逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
2009 Rd.4 Vodafone Rally de Portugal Day1
日本では北朝鮮の件でザワザワしておりますが、ヨーロッパではWRCが順調に開催されております。
ポルトガルです。

目玉は、グロンホルムの復活です。インプレッサWRC2008に乗ってプロドライブがプリペアすると。
Day1終了時点で、
1 Mikko Hirvonen (BP Ford Abu Dhabi WRT) 1h24'12"6
2 Daniel Sordo (Citroen Total WRT) +15"0
3 Sebastien Loeb (Citroen Total WRT) +18"0(+03"0)
4 Marcus Gronholm (Prodrive Subaru ImprezaWRC 08) +25"9(+07"9)
5 Petter Solberg (Petter Solberg WRT) +42"2(+16"3)

グロンホルムはSS7でタイムロスしたみたいですが、それまでは2位をキープしてました。ブランクを感じさせない点、劣勢と思われていたインプレッサをいきなりここまで仕上げてくる点、やはり格が違いますな。

インプレッサは色々と改良が加えられ性能向上している様子。ソルベルグの開発能力が無かったということなのか、それとも、プロドライブとの関係が大変悪かったようだったんで、その辺の悪循環から抜け出せなかったのか、今となってはわかりません。

とまれ、ソルベルグのクサラもSS7に来てセッティングが決まったのか2位(総合5位)につけてますし、Day2以降が楽しみです。
ラトバラはSS3で大々的にコースアウトして100mばかり崖を転がったらしい。コースアウト→崖落下の映像が出回ってますが、生きててラッキーというレベル。スーパーラリーでの復活は厳しいようです。チーム内での立場が厳しい感じ(次からドライバーチェンジ?)になってるようですが、たいした怪我もなくてよかったじゃないすか。生きてるだけで儲けものですよ。

 
スポンサーサイト

【2009/04/04 (Sat) 09:53】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1450-5b6479dd
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。