよ。

相変わらずTVメディアの影響力は認めざるを得ないです。
ただし、それはネガティブな影響力だけど。(笑)

かんべえ氏が、9月1日の日記で、
>実はリーダーシップよりも、フォロワーシップの問題が大きいのではないだろうか。
と語っておられるが、そもそも、リーダーを中心としたコミュニティが細分化されすぎてて、メディアをはじめとした他からの攻撃に弱いというのが実体のような気もします。
そもそもメディアがフォロワーになり総理を立てるということは、まずあり得ない。攻撃してナンボなんすから。

党自体も、自民党、民主党という括りの中に、リベラル保守の括りだけでなく、もっと小さなコミュニティが散在してる感じ。そしてその結合もかなり疎である。たとえ首相であっても、その首相を担ぐコミュニティは小さかったりする。
かつては、政治資金という大きな接着剤をベースとした派閥があったが、それが無い今、こういう状態も仕方ないような気もします。
派閥が無い以上、自前でブレーンスタッフを大勢雇ってきっちりメディア対策をしたいところでしょうが、それもできない。

まあ、民主党では小沢氏が辛うじて豊富な資金力(資産ではない)を背景に鉄壁のコミュニティを持っておられるように見えますが、献金問題への捜査は継続してますんで、維持は大変になるでしょう。
要はカネってことです。

こう考えていくと、日本の政治というのは、かつての派閥政治に比べると政党は透明度は増したし、金の流れも規制されたが、派閥に代わって政治家を守りフォローするシステムが無いゆえに、メディアに叩かれて簡単に崩壊してしまう脆弱な体質になってしまった感があります。
 
現状のまま、2大政党というのは、無理があるよなどう考えてもという感じです。
今の民主党が壊れたときに、どう再編されるかってことに興味がありますね。
 
スポンサーサイト

【2009/09/02 (Wed) 09:00】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1584-65d744d7
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。