逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
他サーバへの差分転送バックアップツール(SFTP使用)
小さな会社ですと昨年ぐらいまではファイルサーバのデータはNASとかににバックアップしとけみたいな感じだったんですが、今年に入ってから流石に地震や火災のリスク軽減を考えるところが出てきたようです。
テープやUSB接続のHDDに保存しといて別のビルや耐火金庫などに人が運んで保管するみたいな方法を改めて行うところも多いようです。
しかし、それでは人が毎日何がしかの作業をせねばいかんわけで、出来れば自動化したいという要望もあるわけです。しかも丸ごとバックアップすると回線への負荷も時間もかかるので、追加更新した差分だけバックアップしたいとなるわけです。
そんな要望を受けて、それが出来るようなバックアップツールを探してみたが、ちょっと見当たらない。
バックアップツールなんて選ぶのが面倒なほどに沢山あるんですが、導入が楽で差分だけをセキュアな転送方法で他のサーバに転送できて、転送先で転送元と同じディレクトリ構成で再配置するみたいなツールは、サクっと見つからなかったんですな。
#あれば教えてほしいっす。

そこで仕方ないので自作した。Windows2000,2000server,XPで動作確認済み。今日2003serverでの動作確認を行う。

送信用と受信用のセット。

送信用は、気に入って使っているbunbackupというバックアップツールのログを元に、その日にバックアップしたデータの一覧を取得して、それだけを圧縮してSFTPにて別のサーバに転送するツール。
転送がなんらかの理由で完了しなかった場合は、次回、最新のファイルと合わせて前回失敗したファイル転送をリトライする。

受信用は、受信したデータを元あった場所と同じディレクトリにコピーして、バックアップ元の環境と同じ状態を維持する。受信用サーバにはOpenSSHが実装されている必要がある。

VPNで別環境に接続して普通のバックアップツールを使うという方法もあるんだが、1日の更新データ量が多い場合、やはり圧縮転送しないと、ネットへの負荷もでかいし時間もかかる。

今のところ、お客さんの環境に特化した仕様なんだが、現時点で同じようなものが安価で出ていなければ、汎用的なものに直したくなってきた。
とりあえず他のお客さんにも提案してみるか。
スポンサーサイト

【2008/09/25 (Thu) 06:24】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1272-7f10ac78
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。