逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
some dialogs with the guitar #1 - kawol -
kawol氏から新しいアルバムが届いた。

前作は、ノスタルジックな妄想を喚起する作品でした。
http://tanab.blog37.fc2.com/blog-entry-1080.html
今回はおそらく意図的でしょうが、ノスタルジックなイメージは完全に排除されていました。

過去ではなく、目の前に繰り広げられる風景や質感をイメージして表現することに神経を注いだ感があります。
彼の最近の作品に言えることですが、ますます映像的になっていってるなと。俺は想像力が豊かではないので、そういう人向けに、出来れば映像とセットでリリースして欲しい気がしました。そうするともっと売れると思う。コストかかって厳しいでしょうが(笑)

お気に入りは、06と09。06は割りと誰でも聴きやすいしイメージしやすいと思う。09は圧巻の一言。
ただしライブでやると顰蹙を買うかもしれません(笑)

淡々と描写を続ける先に何があるのか。
POPSは聴く人を楽しませることに徹して創作される。では、こういう作品は?
とエンタテインメントに慣れてしまうと思ってしまう。
だけど。表現しないと生きていられない人もいるんですよ。芸術なんてお高くとまる気など毛頭無い。芸術以前の話です。ひたすら表現欲求に駆られて突き進んでしまう人間がいる。今、そういう人たちはクラシックを除くと、テクノとかアンビエント方面に行くことが多いのではと思います。評価してもらいやすいしね。

彼は嫌がるだろうが、俺はあえて言うと、これは良質なアンビエント作品だと思います。
こう言ってのけることでリスナーが増えるんなら俺は言っても良いと思うんですが、どうよ。
彼が同じ表現を電子機器を使ってやれば、格段にファンは広がるでしょう。彼も電子機器を扱いますが、今はギターでの表現に入れ込んでいる。それだけのことです。

今、やりたいことを、少しずつでも出来る彼は表現者として幸せ者だよなと思います。

kawol2.jpg
 
スポンサーサイト

【2009/07/14 (Tue) 10:12】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1547-304382ef
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。