逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
農家切り捨て論のウソ(by 日経ビジネスオンライン)
農家切り捨て論のウソ -小手先の保護政策が日本の農業を“自壊”に導く -

賛成できる部分も多々ありますが、金持ってるくせにさらにカネくれという兼業農家=悪者みたいな書き方は言いすぎだろと。

農家にも色々あるから、「先進的な農家」と「農業やる気ゼロの兼業農家」という構図にくくって議論することはできない。
日経BOが言うような資産持ちの兼業農家もあるが、資産価値ゼロの農地を持ってる農家だって多数いるわけだし。兼業にしても、美味しい地方公務員との兼業もいれば、地元の公共事業頼みの建設会社を解雇同様になってるの兼業農家もいる。
特に悲惨なのは資産を持たない兼業農家の次男三男。都市部で就職したり地方公務員になれれば良いが、特に手に職も無いまま諸事情で地元に残ってるともう最悪。公共事業が減って地元に残っててもろくな仕事が無い。やっすい単価でこき使われることとなりワーキングプア予備軍となる。

結局のところ公共事業くれという図式ですねという物言いには賛成ですし、小沢バーカというのは良いんだが、「急激に改革が進んでおらが地方は撃沈寸前です」みたいな物言いと、「土地を高値で売りたいから公共事業よこせボケ」という物言いでは温度差が違いすぎます。
「農家切り捨て論のウソ」というこの記事も一方的に決め付けてるという点で「嘘」を含んでいると言える。どっちの事例も存在するのであり、片方だけクローズアップして他方を「あえて」無視しているという時点で、どっちも嘘なんである。

農業云々でなしに、地方の自立支援と当座の支援策としての冨の再配分を適正に行うという議論になれば良いんじゃねと思ったりしてます。
スポンサーサイト

【2007/09/24 (Mon) 13:09】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント
はじめまして
blog読ませてもらいました(^^
もし よければ私のblogもペタしてくださいね♪
【2008/06/07 ()】 URL // あち #- [ 編集 ]












管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1021-e9800f6f
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。