逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
最近楽天の必死さが痛々しい
楽天がパソコンから検索履歴を収集 個人情報を無断利用?

楽天ad4Uの件です。

高木浩光氏が詳しく解説されてます。

昨年本件が出たときの記事はこちら。わかりやすいです。
http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITbe000015102008

要するに、ページ内のバナーにあらかじめ大量の隠しリンクを仕込んでおいて、訪問者の履歴をゲットするという力技のシステムです。高木氏の上記エントリの画像を見ればわかりますが自社サイト外へのリンクもある点が画期的(笑)です。これまで各社は自社サイトや提携サイト内だけのアクセス情報を収集してたわけですが、そこからなし崩し的に広げちゃったってあたりが、楽天内部の必死感をかもし出してくれてます。

最近、お客さんの店にも楽天さんから出店のお誘いがしつこく来てるんですが、こういう必死な感じを見るにつけ、余計にうざったい気分になってしまうのです。お客さんのとこは元々加盟する気はないんですけどね。元々加盟店からの評判はよろしくないものも多々あるわけですが、改めて係わり合いになりたくない気分が出てしまうわけです。

いや、必死なのを否定するわけではないんです。ただ、必死感がお客さんに伝わっちゃうと逆にお客さんが離れてしまう業種もあるんですということです。

ちなみにこの仕組みを開発したのはドリコムさんです。

ドリコムさんは、具体的な訪問サイト情報をサーバに送信してるわけではなく、ブラウザ上で分析した嗜好情報だけをサーバに送信してるので「プライバシー保護にも優れています」と言ってますが、詭弁ですね。インフォシークや楽天会員になってログインした状態でサイトを閲覧すれば、会員の個人情報とその会員の具体的な嗜好情報をリンクすることができます。よくアンケートで嗜好を答える欄がありますが、そんなのは曖昧な情報なわけです。しかし、この仕組みなら特定の個人のリアルな嗜好情報が蓄積されますので、よりリアルな個人情報として付加価値が高くなります。まさにプライバシーを覗き見されてる感覚です。
 
以下、http://it.nikkei.co.jp/internet/news/index.aspx?n=MMITbe000015102008からの抜粋です。

 このad4Uやぴたっとアドの投入で広告商品を強化したが、さらには約4000万人いる楽天会員の購買履歴などユーザーの情報をマーケティングデータとして活用するための「スーパーDB」の構築を進めている。「ad4Uやぴたっとアドはこれから投入していく広告商品の一部分にすぎない。プライバシーには配慮していくが、楽天会員情報は強力なマーケティングデータであり活用していく」(浅見氏)という。



とりあえず、楽天を良く使われる方で嗜好情報を抜かれたくない人は、ターゲティング広告を無効化しときましょう。
http://grp01.ias.rakuten.co.jp/optout/index.html
 
スポンサーサイト

【2009/08/22 (Sat) 08:52】 おもしろニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1578-4e22edc0
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。