逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
メディア関係者がTVを通して悲観論をタレ流してる
かんべえ氏2009年1月15日の日記から。

2009年の年頭に当たり、いちばん先行きが暗そうなのはメディア業界でありますな。~(中略)~ちょっと気になるのは、メディア関係者が自分たちの先行きを悲観しているために、悲観的な報道が増えて、ますます消費マインドを冷やしているのではないかという点である。


米国の弟の話など聞くと、日本より悲惨な状況なはずの米国民が思いのほか楽観的であるということ。いつの時代だって勝ち負けがはっきりした国であるし国民性によるとことがデカイというのはわかるが、それにしても日本人は暗くなりすぎだろと。
この暗さが不況を余計に煽るのである。
確かにメディアの状況は悲惨である。これまでとは違い他人事ではないのだから。
だがその気分をそのまんま放送すんなよと。1800万の年収が1400万になったからってガタガタぬかすなと。
メディアリテラシーを備えた人が増えてきたとは言え、今でもメディアに影響される人は多いんですよ。ウチのお袋なんて、小泉時代には小泉さんカッケーとか言ってたのが、今ではあいつのせいでこんなことにとか言ってる始末(笑)
ほんとメディアはいたずらに不況感を煽らないでいただきたい。

今でも儲けてるところは儲けてますぜ(笑)
スポンサーサイト

【2009/01/16 (Fri) 14:40】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1351-e4723351
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。