逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
EPSON DIRECT MR3100
お客さんのメインPC用に購入。

http://shop.epson.jp/mr3100/

省スペース型のPCながら、出荷時にあらかじめHDDを2個搭載できてRAID構成(RAID 0、RAID 1)も可能。デザインもまあまあ。

今回の用途は、ファイルサーバとメインPCの兼用。そこそこサーバ的用途にも使えて外観がすっきりしてるこのマシンが最適。
価格的には、デスクトップ最安のモノと比べると若干高いが、良いのではないかなと。

サラリーマンの頃からEPSON DIRECTのPCはなんか好印象がある。

HDDを2基搭載しなければ、Macmini風味な外観のこっちにしたんだがなあ。

スポンサーサイト
【2007/08/30 (Thu) 01:30】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(14) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
スクープ 中国「毒」は日本発/総力特集 by AERA
人民日報社が、AERAの記事を引用して鬼の首とったみたいな記事書いてます。
中国食品の「毒」は日本から来た

元ネタ→スクープ 中国「毒」は日本発/総力特集

朝日さんの本領発揮ですな。

むしろ読んでみたくなった。朝日の電波戦略にまんまと乗ってしまってる気がします。
【2007/08/28 (Tue) 19:29】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
また休めない
土曜は法事にて大宮へ。

国保連への請求データ作成機能の開発が大変。来月には稼動させる。
その他私事諸々、子供の宿題まで面倒見てると仕事は深夜におよぶ。

休みたい。
【2007/08/26 (Sun) 13:16】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Windows XPマシンは08年1月31日に生産終了
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0708/22/news076.html

正直困る。
2008年末ぐらいまではなんとかなるかなと思ったんだけどな。
法人クライアントでVista搭載機を欲しがるところは皆無。となると今年末は、XP搭載機特需がある悪寒。
【2007/08/22 (Wed) 19:24】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(17) // COMMENT(5)
このページの先頭へ
内藤憮然…大毅戦ファイトマネーはチケット歩合制
1日もまともに休めないまま8月を終わるというのも久しぶりでないか。

まあ良いですけど。

ニュースをチェックしたら、内藤×亀田戦での内藤へのファイトマネーは歩合制だそうで・・・

宮田ジム側に用意されるチケットは約1000枚で、平均見込みで完売すれば、約2000万円になるが、



↓これだけの試合をしてチャンプになった男でも、歩合ですか、そうですか。割当分のチケット全部さばいて2000万ですか・・・

http://www.nicovideo.jp/watch/sm662576
http://www.nicovideo.jp/watch/sm702674

ファイトマネー総額は3億とか言われてたが、どういう感じに分配されるのか興味はつきません。弱小宮田ジムサイドはプロモータ金平氏の言いなりということなんでしょうか?
とまれ、経済というものの無情を感ぜずにはいられません。

いや、しかしボンサクレックは凄いですな。体調悪くてアレですか。素人目にも凄みがわかる。勿論、内藤も凄いですけど。個人的には、亀は早々に片して、万全なボンサクレックとの試合を今度は大会場で、ゴールデン枠のTV放映でやって欲しいものです。
【2007/08/22 (Wed) 12:33】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ノムさん続投!三木谷オーナーが確約
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20070821-OHT1T00047.htm

いやいやいや。
楽天本体の方が心配です。

三木谷さんといえば、夏前にこんなこと(笑)を言ってたわけですが。。
http://www.atmarkit.co.jp/news/200705/17/rakuten.html
ジョークですよね?これ。改めて大上段からこれ言われても・・・この道はいつか来た道の思いがあります。
まあ、がんばってほしいです(棒読み)

【2007/08/22 (Wed) 00:25】 ニュース // TRACKBACK(2) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ホミサイド殺人捜査課
「ホミサイド殺人捜査課」は、一番好きな海外のTVドラマである。

ポーの誕生日「墓にバラを置く人物」は作り話だった?

というニュースを読んでて思い出した。

「ホミサイド殺人捜査課」は、ボルティモアを舞台にした刑事ドラマ。バリー・レビンソンとトム・フォンタナが製作総指揮。
主人公の刑事たちは一癖ある連中ばかりで決して正義漢ではない。事件は、すっきり解決する場合もあるが、陰鬱で希望が見えない結末を迎えたり、最後まで解決しなかったりと、変にリアル。アメリカという国の表皮をめくってその裏側を舐め回すような印象のドラマであった。

そのドラマに、エドガー・アラン・ポーをモチーフにしたエピソードがあった。以下、ファンサイトエピソードガイドから引用。

ある事件の容疑者を尋問しているときに、ルイスとケラマンは10年前の殺人について知る。ハワードとマンチはその事件の捜査に当たる。彼らは生き埋めになったユージーン・エルウィンの白骨死体を発見する。容疑者ジョセフ・カルデロはエドガー・アラン・ポーに取りつかれ麻薬を配る麻薬常習者である。マンチはカルデロのポー崇拝を利用し、自白させるために心臓の鼓動の音を使う。カルデロは歩く・・・しかし音は彼につきまとう・・・彼は自分を壁に埋める・・・。



人種問題、麻薬、貧困、銃、冤罪といった問題を取り繕うことなく表現し、鬱々とした感情、やり場のない怒りが溢れる。そんな中、ちょっとした言葉とか笑顔が実に救いになる。それが体感できるドラマであった。
DVDが欲しいんだが、米国版しか出ておらず日本で発売する予定はないようだ。

トム・フォンタナはこの後、ホミサイドの刑務所でのエピソードをヒントにOZ(オズ)を制作する。全編、刑務所内の話で、女性がほとんど出てこない。暴力、同性愛、麻薬、殺人、人種問題、宗教などが複雑に絡んだエピソードが狭い刑務所を舞台に延々と続く。「しゃぶれよ」「アッー!」といったシーンも満載である。全く救いようの無い展開の中、これも友情や愛(例えホモでも愛は愛)などか細い一筋の光に、もの凄く救われる。
そういえばOZにも壁に生き埋めになるエピソードがある。ビバリーヒルズ青春白書シリーズでディラン(笑)を演じた役者が囚人役で出たんだが、彼は生きたまま壁の中に埋められてしまっていた。
【2007/08/19 (Sun) 21:35】 TV・ラジオ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
1文字5円、卒論に代行業者…大学は「見つけたら除籍」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070818i111.htm

大学で勉強するしないは個人の勝手だからねー。と考えるとその延長線上には、こういう商売があったかーと。

俺が学生の頃は、経済学部とかはラクチンと言われてて、理系の俺は羨ましかったものです。理系の学部は実験して実験結果の検証考察をしなきゃならんから手抜きが出来ないもんで。試験も暗記だけじゃ解けないし。卒論も、基本的には実験やテスト、プログラミングの試行錯誤の結果をまとめたものだから、人まねは難しい。

が、あれから20年以上。経済や法科といえど、いつまでもあの調子じゃまずいだろと思ってましたが、まだこんなラクチンなんですなあ。
#記事によると卒論代行は経済学部やとか法学部が圧倒的らしい。

フィールドワークや実践学習を効果的に取り入れられないんですかね?
なんか今でも試験直前にコピーとって丸暗記すればOKな感じに読めますね。

大学を就職や自己実現のためのステップと捉えれば、卒論制作が自分の目的に合わない場合、当然時間の無駄と考える人もいるわけで、意外と有能な学生が使ってたりしてな。

文系で学生を勉強で縛るというのも、学校経営のことなども含めて考えると微妙な感じなんでしょうかね。
【2007/08/19 (Sun) 00:59】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
A STRANGERY ISOLATED PLACE by ULRICH SCHNAUSS
部屋に居ながらにして気分を高原の山荘の窓際気分にしてくれる便利なCDである。
試聴購入はこちら

20070818031039.jpg


【2007/08/18 (Sat) 03:11】 音楽 // TRACKBACK(18) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
しんどいよー
色々な意味、公私ともにメゲそうになるが、まだがんばれる。

【2007/08/16 (Thu) 11:20】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
ブレーメン前の方を見よ
葉山の客先に立ち寄った後、新横浜の客先へ。
その後、葉山に戻って商工会へ。

なんか、慌しい。

車中はずっと、くるりの「ワルツを踊れ Tanz Walzer」を流しっぱなし。

「ブレーメン前の方を見よ・・・」(ブレーメン BREMEN)
歌詞全文→http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/28982/Y046825
童話である。
俗っぽい言い方だが、こういう詞を書いて製品化できる日本の中堅ミュージシャンは、日本ではくるり(てゆーか岸田)しか居ないような気がする。ベテランだと中島みゆきが思い浮かぶ。

「言葉は三角で 心は四角だな まあるい涙をそっと拭いてくれ」(言葉はさんかく こころは四角
歌詞全文→http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/28982/Y046836

映画「天然コケッコー」の挿入歌になっている。「ジョゼと虎と魚たち」における「ハイウェイ」のハマり具合を連想して、もの凄く映画を観たくなるが、今ちょっと忙しい。既に予告編で見事にハマっている感が漂っている。
天然コケッコー→http://www.tenkoke.com/

「喜びとは誰かが去るかなしみを胸に抱きながらあふれた一粒の雫なんだろう」(Jubilee
歌詞全文→http://music.yahoo.co.jp/shop/p/53/28982/Y042392

タモリ倶楽部でニヤニヤしてるだけの鉄ヲタではないのだ。
このクオリティは、なかなか、ちょっと無い。

【2007/08/10 (Fri) 19:21】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
懲戒免職処分軽減は良いんですが
懲戒免職処分を受けた公務員が不服申し立てをして、停職などに軽減されるという件がいくつか報道されている。

酒気帯び運転:懲戒免職の弘前市職員の処分、停職に軽減

飲酒運転の教諭「懲戒免職」から「停職6ヶ月」に

上記以外にも、時折見かけるこの手のニュース。
本人が裁判所などに不服申し立てをして、それが通り、処分が軽減されること自体はかまわないのだが、何故にいつも匿名なのかという疑問が残る。
本人は、自分の信念に基づいて不服申し立てをしてそれが通ったわけだから、名前を隠す必要は無いだろう。堂々としていれば良い。何か後ろめたいものがあるのか。
メディアが気を遣っているのか、本人や周辺から匿名でお願いという要望があるのか知らんが、実名報道すべき。

【2007/08/10 (Fri) 09:28】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
リリースしたばかりの
客先から珍しく電話がない日であった。

3時ごろ、なんかほっとした気分になるが、いやまだ油断はできんという思いも交錯する。

koumei_wana.jpg


かもしれないではないか。

ということで油断せず待機して、結局何事も無く1日が終わってしまいまいした。
一安心とともに、相変わらず司馬懿仲達な気分でいる。
「安心するな、これは孔明の罠だ。」
システム開発というのは、とどのつまりは孔明の罠との戦いである。

【2007/08/08 (Wed) 01:04】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
カイジ アニメ化決定(らしい)
やっと二俣川から帰ってきた。
暑いわ、頭痛がするわでやる気が出ません。

そんな感じで何気にmixiを見てて知ったんですが、カイジがアニメ化されるらしいです

賭博黙示録のジャンケンからやってくれるのか、賭博堕天録からなのか、気になるところですが、ジャンケンからやっていただき、利根川先生の名セリフを拝聴したいものです。

20070807155301.jpg



【2007/08/07 (Tue) 15:54】 マンガ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
二俣川
免許証の失効再交付が終わり帰りの車中。
相鉄沿線も家が増えたね。
【2007/08/07 (Tue) 13:08】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
運転免許証更新忘れ
今日気が付きました。

今年の2月15日更新なので、更新忘れてから5ヶ月と20日。
あと10日を過ぎると「仮免許だけが交付され、本免許の学科・実技試験を受験し直さなくてはなしません。」という状況になる。
今ならまだ、「講習・適性試験(視力テストなど)でOK!」という状況のようだ。

いやーん。早速、明日二俣川に逝こう。
【2007/08/06 (Mon) 00:27】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
早速内輪モメかよw
民主・前原氏、「テロ特措法延長必要」と発言

どちらもがんばってください。(棒読み)
【2007/08/05 (Sun) 17:50】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
鎌倉逗子横須賀
鎌倉の客先に逝った後、逗子の客先に立ち寄り、横須賀へ。

PC DEPOTにて、デスクトップ用のファンを購入。

なんかハードディスクの温度が高く警告が出てしまっていたのだ。
HDDにじか付けするファンを装着してあるんだが、経年劣化のせいか今年の夏は昨年より温度上昇が激しいようだ。

そこでじか付けのファンに加えて、でかいファンをケース前面に付けてハードディスクに直接風を送るようにセット。温度上昇は収まった。

自宅で使っていると、常にエアコンをつけてるわけではないので、PCもツライですよね。
【2007/08/05 (Sun) 17:34】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
御施餓鬼会
お施餓鬼会に逝ってきた。

この会は、釈迦の弟子、阿難尊者の餓鬼供養のエピソードに由来している。修行中に餓鬼が現れ「お前は余命3日、死後は餓鬼となり苦しむだろう。それが嫌なら、明日、無数の餓鬼とバラモンに多くの布施をしろ。」と阿難尊者に告げる。阿南尊者は釈迦に相談し、餓鬼へ布施を行う方法を教わり、その通り実行して死を逃れたというもの。

餓鬼とは、仏教用語でいう六道の中でも、しんどい方の道、地獄道、餓鬼道・修羅道、畜生道の方の餓鬼道の中の人を指す。餓鬼道は飢えと渇きに苦しむ道である。水を飲もうとしても水が血の膿となって飲むことができず、喉が針のように細いので食べ物をお腹一杯食べることもできない、そして口から火を吐いているので食べ物が燃えて食べることすらできない。
要するに常に欲と飢えに支配され、満足を知ることが出来ない世界。子供を餓鬼と呼ぶのは、腹一杯となっても常に「目で」食べ物を欲しがり満腹、満足を知らない子供を餓鬼に例えたというわけ。

と、ここまで書けばおのずと分かんですが、餓鬼道は、現世の至るところに在る。いや、そもそも六道というものも元々は人間が考えた道。地獄・餓鬼・修羅・畜生・人間・天上という6つの世界は、人が想像しうる世界であり現世の迷いを例えた世界なわけです。輪廻という言葉で大げさに語らずとも、人間は常にこの六道を行き来している。

餓鬼は、常に欲に支配され満ち足りることを忘れた人。な~んだ、TVを賑わしているあの人やあの人。みんなそうじゃんということですね。
資本主義って餓鬼道じゃね?とする向きもあろうが、所詮は個人の生き方の問題なんで、それはやはり極論。

お施餓鬼会というのは、餓鬼をはじめとして無縁仏など普段供養してもらえない様々な霊を供養し、その功徳を少しだけいただこうというもの。要するに、自分や家族だけではなく、餓鬼をはじめとして広く他人や他の生き物にも布施の心で食物を与え合おうという考えに基づいた儀式といえる。

こういう儀式に参加して法話を聞き手を合わせるという行為は、人間としてバランスを保つためには実に有効な方法であると思う。
今回の施餓鬼会、予想外に多くの人が参加され盛況であった。住職が宗教者として誠実に精力的に活動されているようでその結果なんだろう。

檀家という制度が継承され、宗教という意味での寺が衰退して久しいが、今後ますます人生の明暗が極端になり六道が明確に現れる時代になると、宗教は人の生活の中でさらに大きくなるでしょう。寺にも本来の意味で宗教性が求められる。当然、教義、教祖(住職)の魅力などで、盛衰が分かれていくでしょう。

法話では勝ち組負け組という言葉を否定的に使われていたが、寺も勝ち負けが明確になる時代が来ているようだ。


【2007/08/04 (Sat) 10:34】 日記 // TRACKBACK(1) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
希望は天上にあり、實行は脚下にあり、後生須らく實行の人たれ
タイトルは、最近発見された、司馬遼太郎が旧制中学校5年生(17歳)の時に、後輩へ贈る言葉として書いた「卒業生片言」の文章。

その文章が発見されたという記事はこちら

上村洋行・同記念館館長(63)は、「地に足をつけて物事をながめ、次に天上から全体を俯瞰(ふかん)する司馬の考え方の骨格が、既に出ている」という。



とあるが、俺には、天上の夢に恋焦がれる思いと、氏らしい合理精神が矛盾したまま17歳の氏の中に共存しているように思えた。
天上から全体を俯瞰しているというよりは、青春期の氏がまるで「坂の上の雲」を仰ぎ見ておられるような気がして、心地よい気分になる。

微妙に陽明学の匂いがするのは気のせいか。後に司馬氏は陽明学に心酔した河合継之助を取り上げて「峠」を執筆する。氏自身は陽明学について批判的な見方も持っておられたようだが(大人の目線からすればそりゃそうよね。)、何せこの頃は17歳だからな。影響を受けたと考えても不自然じゃなかろうと思ったりした。
【2007/08/03 (Fri) 00:58】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Windows Vista
自分のクライアントではVistaを使っているところが皆無なんで、これまで手付かずにいたが、とうとう触ってしまった。

とあるVista搭載マシン(Inspiron1420なんだけどね)のOSをXPにダウングレードすることを試みたが、一部のドライバが動作せず断念。
DELLの米国サイトにはXP用のドライバも用意されているように見えたんだが、完全ではなかった。各方面のドライバサイトを彷徨うもとうとう相性の合うものが見つからず断念に至った。

で、Vistaに戻して最新の状態にしたわけなんですが、まだまだ不安定ですね。全てのドライバを可能な限り最新にしても、どうも不安定。要するにドライバがまだ完全ではないのだろうと。
最初からついているWebカメラ用のソフトなども、タイミングによっては終了時にプログラムエラーでこける始末。Media Playerもイマイチ。
パソコンなんてドライバが安定しないと、面倒な仕事ばかり増えて使う気が起きないものなんです。
かといって、新たなチャレンジがあるかといえば、セキュリティぐらいなもんか。画面はOSXを追っかけてるだけだし。

やはり2K、XPで積み重ねたノウハウ、資産を企業が簡単に手放すはずは無く、98から2K、XPに移行したときのような「安定性」という明快な動機も持てない状況では、現状のVistaはつらいでしょう。じゃ、将来安定したときにVistaが主流になるのかといえば非常に微妙な気分だし。
結局のところ、XPのサポート切れというネガティブな動機でしか先が見えてこない不毛な感じが心にしみます。

まあ画面はきれいだけどね。それだけなんだもんな。


【2007/08/02 (Thu) 11:12】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(2) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。