逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
病院
母が白内障の手術を受けることになり、紹介をしてもらったとある公立の病院へ事前説明を受けに逝ってきた。

着くと、まず検査を受け、その後説明を受けた。
しかし。この病院、久しぶりに来たんだが、どうもしっくりこない。

なんか、事務とか看護師の行動が緩慢な印象を受けるのだ。
以前何度かお世話になった私立の大病院の印象と大きく異なる。
なじみなのか何なのか、看護師や受付が、おばさんや年寄りと世話話をしてるシーンが妙に目に付く。こっちはずっと待たされているわけなんだが、少しでも待たされてる人に早く対応しようという気分が感じられない。
検査ではベテランとおぼしき看護師のおばさんが採血をしてたんだが、妙に待たされてるんで変だなと思って聞くと2回ミスってやり直したという。
支払いの窓口の事務員は、これまたおばさんとだべっておる。

ダラダラした雰囲気満載である。

医師とも話したんだが、これまた無駄話が多く誠実味が感じられない。

なんというか全体的に不真面目な空気が支配しているのだ。感じた違和感というのはこれ。以前の私立の病院で感じた張り詰めた空気が皆無なのだ。

白内障の手術は失敗例は少ないとはいえ、失敗すれば視力が落ちたり最悪失明のリスクもある。
せっかく2ヶ月待って検査までこぎつけたんだが、この病院で受けるのはやめようということになった。

評判のよい眼科は白内障手術まで4ヶ月以上待たされるという。待つだけのことがあるんだよな。
スポンサーサイト

【2008/08/04 (Mon) 21:08】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1222-75ca0778
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。