逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
卒業式と感謝
先日は長男の卒業式であった。

長男が中3になってからのクラス担任の先生はまだ若い女性なんだが、たいへん素晴らしい方であった。
最後の学活は父兄も参観できたんだが、最後の通知表を一人一人に渡す時、その子たちに先生が長めの一言をかけていく。一人一人の良いところをエピソードを交えて話す。(金八かよというツッコミはおいとこう)
この先生は全員を実に細かく気を配って見ておられたんだということを知らされ、改めてこの人が長男の担任でよかったと思う。長男のこともクラス全体の中で本当に気を配ってくださった。
クラスが良い感じで緩くまとまっている。一本筋をキチンと通しながらも生徒の笑顔を引き出す力を持っている人だ。クラス内を漂う暗黙の信頼関係がほとんど学校に行かない俺でもわかる。

長男は、中学校最後の年をこの先生に受け持ってもらって本当に良かった。本当にただただ感謝である。

長男はここまで先生に恵まれている。
小学校入学時に特殊学級と普通級の併用に心を配ってくださった当時の校長先生。建前やルールを二の次に現場、生徒のことを第一に考えてくださった。そして、アスペルガー症候群で落ち着きが無く突発的な行動も多かった長男と正面から向き合い柔軟に根気よく指導してくださった小学校の担任の先生。障害についての知識が全くなかった先生はゼロから勉強をされ、机上での勉強と授業(現場)の体験を通じてたいへんなスキルを身につけられた。その後、普通級でもお世話になったが、普通級でも本当に見事な先生であった。この先生への長男の信頼度は俺ですら介入できないような強いものがある。
中学に入ったときに特殊学級と普通級の併用の件で無理をお願いした俺たちに誠実に対応してくださった当時の教頭先生も素晴らしい方だった。そして3年の担任の先生。

考えてみると鮮烈に良い印象で記憶に残っているのは女性の先生ばかりである。
なんか最近、学校では女性の先生の方がモチベーションが高くて元気なように見えるんですが、偶然ですよね?

とにかくも、教師という職業ほど個人の資質を問われる職業もなかなか無い。
場合によっては子供の人生を左右してしまう職業。素晴らしい人になってほしいものです。
スポンサーサイト

【2008/03/13 (Thu) 00:29】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1129-6e295957
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。