逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
HoSoNoVa - 細野晴臣
YMOは実はあまり聴いてません。
しかしYMO以前の細野さんのソロ作品は大好きでした。今も好きだけど。
YMO以前の細野さんの作品群というのはリアルタイムではないんだけど、不思議と自分の青春の一ページと重なっているから不思議。
それくらい俺も俺の周囲で音楽をやる連中は、普通に細野作品あるいは細野晴臣という人の行動から影響を受けていたんだろうなと思います。YMO散開以降も細野さんが動けばそのたび話題になりました。

当時は、J-POPという言葉は無かったものの、日本の音楽業界に違和感を覚えて違うスタイルを模索してた俺らにとって細野さんの活動は一つの目安のようになってたんだろうなと思います。

細野さん自身、ヒットメーカーといってよい輝かしい足跡を残されている、俗な言い方をすれば「勝ち組」なわけですが、不思議とそういった輝かしい場が似合わない人なんだよな。メディアに出るといつも居心地悪そうにしているという印象。
細野さんの印象は「なんか居心地悪そうにしてる人」という感じなんだな(笑)
さらには自分が気持ちよく生きられる場を音楽で表現してきた人というのも。

CDのブックレットで自ら書いておられるように「東京の中の異国」への強い憧れを形にしてきたんだろうと思います。

その意識が少しずつ変わってきておられるようで、今回の作品では、ブックレットのKimona Girlの解説で以下のように記されてます。

いままで自分が辿ってきたエキゾチシズム~「東京の中の異国」とは違い、東京の過去への憧憬が強くなっている。これが何なのか形容しがたい。地理的な意味はもはやなくなり、時間軸へのエキゾチシズムなのか。そのぼくの混迷した音楽に、最後に「あ、そう?」と答えているのは尊敬するオノ・ヨーコである。


要するに相変わらずフワフワと居心地の良い場所を捜し求める夢見るオッサン(爺さん)ぶりに幸せにさせていただくとともに、その夢を音楽という形で具現化するパワーを維持されているタフネスに感嘆してしまうのでした。

この作品。元々オリジナルはやるつもりがなかったようですが、結果的に半分はオリジナル作品となっています。
細野さんの歌、メロディは勿論、音、詞、そして演奏全て素晴らしいです。
スピーカーで聴いても勿論良いですがヘッドフォンでも是非堪能してほしい。演奏の微妙なニュアンスから隙間の無音まで全てを味わいつくして欲しいですね。
そしてご本人の解説満載のブックレットが濃いです。とても嬉しい。
サケロックとの蜜月ぶりも相変わらずのようですね。伊藤大地氏のドラム素晴らしいです。
サンレコで特集やってたらしいので、後で買いに行こうと思う。

今、こういう音で作品を発表できる人が日本に何人いるだろう。
 

 
HoSoNoVaHoSoNoVa
(2011/04/20)
細野晴臣

商品詳細を見る

スポンサーサイト
【2011/04/25 (Mon) 22:22】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
震災対応中にボート 民主・長島議員「横暴、なぜ」住民批判
久々に長島一由氏の名前を見たなと思ったらこんなニュース。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110406-00000504-san-soci

いやー国会議員になっても相変わらずですなあ。流石ですw
民主党の福島県対策室の副責任者を務めているとのことで、非常事態だよね?なんていう野暮なツッコミはしないでおきましょう。たとえ非常事態であっても休むときはシッカリ休むのが労働者の味方である民主党のポリシーなんですよ? ということで、充実した余暇を過ごされておられるようで何よりです。
「人命救助にも役立つと思った」というような高校生みたいな言い訳もなんか懐かしく感じました。

 東日本大震災で政府が対応に追われる中、民主党の長島一由衆院議員(神奈川4区)が、神奈川県葉山町の海岸に趣味のボートを持ち込み、修理などをしていたとして住民の批判を浴びていることが5日、分かった。ボートを運ぶ際、ミニバイクで牽引(けんいん)していたといい、道交法施行細則に抵触する恐れもある。

【写真をみる】ボートの修理した部分を指す長島議員

 地元住民や長島氏によると、長島氏は今月2日と4日、葉山町の小浜海岸を訪れ、船外機付きの2人乗りボートを海に浮かべるなどした。

 同海岸はマナーの悪い利用者が絶えず、住民が県に要請して3月上旬、海岸に下りるスロープに車止めを設置。ボートや水上バイクの持ち込みができないようになっていた。

 ところが、長島氏は3月下旬、県に対し「住民への周知が足りない」などと電話で抗議。4月1日、県が車止めを撤去したのを確認した後、2日間にわたりボートを浜に持ち込んだという。

 長島氏はボートを持ち込む際、排気量50cc以下のミニバイクで牽引。海岸沿いのバス通りなどを走ったというが、県公安委員会が定める道交法施行細則では、交通量の多い道路での牽引を禁じている。

 同海岸はヨット利用の拠点となる葉山港に隣接するが、同港は震災の影響で、レスキュー艇の燃料確保が困難になったとして、3月30日まで利用の自粛を要請しており、地元住民からは「国会議員の地位を利用した横暴」「震災で大変なときになぜ」などと批判の声が出ている。

 長島氏は産経新聞の取材に対し「ボートの修理のためであり、遊び目的ではなかった。公務の合間を縫って海にいたのは15分程度。救命の全国組織にも登録を申請しており、人命救助にも役立つと思った。これまでにもウインドサーファー2人を救出したことがある。ミニバイクでの牽引も交通量の少ない時間を見計らった」としている。

 長島氏は前逗子市長で、現在1期目。震災では民主党の福島県対策室の副責任者を務めている。





【2011/04/06 (Wed) 21:58】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。