逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
掃除完了
掃除完了。つかれた~。
先日の忘年会の疲れを引きずりつつ、なんとか終わった~。

今年も終わりだ。
読んでくださる皆様に感謝いたします。来年も細々とですが続けようかと思っております。
良いお年を。

NHK紅白にPerfumeが出演しますな。
14歳で「絶対紅白に出るけんね」と故郷を後にした彼女たちが下積みを経て6年かけて実らせた浪花節的サクセスストーリーはここで一区切りとなり、来年からは新しい戦いが始まりましょう。
不確定な情報ですが和田アキ子氏(笑)が露骨に彼女たちのスタイルに嫌悪感を表明したとかしないとか。
加工された声、ライブでのボーカルトラックと生歌のミックスに嫌悪感を抱くリスナーはやはり多い。

その辺を無視して突き進むか、一度封印した腹式発声(中田ヤスタカ氏の音楽性に合わせてアクターズで培った腹式発声を封印したことが今のPerfumeの魅力に繋がっているとともに、ダンスしながらの歌唱に制限を与え諸刃の刃になっている)を復活させて鍛錬していくのか、あるいは本人たちがクリエイティブな部分に関わって中田氏と「一緒に作る」ようになっていくのか、どの道前途は多難ですが見守っていこうと思います。

Dream Fighterはこれからの中田氏を中心にしたPerfumeチームのことであり、現在の成功が終着点なんてとんでもないということかなと思います。
 
年賀状、まだ書いてないわけですがorz

◆お掃除BGM:MEG - PRECIOUS

スポンサーサイト
【2008/12/31 (Wed) 17:02】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
掃除中
外の掃除が一段落。
これから中。
隣の梅の花が咲き始めた。
ume.jpg
 

【2008/12/31 (Wed) 12:56】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
クリス・アトキンソンがシトロエンジュニアチーム(M2)入り
http://www.rallybuzz.com/citroen-junior-team-2009-wrc/

元スバルチーム、クリス・アトキンソンの去就が確定したようです。

 シトロエンのセカンドチーム構想はだいぶ前から噂されていたが、この金融危機で情勢が不透明だった。発表された内容によれば、次世代のドライバーを育てることを目的の一つとし、ドライバーの平均年齢も22歳となっている。ドライバーライナップは、昨年もシトロエンC4をドライブしたコンラッド・ローテンバッハ、そしてラリージャパンではPWRCで最後SS残り2.57kmまでトップを快走していたエフゲニイ・ノビコフ、JWRCでドライバーズチャンピオンを獲得したセバスチャン・オジエ、そしてスバルのセカンドドライバーだったクリス・アトキンソンとなっている。



今年のラリージャパンでも才能を見せ付けたエフゲニイ・ノビコフもシトロエン入りですか。素晴らしい。

ということでスバルチームは既にドライバーとの契約を解除してることがわかりました。
エースドライバーだったペター・ソルベルグですが、どうしてもスバルの車で走りたいという思いがあったのでしょう。クリスマス前にスバルの上層部と直談判したようですが、進展はなかったようです・・・

ソルベルグは、クリスマスイヴにエントリーが締め切られた来年の初戦、2月1日のラリーアイルランドへの参戦は絶望となりました。せめて第2戦、母国のラリーノルウェーでは参戦したいという思いが強いでしょう。現在もシート確保のために動いているようです。
がんばれとしかいえませんね。てゆーか、スバルさんなんとかしてやってください。
 

【2008/12/29 (Mon) 13:44】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
無責任な飼い主減らせ、自民議連が「ペット税」導入論
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20081227-OYT1T00834.htm

 動物を飼ってもすぐに捨ててしまう飼い主を減らし、ペットを取り巻く環境改善につなげる狙いがある。議連では、ペットを購入する際に一定額の税金を全国一律で課すことを想定している。
 近年、ペットの飼い主が「飼うのに飽きた」などといった安易な理由で、ペットを捨てるケースが増えている。2006年度末時点で全国の自治体に引き取られた約37万4000匹の91%が殺処分され、社会問題化している。
 環境省はペットの引き取り数を17年度末までに約21万匹に抑える方針を打ち出しているが、財政難にあえぐ自治体は十分な対策を講じる余裕がないのが現状だ。この自治体の対策費の不足分を補う財源として、ペット税が浮上した。

 ペット税の税収は、〈1〉ペットと飼い主の特定につながる鑑札や体内埋蔵型マイクロチップの普及〈2〉自治体が運営する動物収容施設の収容期間を延長するための運営費〈3〉マナー向上の啓発運動費用――などに充てる方向だ。


いいと思います。
反論はあまり出ないのではないでしょうか。

【追記】
mixi見たら、なんか、今飼ってる人が「俺有料飼い主なのに~納得いかん」とか「手放す人が増えるのでは」的なことを言ってるようですが、ニュースよく読んでねと。

ペットを購入する際に一定額の税金を


でございます。
【2008/12/29 (Mon) 00:37】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
いきものがかり - My song Your song -
「いきものがかり」結構好きです。

と「俺音楽知ってます」的なスタンスの人はかっこ悪くて言いづらいところがあるのではないでしょうか?
しかし、「帰りたくなったよ」を聴いてちょっとウルっとくる奴は多いと思うんですよ実際。
特に地方育ちのヤンキーでない勉強できる系の人(掟ポルシェの言うところの草食動物系)の人は共感するところが多いではと思ったりします。
彼らは神奈川県の片隅、厚木とか海老名あたりの出身で、あの辺で路上ライブをしてた子たちとのこと。そういう匂いがあるんですな。俺も神奈川県の田舎育ちで、海老名の隣、伊勢原あたりの空気で育ったところがあるわけなんで、彼らのかもし出す空気感が妙に肌に合うのかもしれません。

My song Your song というアルバム、売れてるようです。
昔のフォークグループのような立ち位置のようで、アレンジに彼等が直接タッチすることは無いようですが、「うた」「詞」が丁寧に作られていますね。手抜きが無いです。

歌詞には適度に文学臭漂う青臭さが欲しいんですよ、俺は。
彼等はポップな恋愛ソングに青臭さをブレンドするさじ加減が絶妙なんですな。実に詞が練れてるなあと思います。YUIとかもそうですが。
韻を踏んどきゃ良いってもんじゃねえでしょと言いたくなる手紙レベルの歌詞が氾濫する中、彼等の歌詞はどうしても光ってみえます。

ナタリーにインタビューが掲載されていました。
若いうちから、アマチュアにありがちな「自らを特別な存在と思い込むことによる自分語りや背伸び」から脱却して、客観的でプロデューサー的な目線を持った創作活動を行っていることがわかります。

作る人間と歌う人間が違うのが、バンドとしてはすごく大きなことだと思うんです。歌がぼくらの人格を離れているから客観的になれるし、この歌はぼくらのためだけじゃなくて聴く人のためにあるんだっていうことがはっきりするんですよね。恋の歌を作っても、それは吉岡の恋を歌ってるわけじゃなくて、聴く人のそれぞれの恋を歌ってることになって。だからよりポップな方向に進んでいくというか。


コアな音楽ファンからは「かっこ悪」と思われても、若いうちからコトの本質そして自らを知り、「これが自分等のスタイル」という形を堂々と打ち出すことが出来たことが彼等が成功した理由のひとつだと思った次第です。
プレイヤーとしては残念ということも言われていますが、ここの男性二人はソングライター(作詞の方に力が入るかもしれません)とかプロデューサーとして、今後も活躍していくのではないでしょうか。
ボーカルの吉岡さんは、勿論、シンガーとして活躍されるのではと思っとります。
 

【2008/12/28 (Sun) 13:57】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
そもそも派遣って
そもそも派遣って、公がピンハネ率を抑えてやるべき公共事業、福祉事業的な業種だったと思う。

企業は、不況時の調整弁として正社員ではなく派遣社員を雇う。福利厚生分のコストを考慮すれば正社員とトントンのコストがかかる。今どきは賞与カットというところも多いから業種や企業の給与体系によっては正社員よりコストがかかる。
不況になればクビを切られるということが前提の就労形式なんである。

問題は、クビになったときに全く社員のケアができない派遣会社にある。何故メディアは派遣会社を叩かず契約を打ち切った企業ばかりを叩くのか不思議でしょうがない。確かに社会的な問題として捉えれば、派遣契約を急に切った企業も取材対象とすべきだが、それでも派遣会社が全く見えてこない点には違和感を覚える。
派遣会社は自社の契約社員にリスクを負わせるのなら、派遣先から支払われる報酬について、会社の取り分を最低ラインに抑えて派遣社員に派遣先の正社員より高額な給料を払うべきなんである。

しかし実際問題、派遣会社は営利目的の企業なんですから、そんなことは出来るわけがない。
てゆーか、そもそも今のような不況時のリスクを織込んだら、派遣業自体が成立しなかったというのが実情だろうし、契約している社員への保障なんぞ到底出来ない派遣会社が多いだろう。

結局クビになった派遣社員は派遣会社がダメダメなことはわかってるから派遣先企業に噛み付くしかないということでしょう。

なんともやるせない気分になる。

【2008/12/18 (Thu) 10:08】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
スズキWRC活動休止&スバルWRCワークス活動終了
http://www.asahi.com/sports/update/1215/TKY200812150287.html
http://www.asahi.com/sports/spo/TKY200812160404.html

スズキが発表した時点で嫌な空気にはなっていましたが、まさかのスバル撤退です。
スズキは休止、スバルは撤退です。

勿論、原因の多くは自動車業界全体の不景気でしょう。しかし、FIAのレギュレーション次第ではまだ目があったのではと思わされます。
2010年からWRCのレギュレーションが変わり、スーパー2000(S2000)に指定されたキットパーツを追加する車で戦うことになります。

スズキはまだ2010年以降復帰する可能性があります。
現在のSX4WRCに根本的な問題があるようで、2009年に車自体とチーム体制の大改造をする必要があるとのこと。2009年を走って2010年以降も参戦する場合、その大改造とS2000車両の開発を並行してやらねばならんと。
となれば、結果を出せるかどうかわからん2009年に無理するより、一旦休止して2010年以降の復帰を目指すのが手堅いでしょうとなるわけです。

辛いのはスバルです。
S2000用のベース車両から開発をせねばならん上に、水平対向縦置きという仕様を無理やりS2000に適用させると、開発費用面でレギュレーションにひっかかる可能性が高くなると。かといってこれまでWRCとともに売りにしてきた水平対向縦置き4WDという設計思想を捨ててまでWRCに参戦して意味があるの?と問われれば、車が売れないご時勢そりゃないわなとなっても致し方ないと。
2009年走らない理由については記事がありました。
http://sports.yahoo.co.jp/news/20081216-00000205-jij-spo.html

森郁夫社長によると、当初の目的は達成したとして、来季終了後に参戦継続の是非を検討する予定だったという。世界的経済危機による業績低迷で1年前倒しして、撤退を決めた。


実際辛いと思います。ブランドイメージを捨てるしか無いほどに厳しい状況ということなわけですよ。

スバルチームのマネジメントをしてたプロドライブは、現時点では旧ホンダF-1チームの引き取り手候補として名前が挙がったりしてますんで、そっちに行くかもです。現行インプに改良を加えて2009年WRCでがんばってくれれば嬉しいですが。

シトロエンも、S2000車両の開発はするらしいですが、それはWTCC参戦を見据えてのことですし、チャンピオンでエースドライバーのローブが「S2000で走るぐらいならWRCじゃ走らないもんね」と発言してるようで、先行きは暗いです。
フォードは、2009年の参戦を発表してますが、2010年以降は不透明です。そもそも会社そのものの先行きが不透明ですし。

スバル撤退は残念です。
踏ん張ってもらって、こんなご時勢、厳しい環境にいる人たちに夢を与えて欲しいものですが、何を言っても仕方ありません。2009年はWRCから日本のワークスが消えます。

逆に、2010年以降、多くの欧州車(Fiat、Peugeot、VW、Skoda、ロシアのRada、BMWなど)の参戦の可能性が高くなったというワケですね。まあその時の景気次第でしょうけど。

あとはドライバーの去就ですが、今はまったく情報がありませんので、続報を待つばかりです。

【2008/12/16 (Tue) 23:18】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Death Cab For Cutie 来日公演
忘れてたー。

2/12 名古屋 クアトロ
http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0854412&perfCd=001
2/14 新木場 コースト
http://eplus.jp/sys/T1U89P0101P006001P0050001P002008063P0030006P0006

◆Death Cab for Cutie - Cath...

 

【2008/12/16 (Tue) 00:20】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
kawol/Let's go to Bethlehem and see this thing that has happened
もうすぐクリスマスですなあ。

この季節になると、kawol氏の表題の作品が聴きたくなるのは何故でしょうね?

無宗教の人でも、クリスマスから正月にかけての時期は、1年の中の他の季節に比べて「幸せになりたい」という気持ちを強く持つ日々が多いのではないでしょうか。
不況不況と騒がれる今でも、そんな庶民の心をとらえてガッツリ稼がんと、クリスマスの名を借りた恋愛ソングを出して年末商戦を戦うアーティストさんが多いようです。

この作品もクリスマス・アルバムと銘打っているわけですが、あたたかな恋愛ともきらびやかなイルミネーションとも無縁な世界が展開されます。
かといって賛美歌ベースってことで神を考えさせられるのかと言えばそうでもない。
多くの人に耳あたりが良い作品では全くない。

しかし、波長さえ合えば、この作品の強さを感じとることが出来ると思います。孤独も貧しさも愚かさも含めた全ての人の生を肯定させる力を内在する作品だと思います。

神の役割のひとつが人の生を肯定するということならば、宗教的な作品とも言えるかもしれません。

世界が不況に喘ぐ今、この作品は昨年より価値が増しているように思ったりしました。

kawol氏のブログ→→http://blog.livedoor.jp/kawl/

kawol_letsgoto.jpg

【2008/12/12 (Fri) 15:47】 音楽 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
2008 Rd.15 Wales Rally GB
WRC最終戦、ラリーGBはローブの優勝で幕を閉じました。

悪いコンディションの中、2位ラトバラとの接戦に競り勝ったローブの底力をまざまざと見せ付けられたラリーでしたね。
スバルもスズキも少しずつ調子を上げてきて最終戦を迎えた形。少しずつ形にはなってきつつありますが、開発スピードがシトロエン、フォードに比べると遅いことは否めません。

日本では、ホンダがF1撤退、トヨタも経費削減を明言しております。今後、モータースポーツにとっては冬の時代が来るでしょう。車が売れないんですからしょうがない。
勝てない状態がずっと続いてきたことで、スバルディーラーの様子を見ると、WRCへの積極性が薄れて行ってるように見えます。ただ、勝てなくてもラリーを続けることが大事という考えもあるようですね。
スバルからグロンホルムフル参戦の噂も聞こえてきました。今後の動向、来年の体制が気になりますね。

1位 Sebastien Loeb (Citroen Total WRT) 2h43'19"6
2位 Jari-Matti Latvala (BP Ford Abu Dhabi WRT) +02"7
3位 Daniel Sordo (Citroen Total WRT) +01'10"5(+01'07"9)
4位 Petter Solberg (Subaru WRT) +01'49"6(+39"0)
5位 Per-Gunnar Andersson (Suzuki WRT) +03'54"1(+02'04"5)
 
【2008/12/12 (Fri) 00:03】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
バイアスてゆーか(笑)
久々にHIBIKILLA BLOGさんを見たら再び大麻ネタ。
大麻にまつわるマスコミの不思議なバイアス

大麻も覚せい剤も精神に影響を及ぼす点で「悪」である、と同列視するのならば、せめて覚せい剤関係のニュースは大麻関係のニュースの6倍はあってしかるべきではないでしょうか。なのに実際はその逆…。
単純に疑問。何で?



普通に考えて、相撲界の件と、芸能人の使用および高校生大学生の販売使用摘発の件のせいだと思うんだけどな。
メディアの動向なんて今どきは基本的に視聴率とスポンサーの絡みで考えれば大抵つじつまが合うかなと。ネットならアクセス数。
相撲界の大麻事件はでかかったよね。

それを深読みしてしまう脳内のバイアスを解除しないとまずい気がします。

陰謀論じみた解釈はあまり感心しないよな。
陰謀論はネタとしては楽しいけどね。
 
【2008/12/08 (Mon) 09:27】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
kooks at cafeMURIWUI
これは良いグルーヴ。kawol氏と越智氏のユニットkooksのcafeMURIWUIでのライブ映像から。

kawol氏の今年最後のライブは12月14日日曜日、西荻窪「音や金時」での"kawol's harmonic motion"。問い合わせ等は氏のブログまで。→http://blog.livedoor.jp/kawl/

"growl" - kooks at cafe MURIWUI

【2008/12/08 (Mon) 00:23】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
座礁した船
台船が城ケ島沖で漂流し、葉山沖で座礁/強風の影響の可能性

ということで芝崎までチャリンコにて見に行った。
結構野次馬が来ていた。考えることは皆同じか。

油漏れなどなくて幸いです。他のブログを見ると付近の生態系を心配する方が多いようです。ごもっともです。
しかし、誤解を恐れずにあえて書くと、俺はこういう異物感が嫌いではない。すみません。
とはいえ、勿論早く撤去されることを心から願っております。

座礁した台船
 

【2008/12/07 (Sun) 23:53】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
クリス・アトキンソン車クラッシュ後 2008 Rd.15 Wales Rally GB
ラリーGB大荒れのコンディションのようです。
凍結路面をスタッドレスで走行せざるを得ないというしんどい中、ヒルボネンがSS5でコースオフ転倒で順位を大幅に下げ、SS7でスバルのアトキンソンがコースオフ転倒&車炎上リタイア。病院搬送されたようですが無事とのこと。
Day2終了時点の順位は
1 Jari-Matti Latvala (BP Ford Abu Dhabi WRT) 1h47'52"4
2 Sebastien Loeb (Citroen Total WRT) +07"3
3 Daniel Sordo (Citroen Total WRT) +27"9(+20"6)
4 Petter Solberg (Subaru WRT) +52"5(+24"6)
5 Per-Gunnar Andersson (Suzuki WRT) +02'06"1(+01'13"6)

ラトバラはチームオーダーを気にする必要がなくなり元気みたいです。スバル勢、インプレッサはトラブル色々みたいすね。そんな中、ソルベルグはじわじわ頑張ってるようです。

アトキンソン車のクラッシュ後の動画がありました。普通の車ならよく生きてるよなという状況ですね(汗)




【2008/12/07 (Sun) 17:08】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
歴史大作ではなく娯楽大作 - レッドクリフ -
昨夜レイトショーで観ました。

コンセプトは明快。三国志を下地にしたアクション娯楽大作。そういった意味で成功してるんじゃないでしょうか。
三国志をちょっとかじった人なら「ありえねえ」を連発すると思いますが、その辺は一旦クリアして娯楽作品としてみることをお勧めしたいです。

曹操を悪、劉備を正義とした三国志演義をベースに、変にインテリぶらず軸をぶらすことなく、関羽、張飛、趙雲、諸葛亮、そして周瑜をヒーローとして描ききっており実に爽やかです。てゆーか、監督、趙雲、周瑜が大好きなだけちゃいますかと。

見所は当然合戦シーンになります。ジョン・ウー監督やりたい放題です。大軍がぶつかるシーンも見せ場ですし、諸葛亮を除く上記4人のヒーローは個別にアクションの見所が満載。諸葛亮については八卦の陣まで大々的に見せてくれて、戦法についてはからきし素人の俺でも、これまでのうすぼんやりとしたイメージを補完してもらったように一瞬だけ感じました。(元々幻のような陣形なんで、ちょっとだけでも夢を見せてくれるという点が大事なんです。)
人が虫けらのように殺される厳しい時代をキッチリ見せてくれます。あんなに人の命が軽い時代を経て今があること、今でもそういう土地が残っていることをちょっとだけ考えたりもしました。

ついでのように周瑜のラブシーン、曹操が周瑜の嫁(小喬。当時絶世の美女と謳われたらしいです。)をモノにしたくてたまらないという流れがありますが、今のところは、これはオマケみたいなものと感じました。俺は駆け引き謀略合戦シーンだけで作って欲しいと思いましたし、監督もそうしたかったんではないかなあ。
が、まあ、色々あるだろうし仕方ないでしょう。

レッドクリフ公式サイト
 

【2008/12/06 (Sat) 14:33】 映画 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
マーカス・グロンホルム、WRC復帰の噂
某掲示板とかブログで囁かれております。
まだ未確定情報ですが、復帰先のチームはスバルってことらしい。モータースポーツ通の電脳Maximum Attack!!さんによると、発信元はソルベルグのブログとのことww。
スバルとしては、現在の低迷の原因が車だけにあるのかを見極めたいという真意もあるんでしょうが、グロンホルムは天才型のドライバーだけにインプレッサWRC2008でも速いんだろうなと思ったりします。

あまりに有名なグロンホルムの天才ぶりを改めて感じたのは2005年です。信頼性がさほど良いとは思えないプジョー307でトータルで好成績は出せていませんが、トラブルが無いレースでは圧倒的な速さを誇示しておりました。2005年はグロンホルムのチームメイトは、前のシーズン、フォードで好成績を残したマルコ・マルティンでしたが、彼は307WRCの挙動になじめず凡庸な成績しか残せませんでした。WRCのトップドライバーは皆さん雲の上の人たちなワケですが、中でもグロンホルムは多少セッティングが悪かろうが強引に乗りこなしてしまうことが出来る天才型の人という印象を持ってます。コリン・マクレーとかもそういうイメージがあるドライバーです。

そんな天才をチームに呼んでも根本的な解決に繋がるのか疑問は残ります。サスペンションメーカーを変更後、ラリージャパンでは悪いコンディションに助けられたとはいえステージトップタイムを数回マークしてるわけなので、「これから」というときにこういう動きがあるとドライバーのモチベーションにも影響があるでしょう。

しかし、開発能力には定評のあるマルコ・マルティンをテストドライバーとして招いても低迷から脱出できていない今、上からの圧力もありましょうし、エースのソルベルグの能力を疑うという次のステップに進むほか無いのかもしれませんね。

【2008/12/05 (Fri) 08:51】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
いじめの本質
広い海へ出てみよう by さかなクン

彼の話はフィールドワークの体験から得た力強い内容のものが多く、納得させられることが多々あります。
これも空疎な脳内理論ではなく、観察から得た名文ですね。2年も前の文なのに今まで知りませんでした。

【2008/12/04 (Thu) 13:31】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
このページの先頭へ
セクハラ、パワハラ…低俗番組に倫理問う声
セクハラ、パワハラ…低俗番組に倫理問う声 BPOが意見検討
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/081130/tnr0811301806008-n1.htm

リンカーンでセクハラすか?
後輩女芸人て森三中すかね。だと、「ガキ使」の企画の中で怒った浜田が大島だか村上の乳揉むみたいなネタがあったけどそれに近いものなんすかね?アレは笑ったな。森三中、金もあるのにまだまだ頑張ってるなと思ってしまいました、すいません(笑)
ケツ出し、恥部出し、乳揉まれみたいのは森三中のお家芸だからな。。。けどゴールデンではマズいかもね。

とまれ、このニュース読んで久々にリンカーン見たくなり、今見てます。
つまんなくてずっと見てなかったんですが、久々に見たらなんかちょっと面白れーww。すぐ飽きたけど。たま~に面白いんだけど、わざわざ待って1時間潰して見たくはならないんだよな。

これで笑える俺も低俗なんでしょうなあ。
今の笑いへの需要ってブラックホールみたいなもんだ。たまに面白いコンビがいても、なんせ消費の速度が鬼のように早いのだ。沢山の芸人が世に出てはあっという間に消えていく。ダウンタウンもしんどいでしょう。そういえば松本人志がちょっと前に休みたいって漏らしてニュースになってましたね。

企業の広告予算が軒並み削られてTV全体がもがき苦しんでいるみたいです。バラエティだけでなしに報道(偏向報道)やワイドショー、ドラマ(低俗化、陳腐化)への批判なども多いです。
TVの今後も景気次第ですね。

そうそう。「いじめを助長する」ってのは的外れだと思いますよ。この番組やバラエティ番組が消えればいじめは減りますか?
別にTV見なくたって巷には(大人の社会には)いじめや非道徳が蔓延してるじゃないですか。子供はオトナを見て育ってるだけのことです。

【2008/12/02 (Tue) 22:49】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
エラー コード 100000d1で心が折れる
エラー コード 100000d1に久々に遭遇。
修正中のDBがお釈迦となる。

どう考えても昨日増設したHDD増設用のPCIカードが原因です。本当にありがとうございました。

久々に心が折れた。
【2008/12/01 (Mon) 13:18】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
0系新幹線ラストラン
http://www.asahi.com/kansai/travel/news/OSK200811300049.html
40歳以上の世代ですと感慨深い人が多いんじゃないかな?

走れ超特急

ビュワーン ビュワーン 走る
青いひかりの 超特急
時速250キロ
すべるようだな 走る



当時誰もが思い描いた夢のような近未来を具現化した、高度経済成長のまさに顔であった0系。
時代とともに、SLやオート3輪みたいに、おじさんが夢想するノスタルジックな風景の中のアイテムとなっていった。
今この0系が引退するというのは、少年の頃の甘美な思いにトドメを刺されてる気持ちがしないでもないです。
さて現実に直面しましょうか。

【2008/12/01 (Mon) 09:40】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。