逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Baby Cruising Love / マカロニ - Pefume -
Perfumeの16日発売のシングル、Baby Cruising Love / マカロニを聴く。

CDで聴いてみると色々思うところがあったのでメモっておこうかなと。

前作からさらに進化したエッジの効いた音と音圧に圧倒されたと先のエントリで書いたが、それが改めてCD音源で2曲とも聴いて確認できた。
前作ポリリズムの後ということで、事務所サイドからは「売れる作品を」とか、「ミディアムテンポで」とか、「カラオケで歌える曲で」といった雑多な注文もあったはず。凡庸な作家なら悩むはずである。結果グダグダなものが出来てくるというのは良くある話。
しかし、中田ヤスタカという人は、いい意味で空気を読まないというか唯我独尊というか、これまで進化してきたコンセプト(J-POPにありがちな感傷的なメロディの起伏ではなく、徹底的に作りこみをしてリズムと音楽全体の「気」で聴かせる。)をぶらすことなく、んでもって、事務所側の要望にもおそらくは「おおよそ」応えたものを作ってしまった。 ※この「おおよそ」が結構キモかもですね。
また、リミックスやマッシュアップが動画サイトをにぎわすことでしょう。

あと、Perfumeというのは、女の子3人組のアイドルユニットと呼べる形態なんですが、その捉え方は正しくないなと。
俺はPerfumeを最近知って過去の音を手繰っていった口なんですが、そんな新参でも(新参だからこそ)、何故、メジャーデビュー以来、売れない時期を通してここまで一貫したコンセプトを維持し続けることが出来たのかなと考えてしまうのです。
その結果、Perfumeって、フロントの3人、楽曲担当中田ヤスタカ氏、振り付け担当のMIKIKO氏、PVやジャケットデザイン等美術全般を担当する関和亮氏、スタイリスト、事務所スタッフのチームじゃんと思えてきたわけです。
各自、自分の担当部分については強力な発言権があるが、他人が担当する部分については信頼をして任せる。要するにトップダウン形式のチームではない。トップの迷いで迷走することが無い。
それが、歴史と実績を積んでチームワークを培いここに来て結果が出て自信が加わり、理想的に機能して現在に至っているのである。
ライムスターの宇多丸氏はPerfumeのブレイクについて「奇跡」と熱く語っておられたが、まさに、このチームの成立からしてそもそも奇跡ですねと。それがアミューズという事務所がたまたま売れない頃の彼女たちを放置してたおかげなのかどうかは定かでは無いんですが・・・

まだまだこのチームでの進撃は続くでしょう。

ただ、こういう理想的形態にはいつか終焉が来るもの。それがわかっているからこそ、今、理想的な形で輝く彼女たちに多くの人が関心を持つのでしょうね。
BCL.jpg

スポンサーサイト

【2008/01/16 (Wed) 00:05】 音楽 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1094-9e6706ae
管理人の承認後に表示されます
【2008/04/20】

このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。