逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
そもそも派遣って
そもそも派遣って、公がピンハネ率を抑えてやるべき公共事業、福祉事業的な業種だったと思う。

企業は、不況時の調整弁として正社員ではなく派遣社員を雇う。福利厚生分のコストを考慮すれば正社員とトントンのコストがかかる。今どきは賞与カットというところも多いから業種や企業の給与体系によっては正社員よりコストがかかる。
不況になればクビを切られるということが前提の就労形式なんである。

問題は、クビになったときに全く社員のケアができない派遣会社にある。何故メディアは派遣会社を叩かず契約を打ち切った企業ばかりを叩くのか不思議でしょうがない。確かに社会的な問題として捉えれば、派遣契約を急に切った企業も取材対象とすべきだが、それでも派遣会社が全く見えてこない点には違和感を覚える。
派遣会社は自社の契約社員にリスクを負わせるのなら、派遣先から支払われる報酬について、会社の取り分を最低ラインに抑えて派遣社員に派遣先の正社員より高額な給料を払うべきなんである。

しかし実際問題、派遣会社は営利目的の企業なんですから、そんなことは出来るわけがない。
てゆーか、そもそも今のような不況時のリスクを織込んだら、派遣業自体が成立しなかったというのが実情だろうし、契約している社員への保障なんぞ到底出来ない派遣会社が多いだろう。

結局クビになった派遣社員は派遣会社がダメダメなことはわかってるから派遣先企業に噛み付くしかないということでしょう。

なんともやるせない気分になる。
スポンサーサイト

【2008/12/18 (Thu) 10:08】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1330-48b4cdfa
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。