逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Perfume 武道館ライブDVD雑感 - 徳間とavex -
2枚組で春に出るそうです。
http://natalie.mu/news/show/id/13554

徳間とジャパンという会社は、なんかいまどきあり得ない「もっさりした」雰囲気漂う会社に見えます。
avexだったら、ブレイクした昨年、徹底的にセールスプロモーションを展開して機敏に動き、「売上」としては徳間以上の実績を残したかもしれないと思います。
前回のツアーを収録したDVDは1枚だけでお安い価格となっておりました。そもそもDVDを出す予定すらなかったところ、ファンからの要望で急遽出したとのこと。avexならそんなヘマはしないでしょう。
今も、Perfumeのメディアへの露出はあまり多くなくシングルのリリース間隔もノンビリしたもの。不満を抱いてるファンも多いようです。(これはアミューズの方針とも絡んでると思いますが。)

映像作品としては武道館ライブでやっと本腰を入れ、キッチリ収録して2枚組で売ることになったワケです。企業としてはビジネスチャンスを逃してるように見えます。
価格も高くなるわけだし、GAMEツアーDVDほどには売れないかもしれない。中高大学生といった若いファンを中心に昨年よりファンは増えてるようですが、前作と曲目の重複も多々あるDVDまで買うファンがどんだけいるかと考えるとあまり期待しないほうが良いと。

だが、それがいい。というワケです。

このもっさり徳間でなければ、売れない間放置してくれたことも無かったでしょうし、avexのように売上に反応してトップダウンで機敏に動くせわしない会社だったら、かつてPerfumeと同じ事務所でレコード会社はavex所属だったcandyさんのように、本人の意にそぐわないイメージチェンジをさせた挙句、諦めてしまうという形になったかもしれない。(candyさんは、今は別の事務所でがんばっておられるようです。)

avex自体は企業としては当たり前のことをやってるだけなんです。最高の売上を出すためにはどうすれば良いか、過去の成功例をベースに決定し、所属アーティスト(企業なら社員)に押し付けるという営利目的の企業なら普通にやることをやってるだけ。

徳間ジャパンという会社はどうみても、そういったところが上手く機能してない。機能させてないのかもしれない。(そういえば、Perfumeの成功の後に出してきたらしい北欧テイストのアイドル、バニラビーンズの売り出し方もいまひとつ冴えないよね。)
しかし、そのおかげで、過去の成功体験のみに依存した劣化コピー商品を濫造し、CDの形をしたゴミを増やすという事態にはなっていないわけです。

Perfumeも、ファンが望むイメージをマクロ的に把握してそれを正確に再現することをアーティストに押し付けようとする企業的システムが機能してないおかげで、いい感じに期待を裏切ってくれてると感じます。

今どきの企業サービスや消費スピードに慣れたファンにすれば不満でしょうが、これくらいの感じでたぶんちょうどいいんじゃないかな。
 
スポンサーサイト

【2009/02/21 (Sat) 03:49】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(7)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
徳間ジャパンはもと出版社系、今は第一興商系、と、音楽出版では外様ですからね。
おっとりしてるのは、(アイドル売り出しのノウハウがないのもあるでしょうけど)カラオケのパワーによる気の長さもあるかもですね。
息の長い活動してくれたほうが、カラオケ的にはいいし。
ハングリーじゃないところが、Perfume向きかも知れません。
【2009/02/21 ()】 URL // ひげくま #- [ 編集 ]

>ひげくまさん
>ハングリーじゃないところが、Perfume向きかも知れません。

そうですね。にしても音楽出版では外様とはいえ、このノンビリぶりはどこから来るのか、知りたいところです。
【2009/02/22 ()】 URL // たなb #- [ 編集 ]

んですね。創業者の中山さんの殿様ぶりが社風に残っているのかも。
【2009/02/22 ()】 URL // えいねん #SFo5/nok [ 編集 ]

同感です。
そもそもデビューを引き受けてくれたことだって常識じゃありえないくらいなんですから(笑)
あと、Perfumeのシングルの発売が基本的に奇数月に偏っているのは、徳間のシステムに関係でもあるんでしょうかね?
なんか、よく分からない会社ですね ▽・w・▽
【2009/02/22 ()】 URL // 黒猫堂▽・w・▽ #- [ 編集 ]

レコード業界というのは昔は,のんびりした業界だったそうです。
バブル崩壊以降,いわゆる普通の企業のように事業計画ありきで,
一定期間に一定の作品を出せという形でミュージシャンに
要求してくるようになったと。
6年ぶりに見た山下達郎さんのコンサートでの言です。
クリエイティブなものが,お金に食われていくという…
寂しい時代です。
【2009/02/22 ()】 URL // elf51 #- [ 編集 ]

徳間ジャパンは、
・ミノルフォン以来のアーティスト主導の伝統
・自社工場を持たないローコスト企業
・母体企業の利益が大きいために一次利益をシビアに求めなくてもいいシステム。
・むしろ税金対策のための赤字部門?

……色々考えちゃいました。
【2009/02/22 ()】 URL // ひげくま #- [ 編集 ]

>えいねんさん
知りませんでしたが、中山幸市氏が遠藤実さんのために作ったみたいな会社だったんですね。
>黒猫堂さん
そのとおりです。ビジネスの世界ではおおよそ死語になったと思われる人情味のようなのが残ってるんでしょうか・・・
>elf51さん
現在の不景気がさらに拍車をかけているようで、無用なベスト盤の乱発など、見るに耐えないこともありますね。
>ひげくまさん
正直、わかりませんね。ただ、営業の方もさほど力が入ってるようにも見えないので、単に動脈硬化になってるの?とかんぐりたくもなったりします。
とまれ、金かけて必死なプロモをして売れなければ即ポイよりはマシかもしれません。
【2009/02/22 ()】 URL // たなb #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1399-49a2e75e
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。