逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Perfumeのアルバム⊿の中の曲、Zero Gravityのコードをとってみた
お気に入りのZero Gravityのコードを取ってみた。
この曲の音をとりたくて、ン年ぶりにギターを出しました(笑)
何を思ったのかミディアムゲージ買ってしまい、ギターに張って弾いたら指が痛いです。久々に出したギターは状態が悲惨で泣きそうになりました・・・

コードの表記は一部我流です。わかりにくいところは申し訳です。あと、"♭"という文字の代わりに"B"の小文字"b"を使ってます。俺は音楽的にはアカデミックな教育を一切受けてない上に、数年、完全に音楽からは離れてたんでツッコミどころがあればメール等で教えていただくと嬉しいです。

以前から感じてたんですが、中田ヤスタカという人は、調性の束縛から自由であろうと心がけてるように見えます。勿論、調性をはっきり打ち出す場合もありますが、そうでない曲が結構あるよねと。
しかも、凡庸な人が作る場合、自由にコードを展開して調性を曖昧にすると楽曲そのもののメロディが弱くなってしまう場合がほとんどなんですが、この人の曲はきっちり覚えやすいメロディになってるんですな。
あと調性の束縛から自由になる手段として、マニア向けの楽曲を作る方向に逃げる手もあるんですが、ポップスのフィールドで果敢にチャレンジしてる中田氏はなんだかんだ言ってすげえです。インタビューでPOPSのフィールドでチャレンジしていきたいみたいなことを語ってた記憶がありますんで、有言実行ってことか。

さて、Zero Gravityです。
楽曲全体としては、良く使われる(なんという名称か忘れましたが)6度目の音を半音さげるスケールを混ぜ込んで調性を曖昧な感じに仕上げて浮遊感を出してます。
このスケールをわかりやすく使ってる曲で今ぱっと思い出すのは、森進一の「冬のリヴィエラ」という曲です。これのBメロがわかりやすい。「泣いたら~窓辺の~」の部分です。
http://www.youtube.com/watch?v=kge0imwRY0o
(追記:もっといいサンプルがあった。ユニコーンのすばらしい日々です。)

トニックに対して、サブドミナントのマイナーコードを使って、メロディを展開する方法です。
このスケール自体は本当に良く使われるんですが、中田氏はわかりやすい使い方をしてくれません。

Zero Gravityの楽曲はこちら。消えてるかもしれませんが申し訳。
http://www.youtube.com/watch?v=tiStYo41Eso

まずAメロ。
----------------------------------------
FM7 Gm7 DbM7add9 C7sus4
ゼロ グラビティ 解き
FM7 Gm7 DbM7add9 C7sus4
放て キミの ココロは
Bbm7 Cm7 Eb7sus4 Fm7add9
そう フリーダム ハイ&
Bbm7 Cm7 DbM7add9 C7add9
ロー ほら とらわれない

FM7 Gm7 DbM7add9 C7sus4
でー See The New world きっと
FM7 Gm7add13 DbM7add9 C7sus4
見渡す限りの ひかり
Bbm7 Cm7 DbM7add9 Fm7add9
Zeo Gravity Gravity
Bbm7 Cm7 DbM7add9
鍵は キミの 中に あるよ
----------------------------------------

しょっぱなから、2種類の調性を混ぜ込んでます。
最初の1小節目はFメジャーのスケールで、F→Gm7と進むんですが、
次の2小節目でDbM7add9をぶち込んでから、ドミナントのC7に行きます。
このDbM7add9は、Fマイナースケールにハマるコードなんですが、ここにぶち込むことで、調性の感覚を麻痺させて浮遊感を生んでるんです。
しかし、フワフワしたまま終わらせず、「そう Freedom」のところから、
Bbm7→Cm7→Eb7sus4→Fm7add9
と進んで、Fマイナー感が強めなメロディを使って完全には浮わつかせないようにしてるんですね。
で、「ほら とらわれないで」のところで、普通のドミナント7thを使って、Fメジャーに戻して次に進みます。
次の「See The New World」以降は上とコード進行はほど同じなんですが、メロディを微妙に変えてジャージーなメロディも少しずつ入れていきアップテンポのBメロへの期待感を高ぶらせてくれてます。

コードが微妙に同じと書きましたが、実は、凄く違うように見えるポイントがひとつあります。
「見渡すぅ~」の「すぅ」のところ。
ジャージーな雰囲気を少し混ざってきてるところなんで、普通ならFの音を使うだろうとおもいきや、Eの音を使ってます。つまりFM7のコードだとトニックの半音下のメジャー7thの音です。聴くほうは「お?」となるんですね。
よって、通常の流れだとGm7になるんですが、それに13thを足してGm7add13としてます。

で、いよいよBメロ。
そうそう。Bメロに入る前に8小節ほどイントロ部分があります。
----------------------------------------
Eb/F Bb/G
Eb/F Bb/G DbM7add9
Eb/F Bb/G
Eb/F Bb/G DbM7add9
----------------------------------------
ボサとかサンバとかが源流だと思いますが、フュージョンと呼ばれる音楽でも多用してるコード進行です。
分数コードとして解釈したほうが早いと思い、分数コードで表記しました。
ベースはF→Gの繰り返しで、4小節目ごとにDbの音を入れて、Aメロと同じ雰囲気をも残しつつ、ジャージーに仕上げてます。

で、「あほらそっか」のBメロ。
以下の進行を2回繰り返しです。
----------------------------------------
FM7 Bbm7 Eb7add9
FM7 Bbm7 Eb7add9
Ab7add13 DbM7
Cm7 C7b9 FM7
----------------------------------------
ここでは、ややわかりやすい形でトニック→サブドミナントマイナー(FM7→Bbm7)となってますが、Bbm7→Eb7add9→Ab7add13の流れで微妙に転調感を漂わせつつ、「山ほどあるから」で見事にFM7に戻って解決してます。
ここは、ノリが大事なところなんで、コード遊びは控えめです。

でサビ。
「ゆっくりとジャンプするのに必要なのは・・・」のところをサビとします。
----------------------------------------
Bbm7 Bbm7
Eb7add9 Fm7add9 Eb7add9
DbM7 Bbm7
BM7/Gb G7sus4 C7b9
----------------------------------------
Abキーに転調してると見てよいでしょう。ですがAbのコードは使ってません。転調感をモロだしするのは無粋と思ってるのかもしれません。この辺、小室氏と大きく異なるところです。
Bbm7から始まりますが、メロディに明るさと強さがありますね。歌詞と同期して盛り上がります。ここには流石にポップなメロディを持ってきてます。中田氏的にここを強調したいんではないでしょうか。この詞はキモですよ。
「ゆっくりとジャンプするのに必要なのはエネルギー?さあ飛ぼう」
「空へとジャンプするのに邪魔なのはホントに重力?さあ飛ぼう」
なんという童貞力!!もうあ~ちゃんと結婚しちゃえばいいよ。

そして、「心はいつだって自由さ」の「心は」で盛り上がりは最高潮となり、そこから「いつだって自由さ」でFメジャーキーに戻します。

以降、繰り返しとなります。

さて、こうしてコードを見ていくと、この曲についてはメロディとコード進行が同時進行で作られてるように聞こえます。メロディ先行でもコード先行でもこの感じは出せないような気がする。
ブラジル音楽とかフュージョンのフレーズを引き出しから引っ張ってきて料理した感があります。
さらに言えば、歌詞が先なんじゃないかという気がします。メロディ、編曲の起伏が歌詞に合っているので。

にしても、このメロディは浮かばんわ。断片は出てもこういうつなぎ方はまず出来ない。
音をとってると敗北感に打ちひしがれます。自由ですなあ。
ミュージシャンって偏りがあって、多くのコードの引き出しを持ってても良いメロディが出ない人、良いメロディが出てもコードに制限がある人、どっちかに寄り勝ちだと思うんですよ。
しかし、中田ヤスタカという人は、どうやら両方持ってるよねと。

この楽曲からは浮遊感を感じる人が多いと思いますが、何気にしっかりしたメロディも入ってて人の記憶に残る楽曲になってると思います。詞もいいしね。
 
スポンサーサイト

【2009/07/19 (Sun) 11:51】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(7)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
なるほど。
と言っても僕はあまり専門的なことはわかりませんが(笑)
そのうちアルバム全体のレビューも書いてほしいです。
I still love youやThe best thingも賛否両論なんで。
【2009/07/19 ()】 URL // くま #uaIRrcRw [ 編集 ]

>くま様
コメントありがとうございます。
アルバムもお気に入りです。ひとつだけ贅沢を言えば、オリジナル曲があと3曲ぐらい欲しかった(笑)
賛否あることは良いことでしょうね。どの道賛否は出るんです。同じ路線を踏襲すれば守りに入ったといわれ、冒険すればこれまでの方が良いといわれる。
実に健全な状態といえると思います。
【2009/07/20 ()】 URL // たなb #- [ 編集 ]

いきなりZero Gravityですか(^^)
この曲についてよく”浮遊感”って書く人がいますけど,多分コードの
動きによる完結感のなさからくるのかなと思います。それを誰も書かないんで。
これでわかりました。といっても知識不足で理解は半分くらいです(^^;
>Bメロに入る前に8小節ほどイントロ部分があります。
⊿アルバムを聴いてから,ずっと80年FUSION系ばかり聞き直している
のですが,多分あの中に混じっているFUSIONコードが僕の記憶を呼ぶのでしょう。
>歌詞が先なんじゃないかという気がします
僕もそう思います。中田さんは主旋律をよく変えてきますよね。
歌詞→音→コードという感じで,コード進行はどうでもよい?みたいな。
また,他の曲も書いてください
【2009/07/20 ()】 URL // elf51 #- [ 編集 ]

elf51様
コメントありがとうございます。
>コード進行はどうでもよい
そうかもしれません。鍵盤で作る人ですから、そのときの響きを大事にして、定型的なコードで組み立てる意識は低いと思います。
>他の曲も書いてください
はい。極力時間作ってやりたいですね。てゆーか、Zeo Gravityあたりはギターベースで録音したいくらいなんですが、一度無くなった機材とか改めて揃えるのってたいへんですね。
【2009/07/20 ()】 URL // たなb #- [ 編集 ]

たなb様
Zeo Gravityは
今回のアルバムでもっとも印象的な曲です。

ここまで論理的には理解していません。

12月にセッションで演奏予定で、
ベースのルートを取って、
ギターと、キーボードで、練習中です。

◆ギター
http://www.youtube.com/watch?v=0SfGGRcnkuE

◆キーボード
http://www.youtube.com/watch?v=T5eXsGia_T4

コードもですが、主旋律すごいですね。
なかなか覚えられません。

【2009/10/26 ()】 URL // TAKUYA@mixi #KIYZK5iA [ 編集 ]

 ありがとうございます。zero gravity が好きで好きで、ギターで弾いてみたいと思っても、とてもこのテンション系コードをコピる自信がなくていたら、まーほんとにありがたい!

 いやー、でもムズイ。ボサノバギターを練習し始めているので、全く手が出ないわけでもないのですが・・・どのポジショニングでどう弾いたらそれらしくなるのか暗中模索です。でも楽しいです。しかし実際弾いてみて、生意気ながらお説に全く同感です。実に自由で強いメロディー。

 そしてこれって「中田ヤスタカ」から「あーちゃん」への「ラブレター?」って思えてきてしまうのですが・・・もうかなり本気の。そのへんがエネルギーになって作られてるのかな。なんにせよプロの仕事だなー、スゴイなー、と思いました。
 改めてありがとうございました。
【2010/05/01 ()】 URL // una #- [ 編集 ]

このコメントは管理者の承認待ちです
【2017/01/06 ()】 // # [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1550-387dcace
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。