逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Joe Zawinulと中田ヤスタカ
Perfumeの⊿(トライアングル)聴きました。
レビューもそのうち書きたいんですが、とりあえず思いついたことだけメモ的に残したくてエントリを起こしました。
全く考えはまとまってないんで申し訳なんですが(苦笑)

元Weather ReportのJoe Zawinulという人が作るメロディが好きなんです。この人、オーストリア出身なんですが母国のトラディショナルな音楽やクラシックほか多様な音楽の影響を受けてて、非常に特徴的なメロディを作る人です。ジャズ・フュージョンという枠に収まらないタイプの人だと思ってます。
#真の意味でフュージョン的ではあるんですが。

で、どうも⊿の7曲目、Zero Gravityの主旋律とか聴くと中田ヤスタカ氏はその辺もきっちりモノにしてるように思えたんでメモしたくなったんです。
勿論、一筋縄ではなくて、ジャズの巨人たちや他のAORやフュージョン周辺の単なるテクニックではない「生きたメロディ」を彼の中では既に消化し切ってて、まぜこぜになって出てきてるような気がしました。

そういえば、Joe Zawinulは、ボーカルにManhattan Transferを起用した際、彼らの声を加工して「素材」的に使って、ファンから顰蹙を買ったことがあります。勿論、当時はAutoTuneなんてありませんので、ボコーダー的な加工をするレベルですが。まだ、ボーカリストの声、ましてや、超一流の彼らの声を加工するなんてあり得ない時代でした。俺は、その作品も好きなんですが(笑)

【追記】
中田ヤスタカは、Quick JapanのVol80で坂本龍一の研究で知られる山下邦彦氏と2万文字インタビューしてるらしいですね。読んでないんですが。ていいますか俺自身山下邦彦氏のことをほとんど知らなくて申し訳なのです。
2ちゃんによると

① JAZZのⅡ→Ⅴ進行をⅤ→Ⅱにしたり ドミナントモーション無視
② 調性外の音が多い コードが展開系が多い
③ ベースラインが、理論を越えてる

みたいなことが書かれてるらしいです。ちなみに山下邦彦氏は坂本龍一以外にWeather Reportの本も出したりしてます。読んでないけど(笑)

【参考追記】
山下邦彦著の「ウェザー・リポートの真実」という本を解説してくださっているありがたいサイトを見つけました。
http://blogs.dion.ne.jp/techno/archives/cat_261907-1.html
中田ヤスタカ氏の作曲についても手がかりになることが書かれてると思います。サウンドについて「相対的、絶対的」という観点で書かれた部分がキモだと思います。

やべ。「ウェザー・リポートの真実」買っとこう。


Joe Zawinul "Three Postcards"


Weather Report - Birdland


 

スポンサーサイト

【2009/07/08 (Wed) 22:40】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
中田さんが入れる80年代の音の元が良く探られてる見たいですが
それ以前の音,Weather Reportがありましたか。
あれはJazzとはいえんし,FUSIONなんでしょうねぇ。
Wayne Shorterがまた良かった。
Quick Japanの山下氏の解説は素人にはさっぱりわからんです(^^)
また,坂本龍一に関する評論も間違いが多いようです。
確かにⅤ→Ⅱはありますが,ポリリズムなんかはⅡ→Ⅴ使ってますので,
これもどうなんだろうと。
中田さんはコードで曲を作っているようには思えんです。
素人なりに理屈をつけて納得したい気がしています。
【2009/07/13 ()】 URL // elf51 #- [ 編集 ]

elf51さん、コメントありがとうございます。
なんか、最近の週間アスキーのインタビューで映画音楽からの影響を語っておられるらしく、氏らしいなと思ったりしてます。モリコーネとか。当然他にもあるんでしょうが多くは語らないみたいですね。映画音楽は、確かに、様々な要素をまとめて取り入れることが出来て効率が良い。
実家によくある映画音楽全集みたいなCDセットあたりから多くを学んだりしたのかもしれません。そこからさらに原典を探っていく形で、50年代60年代のジャズやポピュラー音楽をたどっていくという、田舎の十代の少年としてはたいへん孤独な作業を積み重ねたのかも(笑)

山下氏の件は、そうなんですか。
たぶん、あまり理論武装すると良い結果にならないのかもしれません。結局、断片から伝わってくる情報を大雑把に整理しちゃうと、「理論にとらわれず自由に作る」ということになりそうなんで。
才能ある人が、巷のメロディに満たされることなく、美しいメロディを追求すると、所詮こういう形に帰結するのかもしれません。
【2009/07/14 ()】 URL // たなb #- [ 編集 ]

全くおっしゃるとおりです。(^^)
Perfumeに関しては何かと能書きを”考える”というのが
僕の楽しみ方なので…,
>才能ある人が、巷のメロディに満たされることなく、美しいメロディを
>追求すると、所詮こういう形に帰結するのかもしれません。
最後の結論にこの言葉いただきです。
中田さんの音についてはまた,何か書いてみたいと思います
またよろしくお願いします。
【2009/07/14 ()】 URL // elf51 #- [ 編集 ]

elf51さん
コメントありがとうございます。
>中田さんの音についてはまた,何か書いてみたいと思います
楽しみにしてます。
そうそう。米国のヲタthispenguin氏がThe Best Thingのカバーをyoutubeで公開してますが、実に面白かったですよ。
【2009/07/15 ()】 URL // たなb #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1544-923824a6
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。