逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
またルモンドかとゆーか、またポンスか
こういうニュースが出ると、ついまたフィリップ・ポンスか?と反射的に思ってしまうのです。

日本、アジアでかつてない孤立・仏ルモンド紙が社説

 仏紙ルモンドは17日付で、「孤立する日本」と題する社説を掲載した。小泉純一郎首相が15日の終戦記念日に出したアジア諸国への「おわび」の談話について、「それが本心からでも、3000万人近い死者を出した悲劇の歴史は終わらない」と指摘。「敗戦から60年を経て日本はアジア地域でかつてないほど孤立した。中国と韓国が日本の国連常任理事国入りに反対していることが日本の孤立と、外交の手痛い敗北を示す」としている。


てゆーか、それをいうなら、中国韓国が日本の国連常任理事国入りに賛成するような外交策があるとでも? てゆーか、中国韓国に嫌われるだけでアジアで孤立することになるのですかそうですか。。。

などと脊髄反射してしまう俺は釣られ上手で泣けた。
ルモンドらしくてむしろ清々しいではないか。
スポンサーサイト

【2005/08/18 (Thu) 00:01】 ニュース // TRACKBACK(2) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/111-7efb397e
95年の来日時はムルロア環礁で水爆実験強行、そして今年は中国向け武器禁輸措置解除騒動と、「国立パリ管弦楽団が来日する年は何か騒動が起きる」という法則めいたものを...
私の「認識台湾」 【2005/08/27】

管理人の承認後に表示されます
【2008/04/24】

このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。