逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Perfumeの楽曲と口パクの関係 全国インディーズ時代(2)
なんか忙しいのですが思い立ったところでとりあえず書きなぐってみます。誤字重複表現などありましたらお許しを。後で直します。

Perfumeの全国インディーズ時代、2枚目のシングルは「モノクロームエフェクト」です。

1作目の「スウィートドーナッツ」では、Aメロ、サビで広島元気っ子的テイストを残し、大サビだけボーカルに強めのエフェクトをかけ各自の個性を残しつつも声の粒を揃え、さらに微妙に異なるエフェクト処理(あるいはもしかするとピッチ調整も)を施したボーカルトラックをいくつか重ねてキラキラ輝くイメージをを演出してました。

そのキラキラ演出を「モノクロームエフェクト」では楽曲のフック(お笑いで言うところのツカミ)となる部分に持ってきて前面に押し出しました。曲の冒頭から始まるサビ(「このモノクロームエフェクト飛び出すスケール不足~」)の部分です。
Aメロ、Bメロは地味に抑えて、サビのメロディと編曲によるキラキラ感が際立ってます。短いオンエアの中で曲の良さを伝えたいという意図もあったのかな。サビでのPerfumeの声は、メロディと歌詞を明確に伝えつつも楽曲の一部として鳴ってる感覚です。
プロデューサーの中田氏にはPerfumeからアクターズ的デーヴァ臭を消す意図があったことは前回書きましたが、さらに、歌ってるアイドルを引き立たせるための楽曲ではなく、楽曲自体完成度の高いものを提供する意思が固かったんだろうなと思わされます。(完成度のベクトルは様々ですが、ここでは述べません)

さて、アミューズのスタッフとPerfumeの3人はイベントやミニライブ、そして数少ない貴重なテレビ出演で目の前を通る人や視聴者にこの楽曲の良さをアピールしてCDを買っていただかなくてはいけません。

しかし、カラオケ+完全生歌で歌うと、曲のキラキラ感がお客さんに物凄く伝えにくいことが練習の時点でわかっただろうと思います。生歌じゃとサビ部分のキラキラが伝わらんのお!となる。
教会のような声が響くところで6人ぐらいでユニゾンで歌うと良い感じに広がりが出てキラキラする効果を得られるかもしれませんが、イベント会場的な場所やお祭り、スーパーやCD屋さんの一角などで借りたPAセットを使って鳴らしてる状況では到底この雰囲気を出せるものではありません。

さらに言うと、サビの部分は、腹式で声を張って出すと各自の声が立ってしまうのみで余計に楽曲のイメージと違う感じになったろうと思います。
ということは、踊りながら喉から声を出すブレやすい歌唱が必要になります。

などと考えると、楽曲の良さを目の前の無関係な人に1発でアピールするためには、「CD音源+生歌」「CD音源+完全口パク」「ボーカルトラックのボリュームを調整できる音源+生歌」という形にせざるを得ないということになります。当時(も今も)Perfumeの売りは、歌の上手さでは無く、ダンス、楽曲の良さ、キャラクターという部分であることを考えればなおのことです。

要するに「モノクロームエフェクト」は楽曲の性質からして前作に増してリップシンク(口パク)でないと良さを伝えにくい作品だったというのが自分の考えです。

「モノクロームエフェクト」にはカップリングとして「エレベーター」「おいしいレシピ」という2曲が収録されてます。
Perfumeのインディーズ時代の作品ですと自分はカップリング曲の方が好きでして、この「エレベーター」という曲は俺的にはこの時代でベストであります。
プロデューサーの中田氏はおそらくは早い段階で3人の地声の良さ、持ち味とバランスの良さに気づいていたのではないかなと。それを引き出そうとして試行錯誤したと思いますが、それがある程度形になった曲という気がします。3人も中田氏の要求に沿った力を抜いた歌唱がそこそこ出来るようになってきてて、チップチューンに地声に近い声をぶつけて見事に調和させてます。木の子さんの歌詞も示唆に富んでてよい。

「モノクロームエフェクト」のキラキラ感アレンジと「エレベーター」で様になってきた抑えた発声、さらに言うと同時期に発売された中田氏のユニットcapsuleのアルバム「S.F. sound furniture」で顕著なピチカートフォロワー的路線がブレンドされたところにインディーズ3作目、「ビタミンドロップ」があるように思えます。いよいよcapsuleが見え隠れするようになっていきます。

「ビタミンドロップ」では、「モノクロームエフェクト」に増してライブにおけるダンスしながらの完全生歌が実現不可能となっていきます。
スポンサーサイト

【2009/01/19 (Mon) 13:03】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
こんばんは、たなbさん。
この問題って面白いですね、ミステリーの犯人当てをしているみたいです。
色々な解釈が論理的に成立してしかもどれも正解じゃないかもしれない。
考えている間、書いている間、すごく楽しくありません?
Perfumeって本当に退屈させない存在ですね▽・w・▽
【2009/01/21 ()】 URL // 黒猫堂▽・w・▽ #- [ 編集 ]

黒猫堂様
仰せのとおり、謎解きが面白くて考えてるようなものですね(笑)
正直、口パクとかはどうでも良い感じなのです。すいませんw
【2009/01/21 ()】 URL // たなb #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1357-db3cc60a
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。