逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Perfumeの楽曲と口パクの関係 全国インディーズ時代(3)
いよいよレンタルビデオ屋でAVを物色してた掟ポルシェを見事に釣り上げた「ビタミンドロップ」についてちょっと書いてみようかと。

【capsule】
ビタミンドロップの前に、capsuleのことを。
capsuleは、同時期にS.F. sound furnitureという作品をリリースしてます。実は俺、capsuleはこれ以前の作品はちゃんと聴いてません。1枚目?のハイカラガールは俺には無理でした。その後途中はわからんのですが、S.F. sound furnitureはBGMにええかなという感じでした。ボサやスウェディッシュやらフレンチやらラウンジポップやらレトロ感漂うテクノやらをおしゃれ心半分遊び心半分で包み込んだ感じの作品。
ピチカートフォロワー振りが顕著な作品と書きましたが、中田氏がどこまでピチカートファイブを意識してたかはわかりません。

このアルバム中から「レトロメモリー」と「未来生活」という曲を紹介します。
http://jp.youtube.com/watch?v=eMtSet5UTOE
http://jp.youtube.com/watch?v=cQ-o9t2KfR8
このタイプの曲では良くある循環コードを使った曲になってます。
#こういうのに凝ってたンすかね?この頃。

【ビタミンドロップ】
ビタミンドロップで使われるメロディとかコード進行は、全く同じではありませんが、上記作品たちと同じ系統と思います。Perfumeの声をこしじまとしこさんに置き換えて、マイナーな部分の調性を曖昧にして能天気な感じで脳内で再生してみると良いかもです。
ただ、オシャレなまんま使うことはせず、代理コードや経過音の使用を減らしたりベースの動きを少なくしたり、部分的にマイナーな調性を明確に出したりすることで、能天気にも聞こえるオシャレ感を減らし、歌詞に合った翳をつけたりして、Perfumeに合った曲を作ってる感じかなと。
#「ビタミンドロップ」の衣装って「レトロメモリー」のレトロフューチャーな感じとちょっとかぶってますな。

楽曲は、サビ(ビタミンドロップ秘密も・・・)、Aメロ(小さなこの手で)、Bメロ(信じるのは・・・)、大サビ(ランランララン・・・)で出来てます。
今回も、サビ、大サビに前回の「モノクロームエフェクト」で用いたキラキラアレンジを使ってます。特に大サビのハモり部分はピッチ補正ソフトで追加したトラックと思われますが、キラキラ風味増量となってて生歌再生はまず不可能な音となってます。Aメロ、Bメロもコーラス感を強めに出してる部分がありますが。キラキラした楽曲に憂いを帯びた詞が乗っかり実に儚い感じがよく出てまして、素敵な曲です。上記capsule作品より良い。

キラキラ効果部分は前のエントリに書いたとおり、カラオケ+生歌では再現できないんですが、それに加えて今回、オシャレ感をそぎ落としてるとはいえ上記の系統の楽曲ですし、歌詞の内容からしても、元気に発声しちゃうと台無しなわけです。しかも、Aメロ、Bメロの歌い終わりの音を1小節半(6拍)出し続ける必要がある。(「小さなこの手に~~」の「~~」の部分とか)
これをウイスパーボイスに近い発声でやらなきゃならんと。

サビ部分の再生も生歌ではきついし、AメロBメロを生歌だけで楽曲の雰囲気を維持しつつダンスするのもかなりきっついですよね。

ということで、ビタミンドロップも曲の良さをお客さんに伝えたい場合は、CD音源またはボーカルトラックが薄く乗った音源に生歌を被せる方法を採らざるを得ないということになります。

【引力】
実はこの曲の方が気になってます。
やはり、当時のcapsule色が濃い曲なんですが、この曲、コーラスパートがはっきりしてるんです。
Aメロ(「視線盗む引力・・・」)、繋ぎ(パッパッパ・・)、サビ、Bメロ(心のパーツ全て・・・)の構成なんですが、Aメロ、繋ぎ全てでコーラスパートが明確になってるんです。Aメロは主旋律とその3度上。繋ぎは3音からなってて6thの和音があったりしてやや高度。サビ部分は単音ですがピッチ補正ソフトの補正が強め。
コーラス部分は珍しくライブで再現出来そうな感じなんですよね。彼女たちならギリギリ出来なくはないかもと。しかし、残っている動画ではボーカルトラック被せ+3人の生歌(ユニゾン)のようで、繋ぎ部分は歌ってないようです。サビはダンスを止めてボーカルトラック被せなしの完全生歌で歌ってますね。高音部分がきつそうです。
振りがある部分はハモりどころではないのかもしれないですね。
事前に楽曲の特性、見せ場などを踏まえてダンスと歌の力配分を決めてるのでしょうが、元々が完全生歌で聴かせるタイプの楽曲に仕上がっていないわけなんで、ダンス重視になっていくのは必然なんだろうなと思ったりしました。

インディーズ時代最後のシングル「ビタミンドロップ」については以上なんですが、この後、メジャーデビューする前に「イミテーションワールド」「カウンターアトラクション」「ファンデーション」といった生歌披露が可能な作品が作られます。
メジャーデビューを目指すにあたって、方向性を再考したりしたんでしょうかね?

そのうち時間があれば、その辺を考えてみたいかも。
あ、その前に、ここまでの流れをまとめたいんですが、時間が無いのでまたの機会に。
スポンサーサイト

【2009/01/22 (Thu) 01:32】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
はじめまして、アメブロで最近ブログ始めました、ひげくまといいます。
黒猫さんのブログでお名前を拝見しておりました。
音楽に関して、かなり専門的でいらっしゃるようですね。
僕は専門知識的な面は全然なので、色々教えて頂きたいのですが。
中田ヤスタカはこの記事のあたりの頃、ボッサ、サンバとかよくやってますが、僕にはそれが「フレンチ経由モンド風味」に聞こえるんですよね。
あと、ダフトパンク とか、中田さんてフレンチな人なんですかね~?
これからもよろしくです。
【2009/01/24 ()】 URL // ひげくま #- [ 編集 ]

2009/01/24(土) 06:13:59| URL| ひげくま #- [編集]
ひげくま様
コメありがとうございます。
音楽はさほど詳しくないです。所詮自己流ですし好きなものしか聴かないですので、期待に添えないかもです。すいません。
>フレンチ経由モンド風味
言いえて妙ですね。
確かに、ネイティブな音楽から直球で影響を受けたようにはあまり聴こえないんですが、その辺は不明ですね。あまりインタビューとか読まないんですが、中田氏ってそういうのあまり語ってないような気もするし。
ただ、カンでしか言えないんですが、子供の頃から音楽環境が豊かな家庭に育ったように見えるんですよね。親がジャズやボサやクラシックなどが好きでその影響をサクっと受けたみたいな可能性もあるような気がします。
街でちょっと小耳に挟んだような音もさくっと取り入れてしまうフットワークの軽さを持ってる人かもしれんとも思います。音の好き嫌いはかなりありそうですが、ジャンルにはあまりこだわってるようにも見えません。
ジェロにムード歌謡を書いてくれと言われれば相応の良曲を作ってしまうかもです。
【2009/01/24 ()】 URL // たなb #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1362-cbef33f7
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。