逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:全国で公開 東京、大阪では700人が列
http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2007/09/700.html

エヴァンゲリオンがTV放映された頃、俺は、長野で比較的マッタリ暮らしていた。勿論、TV東京は映らないので、全く知らなかった。
いや、田舎というのはホントに凄い。ホントに情報が無い。
衛星放送があったからMTVとかは見てたが、アニメチャンネルは見ておらず、日本国内の情報には疎かった。周囲の若い子たちの話題にもエヴァは全くと言ってよいほど出ていなかった。経済事情を考えなければ全くもってのんきな毎日を過ごしてたのである。

この作品、TV版を見ることがあったんですが、今見ても正直あまりインパクトが無い。その理由としては、この作品を踏襲した今時のアニメを見ているということもありましょう。ただ、竹熊氏がおっしゃってるように、今でも当時の作り手の気合は充分に伝わってくる。
やり場のない終末感につつまれたあの時代に見るべきだったということですな。

※ ご参考(ヱヴァンゲリヲン新劇場版公開記念 竹熊健太郎、宮台真司対談 )↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm980267
http://www.nicovideo.jp/watch/sm981383

当時、自我と格闘する青春を過ごした人たちへのインパクトは凄かったでしょうよ。あの時代にしかるべき人がみてこそ、大きな衝撃となりうる作品だったと思う。
ていいますか、劇場版を観ないときっと最終的な評価は出来ないんだろうな。そのうち見ます。未解決な感じが気持ち悪いので。

そして、オウム事件が勃発した。

もうあれから10年以上経ってしまったんですなあ。
今見ると「そうそう。そんな時代だったよねー。」みたいな感想になってしまうのである。オウム事件もそう。今だに地下鉄サリン、松本サリンの後遺症で苦しんでおられる方はおられるというのに。
考えれば、今の時代、あの頃に比べて何かが良くなったか問われると、まったくもってそうではない。オウムの教祖が逮捕されて何かが終わった感じがしたもんだが、実は、何も終わってないし、何も始まってないし、何も良くなってない。行き交う情報量だけが増えて金持ちが増え、貧乏人も増えた。むしろ悪くなっているのではないかという気さえする。
結局、あの時代の延長線上にいることに気づくのである。リアルの世界はリセットなんぞは出来ないし、終末なんぞというものもこっちの都合で来るもんじゃないし、万が一来るにしても、おそらくそんなドラマチックなもんではないのである。

オウム真理教だって名前は変わったとは言え、いまだに元気なんでである。

だから、今、この作品を作るにあたって、それなりの必然性が庵野氏にはあるんでしょう。まさか大人の事情だけじゃあないでしょ。と思ってチェックすると結構評判が良い。
今公開されている「序」は、

しかしこないだ試写を見て、確かにストーリーとして完結させる意志は感じましたけど、そればかりではない画面の完成度を見て、ちょっと尋常ではないものを感じました。10年前の「夏エヴァ」も狂気と殺気がみなぎっていたフィルムでしたが、それとは別種類の殺気を感じたのです。それが何なのかは、まだよくわからないんですが。ただし「狂気」は感じませんでした。

映画の終わりに次回の予告編もついていて、それを見ると新キャラを含めて物語もかなり変わることが予想され、それ以上に以前のエヴァにあった「殺気」や「官能性」が失われてなかったので、「まだ期待できると思う」と東君に伝えたら、「…やっぱり見ようかな」と言ってました。 from たけくまメモ


とのこと。なんかそそられるでしょ?
ちょっと見たいんですけど忙しいんだよな。
とんかく問題は次回。結構楽しみです。観にいくかどうかは決めてませんが。
スポンサーサイト

【2007/09/03 (Mon) 23:48】 映画 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
この記事に対するコメント











管理者にだけ表示を許可する

このページの先頭へ
| BLOG TOP |
この記事に対するトラックバック
http://tanab.blog37.fc2.com/tb.php/1005-fcd3e5d8
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。