逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
民主党の連中って痴呆なの?死ぬの?
郵政決着 民業圧迫、改革に逆行 「万策尽きた」肩落とす信金関係者

 政府が30日夜の閣僚懇談会で、亀井静香郵政改革相らが推す郵政改革案を了承したことで、民間金融機関が懸念していた「民業圧迫」は確実なものとなった。郵便貯金の預入限度額引き上げに加え、2月発表の政府素案に盛り込まれた住宅ローンなどへの業容拡大にも“お墨付き”が与えられたことになる。地方銀行や信用金庫など地方金融機関は郵便局と競合関係を強いられるだけに、小泉政権以降の改革の後退は、回復の兆しが見え始めた地方経済を再び突き落としかねない。


総理以下アホばかり。
つか、よく2chでは民主党を国賊扱いされてるわけですが、真面目にそう呼んでよいレベルだよなと。

これで郵政関係の票(100万とも言われてる)が確保できたわけで政局は安泰かよ。
もっと、メディアも自民党も声を大にしてこの件について攻撃すべき。
 

スポンサーサイト
【2010/03/31 (Wed) 12:10】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
このページの先頭へ
Emotion & Commotion - Jeff Beck -
彼の音楽と出会ってから30年ぐらい経って、いまだ、彼の新しい作品を聴いてるってのが、なんとも不思議な気分にさせてくれます。
全然レベルは違いますが、俺も彼もだいぶ変わったなあと。

このアルバム。勿論、商売上Jeff Beckというクレジットになってますが、Jeff Beckにはそういう意識は希薄かもしれないと感じました。共同作業で作品を作る意識が高かったんではと思わされます。
オーケストラとのアンサンブルに気を遣いちょっと下げすぎじゃね?と思うほどにギターのレベルを下げていたりする。
それでも、彼の存在感は薄くなることは勿論なく、独特の、彼にしか出せない音を大事に大事に奏でてくれてるんですけどね。緩めのパッセージを弾いても、並のギタリストとは奥行きが全然違うし。
両手使って小器用に弾くわけでもないのにね。
後にも先にも「たかがエレキギター」をここまで極めたのは彼だけだと思います。

いや、作品の話です。
2曲目のようにリフで攻めるような曲もあるんですが、その曲でさえ熱くならずたいへんクールな出来になっている。

プロデューサーのトレヴァー・ホーンと最初に「チルアウト作品」を作ろうって話でまとまったって言われても信じますよ。
そうなんです。俺的には、これ、チルアウトの良作です。

一応名前は売れたものの、Led Zeppelinのようにバンドで成功することを夢見て作っては壊ししていた70年代。あの頃、彼が65歳まで音楽をやってチルアウト作品を作るなんて誰が思ったでしょうか。

でもね。Jeff Beckが周囲の才能溢れるミュージシャンたちと一緒に音楽を楽しんでいることが伝わってくるんですよ。
いい齢のとり方したなあと思います。

これからも、ずっと俺のアイドルです。

そうそう。ベースにはここんとこ一緒に活動してるタルちゃん(Tal Wilkenfeld)が参加してくれてます。次の来日にはタルちゃん来ないらしく、残念でなりません。

Tal Wilkenfeld
 

Emotion & CommotionEmotion & Commotion
(2010/03/23)
Jeff Beck

商品詳細を見る

 



【2010/03/29 (Mon) 09:11】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
夜中に
夜10時ごろ、仕事してたら茶の間にいた嫁が助けてくれと。

行ってみると、隣の家からバッハのオルガン曲トッカータとフーガDm(だと思う)が盛大に聞こえてくる。ものっ凄い音量。
隣の家は、独身男が半同棲状態で住んでるみたいなんだが、これまでも音については色々あった。
しかし微妙にボーダーラインという感じであり見過ごしてきた。
だが、さすがにこれは我慢できないとその家に行き玄関でベルを鳴らす。が、出ない(笑)
10回ぐらい押しても出ない。
ベルなんて聞えないほどの大音量であることは確か。

仕方ないので、俺の家の狭い庭から低いステンレスの仕切りを超えてそいつの家のリビングの窓際に回る。
窓からはそいつの姿が見えたんだが、なんか窓と反対側の壁ぎわの机に向かって窓に背中を向けた状態で座り、猫背の姿勢で手をヒラヒラバタバタさせてるんです。
どうもそいつ的にはオルガン弾きになってるらしい。降霊の儀式でもやってんのかと思ったろ。

窓をドンドン叩くとビックリしたように動きを止めて一瞬こっちを見たように見える。
こっちに来るかなと思ったら来ねえ。無視かよと思ってもう一度叩くがこっちに来ない。
そのうち音量が下がる。

恥ずかしいのか、出てきやしねえ。
お子様かよ。

まあ音量下げたので今回それ以上突っ込むことはせずに戻ったんだが、次やったら出てくるまでしつこく叩くからな。
 

【2010/03/28 (Sun) 12:09】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
このページの先頭へ
jónsi は日本ではワンマンライブは無さそう
日本を含めたスケジュールが発表されました。
http://jonsi.com/concerts

7 August summer sonic festival japan tickets venue
8 August summer sonic festival japan tickets venue

ってことでサマソニ以外の記載はありません。
アジアは日本だけ。

うーむ。
かなり大掛かりなステージセットのようなんで、採算を考えるとワンマンライブは厳しいということか。
サマソニでは当然、今jónsiのサイトで制作過程の一部を公開しているステージセットは使わないでしょう。

7日8日となっていますんで、東京、大阪で1日ずつでしょう。
アーティストとの組み合わせ云々言ってるわけにはいかぬということか。。
 

【2010/03/20 (Sat) 01:02】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Jónsi & Nico Muhly - Live Acoustic Rehearsal
これはいい。大好きなんだよな、こういうの。
最後まで観てほしい。
また、Jónsiの独特なギタースタイルもよくわかる映像になってて、普通にローポジションで弾ける音をメッチャハイポジションで弾いたりしてます。オープンチューニングか、バイオリンボウの演奏の癖なのか。まあ我流なんだろうなと。もしかすると、このスタイルと彼の曲の間には相関関係があるかもねと思ったりしてます。

Jónsiはサマソニに来ますね。ワンマンをやってくれることを期待してるんですが。

Bethnal Green, London. January 28th, 2010 from Jónsi on Vimeo.


 

【2010/03/18 (Thu) 01:24】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
kawol`s harmonic motion ~
ちょっとバタバタしてて直前になっての情報になってしまいましたが、kawolのライブが明日あるんですわ。

"音や金時"と彼は相性が良い感じなんです。行こうと思ってます。

kawol`s blog edition

kawol`s harmonic motion ~ "hymnal 2010"
2010年3月14日(日曜日)大体7時半於"音や金時"
ミュージックチャージ¥2100
音や金時:東京都杉並区西荻北2-2-14喜志コーポB1
tel 03-5382-2020
JR中央線・総武線・地下鉄東西線「西荻窪」駅北口下車徒歩3分




【2010/03/13 (Sat) 15:20】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
THE JACKSONS
なんか、バタバタしとります。

そんな中、ちょっとしたキッカケで1976年から77年にかけてCBSで放送されたJacksonsのテレビ番組"THE JACKSONS"が大量にyoutubeに上がってることを知りました。
これDVDになってないんすね。Jackson5やJacksonsって権利関係で色々ありそうです。

歌あり小芝居ありのバラエティですが、これが楽しい。
小芝居はヒアリングに難がある俺にはちょっとしんどいですが、とにかく音楽とダンス。
米国のTVショーってことで口パクが多いみたいですが、それでも楽しい。ああ楽しいな。浮世の嫌なことを一瞬だけでも忘れさせてくれる楽しさ。勿論、後年のマイケルの言葉にあったように、マイケルをはじめみんな裏では大変な思いをしてるんでしょうけどね。プロですわ。

危篤な方がまとめてくださってます。ありがたや。
http://www52.tok2.com/home/spaceman/tv/dvd/jacksons.htm

EPISODE 01 (imdbではep9)だけリンクしときます。
Jackson sistersとしてまだ幼いJanetも登場してますね。

http://www.youtube.com/watch?v=byrIV6bKvS0
http://www.youtube.com/watch?v=lCEZYH2qMDM
http://www.youtube.com/watch?v=zNsROXSzEz4
 

【2010/03/12 (Fri) 14:51】 TV・ラジオ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
1台のパソコンを最大10人で利用 日本HPが発売へ
http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100309/biz1003091907030-n1.htm

学校とかにはいいかもね。普段授業が無いときは使われず遊んでることが多いし、授業でもヘビーに使うことはない。
けど、いくら学校とはいえ今ほとんどのとこがXP導入されちゃってるだろうから、Windows7導入の動機が強くならないと厳しいかも。

ちょっとTSSみたいな懐かしい印象を持ったけど、たぶんVMみたいな仕組みでクライント数分の仮想環境下でWindowsが動くんだろうから、OSやアプリのライセンスはクライアント数分の購入が必要となるよね。
 

【2010/03/09 (Tue) 21:22】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
なんか御用学者の捏造臭い
米公聴会の証言、トヨタが公開実験で反論
http://www.news24.jp/articles/2010/03/09/10154977.html

 先月、アメリカ議会が開いた公聴会で、南イリノイ大学・ギルバート教授は「トヨタ車の急加速の原因は、電子制御システムの不具合で発生することを実験で再現した」と証言した。これに対し、トヨタは8日、第三者機関の専門家らを招き、「教授が行った実験手法は電子配線を意図的に変えており、ほかのメーカーでも起こりうる」と反論し、実際にトヨタ以外の車を使って急加速の状況を再現した。



トヨタ、米で「電子系異常」に反証の公開実験
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100309-OYT1T00522.htm

実験した教授一派も意図的に配線を変えたことがすぐバレることは折込済みでしょう。
要は、話をでかくして欠陥のイメージを植えつけるだけで十分効果ありってことなんだろうな。
 

【2010/03/09 (Tue) 14:58】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
自民岩手の人材難深刻 参院選・公募選考ついに断念
http://www.kahoku.co.jp/news/2010/03/20100306t31012.htm

小沢帝国ですからね。

しかし、このニュース読んで、羽柴秀吉氏の顔がちらついたのは俺だけではないはず。

 

【2010/03/07 (Sun) 14:43】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ローリング・ストーンズ『メイン・ストリートのならず者』がデラックス・エディション化
http://www.cdjournal.com/main/news/the-rolling-stones/29508

Beggars Banquetから、Some Girlsあたりまで、ストーンズは神作品を連発しておりました。

その間、いくつかピークがあるんですが、Let It Bleedと並んで、Exile on Main St という作品も頂点と言って良いかも。演奏メロディ云々以前に空気感がトンデモないことになってます。
リアルタイムの世代ではないんですが、この頃の作品には思い入れ強うございます。

欲しいなあ。
けど、DVD付きは高いよねえ。オッサンオバサン相手の商売だよねえ。
 
Exile on Main St (W/Dvd) (Dlx)Exile on Main St (W/Dvd) (Dlx)
(2010/05/18)
Rolling Stones

商品詳細を見る


Exile on Main St (Dlx)Exile on Main St (Dlx)
(2010/05/18)
Rolling Stones

商品詳細を見る


THE ROLLING STONES - SWEET BLACK ANGEL

 

【2010/03/05 (Fri) 17:37】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
連休分散化へ反発 某キャスター「バッかじゃねーの?」
連休分散化へ反発 某キャスター「バッかじゃねーの?」
http://news.livedoor.com/article/detail/4637936/

システム屋から言わせてもらうと、めっちゃ大変です。
まあ、需要が発生してありがたいところでもありますが、ポジティブな動機での仕様変更ではないだけに、工賃はメチャクチャ安くたたかれるでしょう。結果、働くほど損するような金額で受注することになると、地獄。
 

【2010/03/05 (Fri) 15:19】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
PLAYER - capsule -
キチンとしたレビューにはなりませんが、メモ的に。

capsuleの新作PLAYER聴いてます。
評価は様々のようですが、俺はワリと気に入ってるほうかな。

例によって引用元の音楽が色々言われておりますなあ。
俺はPerfumeのブレイクからcapsuleもついでに聴き始めたクチなんですが、当時からずっとそうですよね。

しかし、他の人だとパクリといわれてしまいかねないところが、氏の場合、引用の仕方に邪心が感じられないというか、あまりに無邪気なんですよね。作品自体もとても無邪気だよなあと。
capsuleというキャンバスの上に、他からの引用も含めた全ての要素を分け隔てなくぶちまけて再構築して遊んでる感じがします。
勿論金勘定やオトナの思惑やタイアップの都合上の様々な縛りはあるでしょう。
しかし、中田氏はその辺を割り切る形でクリアした後は、子どものような状態で作ってんジャマイカと。
例えば今回の作品の4曲目、8曲目のような曲を作る際、作ってる最中の氏の心の中にアルバムとしてのバランスを考慮することはあっても「これはフロア対応でいくか」みたいな下心は薄いような気がします。「こんなんおもしれーウヒャヒャヒャヒャ」といったノリがかなりの部分を占めてそうな気が。

あまりに爽やかでトゲとか毒が薄いんですよね。

逆にそれがポップスに怪しさや毒を求める人にはちょっと物足りない感じになるのかなと。
色で言えば無色透明。実に爽やかです。

ですんで、「何かを持っている」アーティストさんをプロデュースしてくれるとその辺をうまい感じに引き出してくれていい感じに仕上がるんでしょうな。で、元々「何も無い」アーティストさんをプロデュースすると失敗すると。

デートピアの作品とかと比べると良くわかるんですが、デートの作品は「作品に毒を盛り込もうとする」行為自体の「作為性」「毒性」に拒否反応を示す人もいるだろうなと思うんですよ。歌手の中に疼く「何か」との化学反応を求めてるってところもあるんだろうと思いますし、その辺の外連味も含めて好きな人もいると思うので、需要はあるとは思いますが。

そういうアクの強さが感じられない分、得してるところと損してるところが中田氏にはあるなあと。

このPLAYERというアルバム。
内容だけを考えたら、タイアップ効果などを踏まえても初登場でデイリー3位になってしまうこと自体、ちょっと信じられないんですが、Perfumeファンがかなり貢献してるってことなんすかね?

PLAYER(DVD付)【初回限定生産】PLAYER(DVD付)【初回限定生産】
(2010/03/03)
capsule

商品詳細を見る

 

【2010/03/05 (Fri) 12:57】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Alanisがオリンピック閉会式に出てたよ
オリンピックで歌うと大概は残念な感じになるんで出て欲しくはないですが、お姿を拝めたってことでよしとします。
しかし、グダグダな感じでしたな。閉会式。

出演記念ってことで、1曲。
男を捨てて颯爽とハイウェイを走る絵が似合う女性ですよ。相変わらず。

Giggling Again For No Reason (music and lyrics by Alanis Morissette )

私は一人ハイウェイを走ってる
だれにも言わずにLAを出たの
私を必要とした男が何人もいたけど
きっとみんな一人でやっていけるはずよ

このエクスタシー
感じさせてくれたのはこの道だけ
自由の風が私の頬へ
そして、私はまた意味なくくすくす笑ってるんだ

                          (意訳:tanab)

    




【2010/03/02 (Tue) 20:09】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
janjan休刊
最近はトンとチェックすることも無くなってたJanjanさんが休刊だそうです。
http://www.janjannews.jp/archives/2744447.html

俺、読者登録みたいなのをしてたんだな。メールが来とりました。

このサイトは前鎌倉市長の竹内謙氏が立ち上げたんだっけな。
メディア側に属してない「市民記者」さんによる投稿で成立してたんですが、言論の偏りぶりをヲチするのが面白く、暇なときにのぞいてたんですよね。

原因は、とどのつまりは広告収入の落ち込みのようです。

 暫時休刊の理由は次ぎの3点です。

 第1は、急激な広告収入の落ち込みにより社業を支えるだけの収入の見通しが立たなくなったことです。弊社の事業にご理解をいただける広告主を探しておりますが、この不況下でいまのところは困難を極めており、明確な見通しが立つまでの間は休業すべきと判断致しました。

 第2は、IT技術の急速な発展を見せる中で、BlogやSNS、Twitterが普及する以前から創り上げてきた弊社のWebサイトシステムは技術的に少々時代遅れになりました。新しい技術を取り入れたシステムに更新する必要があり、そのためには、この際、ひと休みして新たな構想を練る時間を取りたいと考えるに至りました。

 第3は、インターネット新聞『JANJAN』は、官情報頼り、上から目線、一方通行型の既成のマスコミに刺激を与えるため、ごく普通の市民が記者になってニュースを書くというインターネット時代にふさわしい市民メディアの創造に挑戦しましたが、このところマスコミ側も市民の投稿やブログとの連携を重視する傾向が顕著になってきました。また、弊社をはじめ既存マスコミに属さない報道関係者が長年主張してきた中央省庁の記者クラブの開放も民主党政権の下で徐々に進んできました。こうした点からみて、弊社の所期の目的はひとまずは達成されたと得心しております。



考えてみると、Janjanが創刊された頃は、まだまだ能天気な時代だったよねえと。
スタッフの皆様、市民記者の皆様お疲れさまでした。
 

【2010/03/01 (Mon) 19:45】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。