逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
いじめの本質
広い海へ出てみよう by さかなクン

彼の話はフィールドワークの体験から得た力強い内容のものが多く、納得させられることが多々あります。
これも空疎な脳内理論ではなく、観察から得た名文ですね。2年も前の文なのに今まで知りませんでした。
スポンサーサイト

【2008/12/04 (Thu) 13:31】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
・・・当然ながらストレスがたまる。さらに親の期待に応えられないと感じる真面目な子ほど、そのストレスは大きなものとなる。
心理学の法則、すなわち「悪意は不健全な精神に宿る」という法則にあるように、「無力感」や「絶望感」で傷ついた心は「陰湿なイジメ」という形でストレスを発散するようになる。
これも自己防衛本能の一つであり、珍しいことではなかった。
ただ、昔は少数の子供だけの問題であったのが、現在は大多数の子供が抱える問題となってきており、昨今の教育現場を悩ます重大問題となっている。
いじめの本質は「無力感」や「絶望感」である。
怪我をしている場所と違うところに薬を塗っても怪我は治らないのと同じで、「無力感」や「絶望感」で傷ついた子どもを救い出すことが一番重要である。
【2010/11/01 ()】 URL // 教育委員会 #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1317-ff4d323a
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。