逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ビジネスソフトに望まれるもの
最近、客先の一部のクライアントでOffice2003をOffice2000にダウングレードする作業を行った。

理由はまあ色々あるんだが、要するに「遅い」ってことだ。
よほどのところでなければ、パソコンを一気に買い換えたりはしないので、事務所には2002年ぐらいから使っているマシンと最近買ったマシンが混在している。
ソフトもOffice2000、Office2002、Office2003が混在している状況だ。
新旧のマシン、新旧のソフトで作ったファイルが混在している環境では、新しいソフトがむしろレスポンスが遅くなったり、使い勝手が悪くなる場合があるんですな。
ましてやOffice2007なんぞはとんでもないですということになる。勿論Vistaもね。

現場の人たちは、スムーズに仕事が出来さえすればいいのであり、ちょっと気の利いた新機能なんぞは求めていない。
結局、Office2000で十分という話になるところもあると。

法人ユーザっていうのは、微妙な遅さに敏感なんですよ。ファイルがだんだんでかくなっていき、レスポンスが遅くなる。忙しいと結局こういうのが嫌なんですよ。1分待つ処理が10秒で終わると物凄く嬉しくなったりするもんです。レスポンスが遅いなりに待ってる間他の作業をすればいいといっても、1時間とか2時間かかる処理ならともかく、1分程度の処理ならパソコンの前でじっと待ってる場合が多いでしょ?そういうのがたまらなく嫌なんですよ。

多くの法人の現場では、所詮「スピード」「安定性」「他社とのデータ互換性」が求められているのであり、機能は二の次。よほど革新的な提案がなければまとまった投資はしないでしょう。
#セキュリティについても求められてはいるが、それについてはむしろ取り扱い運用の強化が肝要であり、現行OSやシステムでも必要十分な対応が出来る。

そういった意味では、Office2007やVistaのみならず、OooやLinuxなども追いあげてるとはいえ、法人ユーザに食い込むのは容易ではない。結局、Windows XPが強引に収束となるまでは、XPとOffice2003以前のバージョンをだらだら使い続ける法人ユーザが多いんでしょうね。

で、次の決め手となるのは結局「速さ」なんじゃないっすかと思ったりしてるわけです。

なんかGoogleのブラウザ、速いらしいっすね。
スポンサーサイト

【2008/09/08 (Mon) 22:37】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1263-9a744b4f
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。