逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
黒田如水 - 童門冬二 -
昨年買った本をやっと読了。面白かった。
如水という人は、この本のあとがきにあるように清濁併せ持った人というイメージがある。司馬遼太郎の播磨灘物語では清の方に重心を置いていた感があるが、この小説は、その濁の部分により焦点を当てて描いている。坂口安吾の「二流の人」に近い。
「二流の人」の流れを汲みつつ、如水の打たれ強さ、危機管理能力をより広げて描き、独自の味わいを持つ二流の人を描いておられると。

人を心底憎むタイプの人間は策士には向かないだろうと思ってますんで、三成への憎悪ぶりについてはちょっと疑問もあるわけなんですが、そのほうが話としては面白くなるなあと思った。
司馬氏の描く如水は淡白すぎるんである。その方が俺好みではあるが、ドラマチックにはならないよね。

黒田如水
スポンサーサイト

【2008/01/02 (Wed) 22:49】 書籍 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
どもども。風邪大変っすね。
図書館にあったので早速手配してみました。
感想、書きますワン!ではでは。
【2008/01/05 ()】 URL // えいねん #SFo5/nok [ 編集 ]

>えいねん様

お、図書館にありましたか。。。
たまには行ってみるもんですね。
【2008/01/06 ()】 URL // たなb #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1086-fee48ee1
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。