逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
吉幾三×Capsule×DaftPunk×BeastieBoys StarrySky - IKZOLOGIC Remix
吉幾三RIMIXでは現時点で最強か。
youtubeの方は音ズレが酷かったんでニコニコをリンク。

スポンサーサイト
【2008/04/30 (Wed) 12:38】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
Perfume 武道館2days決定
zeppクラスの箱でのツアーのチケットが数分(横浜の追加公演は数秒で無くなったみたいだし)でソールドアウトとなってしまう現在、当然の成り行きとして武道館ですね。
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/music/080428/msc0804281550001-n1.htm

今年はもう勢いで行くとこまで行って、来年からは3人の将来を見据えた地道な活動をして欲しいですなあ。

【2008/04/29 (Tue) 08:27】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
D1 GRAND PRIX
長男に付き合って富士スピードウェイにD1グランプリ第2戦を見に行った。

D1には興味が無かったんですが、まあいいもんですねと思いましたです。
そもそもドリフト→ヤンキー&走り屋君集合みたいな先入観を持ってる人は考えを改めた方が良い。確かに、ヤンキーや走り屋の子たちの割合は多かった。しかし、そうでない普通の家族連れも思ったより多かったです。

何故かと考えるに、D1というのはモータースポーツのおいしいとこを効率良く楽しめるからに他ならないと思った次第。F1やWRCと違い、知識を持たずとも楽しめるのである。
内容は、サーキットのS字の部分をドリフトを使ってクリアする瞬間芸を競い合うというもの。ドリフトの内容に応じてポイントをつけてベスト16までを決定し、それ以降は2台で勝負するトーナメントとなる。トーナメントでは先行追走を入れ替え2回の勝負で決着をつける。
瞬間芸ではあるが、その中でスピード感、スリル、駆け引きなどのレースのアクティブな要素が効率よく詰まっている。レースでもっとも興奮する「コーナーでの追い抜き」が発生する確率も高い。レースを知らない人でも気軽に楽しめる競技になっておったのでした。

さらに良いのは、ドライバーと観客の距離感が近く、かつアットホームであること。
使用車は市販車の改造車。使用タイヤは市販製品を使うというルールになっていることで、競技も楽しいものになるし、車好きの人を取り込みやすいんである。巷のカスタムショップも、タイヤメーカーもこの競技に参加するメリットがある。
#スポンサーとしてはタイヤメーカーが一番出資してるようです。

ドライバーも気さくで面白い人が多く、ライバルとはいえレースが終われば和気あいあいとしておりアマチュアのラリー競技みたいなアットホームな感じ。優勝セレモニーも権威などにはまったく興味無い風で大げさにせず、楽しさを強調しておりました。
#優勝賞金も50万円で実に和やか。

で散々褒めた後になんですが、やはり見に行くならスーパーGTとかWRCがいいなあとも思ったりして(笑)
【2008/04/29 (Tue) 07:37】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
富士
長男に付き合って来てるんですが、午後は路面乾くかもね。
20080427.jpg

【2008/04/27 (Sun) 08:32】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
オノ・ヨーコ、「イマジン」の無断使用で映画制作者を提訴
http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-31481320080424?rpc=112

ジョンの作品の使用には五月蝿いことで知られているヨーコ・オノさん。愛するジョン・レノンの遺産をキッチリ管理する責務を感じておられるんでしょうかね。
しかし、この曲はもうパブリックドメインにしても良いとも思う。


【2008/04/26 (Sat) 17:54】 おもしろニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
音楽著作権管理、JASRAC独占の疑い・公取委が立ち入り
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080423AT1G2301G23042008.html

今頃ですか。とはいえ公取委GJです。

いや、むしろ何故今なのか、考えてみる必要がありそうです。
個人的には、特にネットでの著作権関連の取り締まりを引き締めていくに当たって、とりあえず形だけでも評判最悪のJASRACの禊をしとこうという意図があるのかもしれんとも思えたりします。

形だけの立ち入り検査なのか、成り行きを見守りたいです。
本当は、国税局にも検査をして欲しいところですが。

【参考】
著作権侵害の動画 高速検索サービス開始へ NTT

【2008/04/23 (Wed) 12:45】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Perfumeが1位獲得!YMO以来約25年ぶりの快挙
タイトルはYahooのニュースから持ってきました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080422-00000000-maiall-ent
PerfumeのアルバムGAMEが週間チャートで1位となりました。よかったですねー。
お気に入りの音楽がオリコン1位になるなんて初めてですよ。

にしてもYMOですか・・・
要するにテクノと銘打たれた音楽アルバムが1位になったのがYMO以来ということであります。(Perfumeには「近未来テクノポップユニット」という肩書きがあるんですよねw)
TVでは「テクノ」というキーワードで、新橋のおじさんやおばさんにインタビューをするという誘導的な紹介をしててゲンナリしました。世間一般的には分かりやすい表現ではありますが
Perfume!?
そんなもんオッサンが好きなピコピコじゃろ?
みたいな解釈をして聴く機会を逃す人も出そうで、不満は残ります。新作では既にテクノ、ハウス、エレクトロニカといったジャンル分析も無意味になりつつありますし。俺はむしろアイドルポップスと堂々と言ったほうがスッキリします。

今回のアルバムの売れゆき、さらにそれ以上に前作「コンプリートベスト」のロングセラーと再浮上を見てて、彼女たちのキャラクターと勢いという初速度に加えて、表現の新鮮さ、作品のPOPで刺激的な内容が受け入れられたんだなあと改めて思いました。

携帯とタイアップして売り出される他のアーティストのようにデビュー時に多額の予算をかけてもらくこともなく、5年にわたって低予算、低待遇の中、安易に妥協をせずリスキーなチャレンジを続けて結果を出した中田氏とスタッフ、3人のアイドルで構成されるPerfumeチーム、さらに解雇せず我慢した事務所(アミューズ)とレコード会社(徳間ジャパン)に心から敬意を表したいと思うのであります。

今後もチャレンジを続けていく以上、それが常に成功するとは限りません。しかし、レコード会社、事務所は現状を維持して収益を安定させたいのは当然です。ぶつかることも多々あるでしょうし大人ですから多少の妥協もあるでしょう。

このチームがどのように立ち向かっていくか、ファンとしてキッチリ見守っていきたいですね。
【2008/04/23 (Wed) 11:20】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ブレイクというのはこういうことか
PerfumeのアルバムGAMEの売上推移を見てみた。
デイリー1位を獲った翌日に順位を3位に下げ、3日目は2位、4日目の金曜に1位に返り咲くという流れだった。
以下、2chのチャート速報板から数字を転載。

       Perfume  HY    ゆず   YUI   EXILE  宇多田
――――――――――――――――――――――――――――
14(月)   ---,--- ---,--- ---,--- **6,165 **4,497 **2,377
15(火)   *35,493 *25,732 *25,035 ***,*** ***,*** ***,***
16(水)   *13,216 *20,647 *15,154 ***,*** ***,*** ***,***
17(木)   **8,544 **9,522 **6,951 ***,*** ***,*** ***,***
18(金)   *11,750 **7,724 **4,408 ***,*** ***,*** ***,***
19(土)   
20(日)   
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
指数合計  *69,003 *63,625 *51,548 **6,165 **4,497 **2,377

2日目には初回盤はアマゾンでも売り切れとなり即マーケットプレイスに高値で出品される状況になった。町のレコード屋でも売り切れが続出したらしい。
結局のところ上記の35493から13216、8544に落ちていく推移の原因は「売り切れ」が主だったようである。再び商品が出回ったと見られる18日(金)には、11750に上がり再度1位になっている。

アマゾンでは初回盤は売り切れ状態が続いており、全体を見ても10万枚プレスしたと言われている初回盤が発売後1週間で入手困難になりそうな予感である。下手するとこの土日で10万枚売り切ってしまいかねない勢いである。

ネットでは「商品供給が後手になった徳間はビジネスチャンスを逃した」みたいな軽い嘲笑があるようなんだが、要するに徳間ジャパンも各レコード屋も、ここまで売れるとは思ってなかったというのが実情なんではないか。だって、正直ファンでさえもここまで売れるとは思ってなかったんですから(笑)
もう、これはしょうがないですよと。

全く予想外のことが起きた。
ブレイクというのはそういうもんなんだなということを実感した日でありました。

【追記】
アルバムGAMEの出荷数は通常盤含めて35万だそうです。
初動分が徳間の予想を超えてたとしても、在庫はキッチリ確保してあったようですね。
【2008/04/20 (Sun) 15:33】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
幾三が普通にかっこいい - 脅威のスンクロ率 -
最近、流行りモノ音源にIkuzoの「おら東京さいくだ」をかぶせて動画サイトにアップしてる人がいるんですが、これがなかなか良い。いい感じでスンクロしてますな。

Ikuzo cruising Love
http://jp.youtube.com/watch?v=-Yr6sGchbjA
ポリ幾三
http://jp.youtube.com/watch?v=uHyjRVmmk54

幾三の声って素晴らしかったんだなということを再認識。
【2008/04/18 (Fri) 22:56】 音楽 // TRACKBACK(1) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
GAME - Perfume - なんか発売日のデイリー1位みたいです
Perfumeのセカンドアルバム(前作はベスト盤だったのでオリジナルアルバムとしては実質1作目)がリリースされました。
なんか、デイリー1位だそうですwww

聴きました。
アルバムとして素晴らしいなと思ったですよ、正直。
正真正銘アイドルのアルバム作品だと思います。かつPOPSの作品として傑作になってるというこの面白さ。

もはやアイドルではないみたいな感想も多々ありましょうが、このアルバムは間違いなく、中田ヤスタカ氏によるアイドルプロデュース作品であると思いました。プロデューサーの中田ヤスタカという人は、一見クールですが、人のために尽くして力を発揮するタイプだと思います。見事なツンデレです。

さらに言うと、ここまで声加工すると歌ってるのPerfumeじゃなくてもよくね?みたいな話にもなろうかと思いますが、それもまた甘い。
現時点で、Perfumeの3人ほど素直な濁りの無い発声ができる若手が芸能界にどんだけいましょうか?
彼女たちはデビュー以来、テクノ的なフォーマットの楽曲に合わせるため、それまでアクターズスクールで仕込まれてきたDiva的歌唱法を捨てて歌に感情を込めずに歌うという課題を与えられてきたわけです。感情を込めるディーバ的歌唱法というのは、実は歌い手の個性を発揮する手段かというとそうではない。むしろ、今となっては有体の歌唱法をなぞることで個性を消してしまうことが多いように思います。だから巷で良く流れているavex系のディーバさんたちを聴いても、俺はもはやピンとこないわけですよ。

感情を込めてビブラートだのコブシだのを転がさなくても、声に感情は入るもんだし個性はにじみ出るんですよ。さらに言えば、どんなに加工してもそういうのは残る。「autotuneで個性が消され」といわれるが消されるわけではない。むしろautotuneをかけて魅力が無くなる声はそれまでということです。
声に特徴の無い素人さんを持ってきてそのまんま歌わせても、こんな感じになってしまってシックリこない。
http://jp.youtube.com/watch?v=hUFOkMqz4Ek
フォロアーが出て気づくんですが、彼女たちのやや周波数高めで濁りの無い素直な声というのは意外と無いぞと。しかも3人それぞれお互いを引き立て合えるような持ち味をしっかり持ってるという、なんつーか奇跡。
近田春夫氏が彼女たちの声を評して「不幸な声」と言ってました。「それは悪い意味ではなく、根源的な悲しみが感じられる」と。おそらく中田氏はインディーズの頃から、その辺に気づいてたんではないかな。彼女たちがそれを理解して身に着けるまで時間はかかったようですが、インディーズ3作目のビタミンドロップのあたりで、完成に近づいてる感じです。

いや、プロの歌手としてテクニックで聞かせるというのも勿論これまで通りアリでしょう。しかし、アイドルという衣を身にまとうことで、そういう制約から自由になれる(and リスクを背負う)わけです。と、ここまで考えるとやはり小西康陽が思い浮かんでしまうわけですけどね(笑)

なんかアルバム以外のことが長くなりましたが、GAMEはそんな彼女たちの良さを見事に発揮しつつ、さらに様々なポテンシャルを示唆しつつ、アルバムとして良い作品になったなと。おそらく、中田氏は製作の前にそういった課題を自分に与えたんでしょうね。それを見事にやりきってるあたり恐ろしいですが、それもPerfumeという才能があってこそでしょう。

個々の作品についてはあまり語る気がしません。アルバムとして気に入ってるので。しかし、キーとなってるのは、意外と不評の8曲目、Take me Take meかなと思いました。アルバム作品としての膨らみを与えているように思えます。
曲を個別に見れば当然様々なアーティストの影響が当然入っていますが、そんな野暮は言う気にもならない。

最後に心配事をあげるとなると、やはりライブですな。いや、心配せず楽しみにしとりましょう。

あ、アマゾン、売り切れてますね。。。
perfume_game.jpg



【2008/04/16 (Wed) 22:19】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
いつまでにできる?
社会の一員として生息している限り日々「いつまでにできる?」という縛りで人は生きている。
そしてそれをスムーズに説明でき、実行できる人は仕事ができる人と言われる。

確かにそうなんですが、なんか最近ある現場の若い人と話していて、「いつまでに云々」という話をされたときに変な違和感を覚えた。
俺は仔細をすっ飛ばして「いつまでに」と持ち込むという行為を自然に躊躇無く実行している(おそらく仕事ができると言われている)若手さんの感覚に違和感を覚えたのだ。

若い人は、多忙な業務の中、焦っていたんだろうし、日々上司からそのように鍛錬されているんであろう。こっちは気を遣いつつ話を巻き戻さねばならない。

「いつまでに云々」という話をする場合、そこに持っていくまでの筋書きがある。この筋書きをすっ飛ばすと、そのツケは実質的な作業遅延とか、品質の劣化に現れる。

忙しいのは分かるんだが、結局物事はひとつづつ順を追って解決していくしかないのだ。
丸投げして納期と結果だけにこだわっているとそのうちコケる。良い結果を出すため、雑な仕事にならないようにするための気遣いは仕事を依頼する側、依頼される側双方で気遣い合って持っている必要がある。
そんな気遣いすら出来ないような切羽詰った状況から、偽装や欠陥商品というのは発生するんだろうと思いますぜ。

◆BGM:Death Cab For Cutie - Transatlanticism




【2008/04/14 (Mon) 19:34】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
ブル
レッドブルを一気に飲んで徹夜作業開始である。
朝までにデータの移行を終わらせる。。。つもり。

風邪ひいて以来咳が治らないなあ・・・

◆お仕事BGM:Owari No Kisetsu - Haruomi Hosono & Akiko Yano


【2008/04/12 (Sat) 02:13】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ちょっと生歌披露が増えるかもね
またPerfumeネタですいません。

昨日かな?NHKのMusic Japanという歌番組に出たときの映像なんですが、生歌が結構前に出てました。
http://jp.youtube.com/watch?v=0-LCyavkqAk

Perfumeの最近の曲の特徴でもあり課題だったのは、生歌で歌うことをあえてスルーした細かく激しい振り付けにあったわけです。(ライブでは半分は生歌のようですが。)
さほど彼女たちのライブに詳しいわけではありませんが、これまでのライブでは、ライブ用の音源のボーカルトラックと生歌のボリューム比を曲によって調整して対策してきたように思います。
しかし、このMJでは、これまで以上に3人それぞれの状況に合わせて細かく生歌へのエフェクト処理具合とか生歌比率を調整しているように聞こえます。
上記ビデオではポリループの後で息があがっちゃったりしてますんでまだ完璧とはいえないんでしょうが、きっと色々尽力しているんでしょうな。

Perfumeとスタッフは、顧客満足度という観点でキチンと生歌披露という課題に取り組んでいるように思えたのでした。新作も出来、過去の曲の比率が減ると生歌比率も減ってしまう。このままいくと非常にまずいということは自明でした。これまでもエフェクト要員的裏方さんはいたと思うのですが、ツアー終了までは専属みたいな形で拘束したりして完璧を目指してくれてたりしてねと。
んで、彼女たちももしかすると、売れない頃には予算的都合で出来なかったであろう様々なトレーニングとかをしてるかもしれません。

【2008/04/11 (Fri) 10:33】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
シークレットシークレット(Music Video)
森永乳業のロングセラーアイスPinoとPerfumeが、がっつりタイアップしたMusic Videoが完成したようです。新作GAMEの中ではおそらく「切ない」「懐かしい」系に寄ったシークレットシークレットという曲のMV。

映像ディレクターは児玉裕一氏。
金かかってます。
内容もてんこ盛りで凝ってて、それでいてくどくない。単純に楽しむことも出来、深読みも可能。
要するに良い出来ですなあ。
途中に出てくるオースティン・パワーズみたいな司会者は、彼女たちが売れない時代からPerfumeをアイドル界最後の希望と推してきたRHYMESTERの宇多丸氏です。

これまでおそらくこの作品の足元にも及ばない予算で素晴らしいPerfumeのPVを作ってきた関さんが可哀想になります。しかし関さんが作り上げてきた積み重ねが無ければこのMVも出来なかったというのは一目瞭然。このMVも過去の関作品へのリスペクトが随所に織り込まれています。



あ、本家サイトだとステレオで聴けるな。
http://www.mtvjapan.com/special/ptv/video.html

【2008/04/10 (Thu) 23:41】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
川内康範さん死去
凄い日本人がまた一人亡くなられたという思いです。

このニュースに触れたときのリアクションとしては「あー、おふくろさん騒動の作詞家の先生か。」とか酷いのだと「あーあの耳毛か」といったりアクションなどがあるかと思います。

俺も川内先生が滅茶苦茶凄い人だったんですねというのは、たけくまメモで初めて知った次第。
下記リンク、興味があればご一読をお薦めします。

川内康範先生の想い出(1)
川内康範先生の想い出(2)

とまれ、ご冥福をお祈りいたします。
【2008/04/07 (Mon) 20:47】 ニュース // TRACKBACK(2) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
また風邪ですか
うむう。

金曜夕刻からダウンしてます。
普通昼間寝てると夜に目が醒めちゃうものですが、いくらでも寝られるというのは何なのでしょうか。

【2008/04/06 (Sun) 18:17】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
世界で一番ダサいPV
と評判のPVです。
コーヒー吹いた。非常に疲れているのですが、さらに力が抜けた気がします。

こっちくんなwwww


◆Armi Ja Danny - I Want To Love You Tender

【2008/04/04 (Fri) 04:37】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
脱力
月曜は深夜まで客先でシステム更新作業。火曜は朝から客先。その後深夜まで作業。
昨日の客先では既にあくびを我慢するのに必死でしたが、案の定、今日は寝坊。

無理がきかなくなってますなあ。

◆だらだらBGM:Just Thing - FISHMANS -


【2008/04/02 (Wed) 11:38】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
エイプリルフールということで
ゆ~ちゃんです。いままです。ぐっちです。三人合わせてエイプリルズです。

http://jp.youtube.com/watch?v=s59DBcw_LQE

公式サイトはこちら。
http://aprils.jp/index.html

なんかゆ~ちゃんの顔、めっちゃ腹立つ(笑)

【追記】
エイプリルフール限定ということでもう上のyoutubeの方は消されたようです。
ニコ動の方は残ってるのでそっちで見てね。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2854303
サイトも元の状態に戻りましたね。昨日は凄いことになってたんだが、流石にあのままは無いわな。
というか完璧な計算で作られた1日限定のプロモーション的遊び心に拍手。既にその効果は出ている模様です。
【2008/04/01 (Tue) 23:56】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。