逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
腹イテー あ、そういえば租税特別措置法改正案
正月に酷い風邪ひいて腹やられた。

ということで、もう同じことは無いだろうと思ってたら、ここ2日ほど、また下痢症状。
胃腸が調子悪い。食べ物あまり入らない。

まさか・・・ノロ・・・?!

と疑うも、ノロだと微熱が出るらしい。熱は無いのでしばらくは様子見。

揮発油(ガソリン)税の暫定税率維持を含む租税特別措置法の件については、「つなぎ法案」を引っ込めたんですね。経済通の人々の「世界的な経済危機の中、こんなことに手間取ってるってアホ?」という声の中、与党も与党だが、政局に持ち込むも中途半端な野党も野党。

あ~ちゃん

といった気分です。

いや、地方へのばら撒きの問題は、常に議論されトライしていかねばならない問題である。それがたま~に暫定税率といった案件が出たときだけ噴出する。いますぐにどうこう言える問題ではないんである。
かといって、暫定税率。即刻撤廃したらしたで地方から悲鳴が上がる。しかし支払う側もそろそろ臨界点。撤廃すればどうせ代わりにどっかを削る。民主党は国家事業の地方負担を減らすとか言ってるわけでしょ。税負担は結局国民に返ってくる。
結局、幾多の問題は自立できない地方という構造的問題を解決できないとどうにも抜け出せない。いやマジで地方は体力なさ杉。土木に頼り杉。仕事なさ杉。
かといって安直に自立と言うのも違うだろと。幕藩体制が理想ですって言ってる人いますが、お前、貧乏な藩の悲惨な状況とか踏まえて言ってんのかと。幕藩体制(ようは地方の完全自立)は地域格差を認めることが前提の話である。しかも、ここまで農業がグダグダな状況でどうすんのと。
先のこと考えるとほんとに良いネタは無いな。
ココ最近の閉塞感のせいかどうか、ドラッギーなハウス系の音を聴くことが増えてる気がしまう。


◆お仕事BGM
Dj Sasha en Love Parade

スポンサーサイト
【2008/01/30 (Wed) 23:50】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
音楽の子供はみな歌う - サンボマスター -
前作よりよりシンプルで力強い音に仕上がったなあという印象。かっこいい。

前作は音楽や人への様々な思いが編曲とかの音楽的な振幅となってたと思うんだけど、今回の作品は、その思いが編曲とかでなしに音そのものの奥行きに深みを与えてる感じ。夫々の音が輪郭をもって攻め込んでくる。
んでもってデビュー当時とは圧倒的に状況が変わっても、山口という男は歌うこと伝えること誠実に生きることと正面から向かい合うことをやめてないことが伝わってくる。

ファーストアルバムに勝る作品は作れるの?という声が今だに聞かれる中、彼らはとっくにそんな呪縛をものともせず新しい地平に向かってるんですねえと、改めて思う。

評判良いみたいです。売れてほしい。

「ひかりひとしずく」という曲は、銀杏BOYZ峯田氏の「光」への山口氏からのアンサーソングみたいな気がする。気のせいだろうけどね。
また一緒にライブをして欲しいものです。

音楽の子供はみな歌う - サンボマスター -

音楽の子供はみな歌う



【2008/01/27 (Sun) 13:40】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
夕日
昨日は足柄に仕事。
中断が面倒だったんで昼飯を食わずぶっ続けで仕事して3時に上げる。

丹沢はうっすらと雪をかぶっていた。冷たい風が気持ちよかった。
この時期の丹沢は大好きだ。I Love 丹沢。
梅はまだ。

帰路、夕日が素敵だった。

そうそう。
長男が高校合格。おめでとう。

少年少女!! 青春爆走!!!!
めぐの安!!!!

◆彼への合格祝い。
光のロック by サンボマスター

【2008/01/25 (Fri) 15:37】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
選挙
今日は仕事。

合間に町長選挙に行った。なんか鬱々とした気分になった。
何故かは考えないことにする。

◆お仕事BGM
Where Did You Sleep Last Night by Nirvana

【2008/01/20 (Sun) 22:55】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Baby Cruising Love / マカロニ - Pefume -
Perfumeの16日発売のシングル、Baby Cruising Love / マカロニを聴く。

CDで聴いてみると色々思うところがあったのでメモっておこうかなと。

前作からさらに進化したエッジの効いた音と音圧に圧倒されたと先のエントリで書いたが、それが改めてCD音源で2曲とも聴いて確認できた。
前作ポリリズムの後ということで、事務所サイドからは「売れる作品を」とか、「ミディアムテンポで」とか、「カラオケで歌える曲で」といった雑多な注文もあったはず。凡庸な作家なら悩むはずである。結果グダグダなものが出来てくるというのは良くある話。
しかし、中田ヤスタカという人は、いい意味で空気を読まないというか唯我独尊というか、これまで進化してきたコンセプト(J-POPにありがちな感傷的なメロディの起伏ではなく、徹底的に作りこみをしてリズムと音楽全体の「気」で聴かせる。)をぶらすことなく、んでもって、事務所側の要望にもおそらくは「おおよそ」応えたものを作ってしまった。 ※この「おおよそ」が結構キモかもですね。
また、リミックスやマッシュアップが動画サイトをにぎわすことでしょう。

あと、Perfumeというのは、女の子3人組のアイドルユニットと呼べる形態なんですが、その捉え方は正しくないなと。
俺はPerfumeを最近知って過去の音を手繰っていった口なんですが、そんな新参でも(新参だからこそ)、何故、メジャーデビュー以来、売れない時期を通してここまで一貫したコンセプトを維持し続けることが出来たのかなと考えてしまうのです。
その結果、Perfumeって、フロントの3人、楽曲担当中田ヤスタカ氏、振り付け担当のMIKIKO氏、PVやジャケットデザイン等美術全般を担当する関和亮氏、スタイリスト、事務所スタッフのチームじゃんと思えてきたわけです。
各自、自分の担当部分については強力な発言権があるが、他人が担当する部分については信頼をして任せる。要するにトップダウン形式のチームではない。トップの迷いで迷走することが無い。
それが、歴史と実績を積んでチームワークを培いここに来て結果が出て自信が加わり、理想的に機能して現在に至っているのである。
ライムスターの宇多丸氏はPerfumeのブレイクについて「奇跡」と熱く語っておられたが、まさに、このチームの成立からしてそもそも奇跡ですねと。それがアミューズという事務所がたまたま売れない頃の彼女たちを放置してたおかげなのかどうかは定かでは無いんですが・・・

まだまだこのチームでの進撃は続くでしょう。

ただ、こういう理想的形態にはいつか終焉が来るもの。それがわかっているからこそ、今、理想的な形で輝く彼女たちに多くの人が関心を持つのでしょうね。
BCL.jpg


【2008/01/16 (Wed) 00:05】 音楽 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
マルコ・マルティン、スバルと公式テストドライバー契約
1月5日のニュースだったんですが、書くの失念しとりました。
マルコはやはりスバルと契約を交わしました。ただし、テストドライバーとしてです。
http://news2.as-web.jp/contents/news_page2.php?news_no=13872&cno=51

本人は、この裏方の仕事に情熱を燃やしているようです。

彼にはWRCの表舞台に立って欲しいよなあ。
しかし、コ・ドラのマイケル・パークをレース中の事故で失って以来のWRCドライバーとしての引退状態は今もって変わっていない。本人がWRCでは乗る気が無いかもしれない。

だが、実際、サードドライバーのチェビー・ポンスとスバルの契約が参戦数等の面でこじれてるという話も伝わってきてることから、その可能性は無くは無いだろうと思っています。

彼も32歳。もう一花咲かせて欲しいですね。
【2008/01/14 (Mon) 22:47】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
テスト用PCの入れ替え
テスト用PCのHDDから異音。終焉間近を直感。

いただきもののGatwayだったが非力でもあったため、この機会にサブのテスト用として普段は使ってなかったDELLのPCに交換することにした。DELLのがハイスペックなんだが、省スペースPCなのでHDDが1個しか入らない。
ここに無理やり2個搭載させる。HOMESで金具を買ってきてケース裏に強引に固定。空いているスペースに無理やり押し込む感じ。熱だいじょぶかとも思うが、問題出てから対処しよう。

メモリー不足だったので、DDR400 512MB(ノーブランド品)を中古で買って来る。この週末に作業したかったので、横須賀で買ったんだが、新品の通販製品より数百円高いという現実。店で新品買おうものなら、通販の2倍近い値段になる。(比較は全てノーブランド品)
もうアホかと。

急いで欲しかったので我慢するが、ホントにこういうものを店で買うことが無くなった。

★お仕事BGM
Doing It Right video by The Go! Team



【2008/01/13 (Sun) 16:44】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
道夏大陸 Perfume篇 - なんかレベルアップしてます -
先に紹介したPerfumeドキュメンタリーが一度削除された後レベルアップしてるのに気づきました。
削除された原因とおぼしきところをカット。さらにZepp東京のカウントダウンライブを追加。字幕の細部を微調整してレベルが上がっておる。

レベルアップ後の動画は↓
・ニコ動
http://www.nicovideo.jp/watch/sm2009668
・youtube
1.http://jp.youtube.com/watch?v=XXOvQ-F_wNA
2.http://jp.youtube.com/watch?v=pN2JEhZ-gm0

作者に敬意を表して再掲。

【2008/01/12 (Sat) 16:42】 音楽 // TRACKBACK(1) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
蒼天航路
長いことキチンと読もうと思いつつ不思議と縁がなかったこの作品。
たまに歯医者とかラーメン屋などで歯抜け的に読んでるのみであった。

今日、別件でブックオフに寄ったついでに5冊だけ購入。
やばい。はまらないわけが無い。

蒼天航路01


最初にモーニングで読んだときは劉備のキャラが新鮮だったなあ。
【2008/01/12 (Sat) 02:28】 マンガ // TRACKBACK(2) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
情熱大陸Perfume編
クリエイティブなファンが多いよなあPerfumeはと、つくづく思う昨今。
そういう人間を損得勘定抜きで動かしてしまう勢いと魅力が今のPerfumeにはある。

情熱大陸Perfume編↓
http://www.nicovideo.jp/watch/sm1998026

著作権の話はおいとくと、ネットに散乱したアーカイヴだけで画質以外は地上波にも劣らないレベルのドキュメンタリーを(上記作品はパロディですが)作れてしまう。上記Perfumeのドキュメンタリーも元ネタは全てニコ動とかyoutubeだろう。

しかし、実際にPerfumeのCDを万単位の売上に乗せるにはまだ地上波の力が必要だったということもも示しているわけです。既にそうなっていますが、地上波は今後さらに創造性の高い部分をわずかに残しつつ全体としてはマーケティング的な部分がさらに膨れていくんでしょうね。2年後3年後にはどうなってるのかな。

にしても作者は編集上手すぎw


【2008/01/10 (Thu) 10:53】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
少し立ち直ってきた
本調子でない。
まだ腹の方がいまひとつ。けどまあがんばった。

明日からいよいよフル稼働開始である。
さあ、働け働け働け俺!!ということで、UnderworldのRez-cowgirl をKoyaanisqatsiの映像とご一緒にどうぞ。


【2008/01/06 (Sun) 22:28】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
風邪ですかね?風邪でしょうね
昨日からダウンしてます。

午後になって少し気分が良くなったので布団から這い出てみる。
普通に腹へったので餅食ったらまたちょっと気分が悪くなってきました。

ということでまた寝ます。

★おやすみBGM
赤とんぼ by 森山愛子
http://jp.youtube.com/watch?v=xA0pgTuNF68
【2008/01/05 (Sat) 14:08】 日記 // TRACKBACK(8) // COMMENT(4)
このページの先頭へ
黒田如水 - 童門冬二 -
昨年買った本をやっと読了。面白かった。
如水という人は、この本のあとがきにあるように清濁併せ持った人というイメージがある。司馬遼太郎の播磨灘物語では清の方に重心を置いていた感があるが、この小説は、その濁の部分により焦点を当てて描いている。坂口安吾の「二流の人」に近い。
「二流の人」の流れを汲みつつ、如水の打たれ強さ、危機管理能力をより広げて描き、独自の味わいを持つ二流の人を描いておられると。

人を心底憎むタイプの人間は策士には向かないだろうと思ってますんで、三成への憎悪ぶりについてはちょっと疑問もあるわけなんですが、そのほうが話としては面白くなるなあと思った。
司馬氏の描く如水は淡白すぎるんである。その方が俺好みではあるが、ドラマチックにはならないよね。

黒田如水

【2008/01/02 (Wed) 22:49】 書籍 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。