逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
却東西門行
北方三国志7巻目、赤壁之戦までを読了。

北方さんは赤壁の戦いの後にこの有名な詩(後半部)をもってきた。曹操が吟じつつ泣くというのはどうよ(しかも吟じながら酒に酔った曹操が許緒に支えられつつ彼には涙を隠さないという、ちょっと"うほっ"な描写)とは思うものの男のロマン臭プンプン。

曹操「却東西門行」

鴻雁出塞北
乃在無人郷
挙翅萬餘里
行止自成行
冬節食南稲
春日復北翔
田中有轉蓬
随風遠飄揚
長與故根絶
萬歳不相當
奈何此征夫
安得去四方
戎馬不解鞍
鎧甲不離傍
冉冉老将至
何時反故郷
神龍藏深泉
猛獣歩高岡
狐死歸首丘
故郷安可忘

鴻雁 塞北を出でて
乃ち無人郷に在り
翅を挙げて万余里
行きて止まり 自ら行を成む
冬節 南稲を食み
春日 復た北に翔ぶ
田中 転蓬有り
風に随ひて遠く飄揚す
長く故き根より絶り
万歳 相当たらず
此の征夫を奈何せん
安くにか四方に去り得ん
戎馬 鞍を解けず
鎧甲 傍を離せず
冉冉老い将に至るべし
何れの時ぞ故郷に反らん
神龍 深き泉に藏み
猛獣 高き岡を歩む
狐死するとき帰らんとして丘に首う
故郷安くんぞ忘れ可けん


解釈は却東西門行でググってみてね。

ちなみに好きな三国志武将ランキングというのがあって、俺の贔屓、荀は22位。もっと上でもいいんジャマイカ。

スポンサーサイト
【2007/05/31 (Thu) 09:12】 書籍 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
永谷園のチャーハンの素と山本潤子様
午前中、予期せぬトラブルで外出。中途半端な感じで家に戻り昼飯。

ご飯が残っていることがわかっていたので、コンビニでレトルト品でもと思ったがこれというのが無く、永谷園の焼豚チャーハンの素を買ってみた。チャーハンの元なんて20年ぶりぐらいに使った。昔は不味かったんだよな。
で、作ってみるとこれが意外と美味い。永谷園の焼豚チャーハンの元、侮りがたし。焼豚が入ってたのかどうかよくわからなかったけど。

チャーハン食いつつ「いいとも」を見てるとなんか山本潤子様が出て「翼をください」を歌っておられるんです。過去のヒット曲を歌っていただくという微妙なコーナーだったが、そういうところにも気楽に出て下さる気さくな人なのかもしれませんね。
お年を召されたことは否めませんが、相変わらずの神の声でございました。
【2007/05/30 (Wed) 13:30】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ギタリストを殺さないで by bloodthirsty butchers
なんかポジティブだなあというのが第一印象。

バンド結成20周年ですか。彼等も40歳なんですなあ。俺とほぼ同世代でこれだけクリエイティブな人がまだいるということに元気付けられるのだ。創造することを諦めず、しかもクオリティを落とさない。凄いです。
田淵ひさ子加入後のアルバムとしては2枚目になるのかな。前作よりギターの一体感が増した感じ。轟音なのに繊細。ザックリしてるようで練りこまれてる。相変わらずの味わい深いスルメアルバム。
安いオーディオや車で聞くと彼等の魅力は不思議と半減する。なるべく良いステレオで大音量で。あるいはヘッドフォンできくべし。

東京のライブは7月12日だったな。

ここにアルバムについてのインタビューがあった。

20070529011620.jpg


【2007/05/29 (Tue) 01:19】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
MYUTAサービスの敗訴とJASRAC
ストレージ利用は著作権侵害 東京地裁

ネット上にデータを保存するサービスはすべて著作権侵害で違法です

「またカスラックか」とか「地裁のDQN判決か」とか「また高部真規子か」といった声が多々あるようですが、結局のところ著作権関連の法整備の立ち遅れというものを再認識してしまう事件なわけです。

システムの中枢になるサーバーは同社が所有、管理しており、同社にとってユーザーは不特定の者。複製と公衆(不特定多数)への送信の行為主体は同社だ。

という判決文には、冗談かよと言いたくなってしまうわけだが、要するにジャスラックとしては、
著作権対象音楽をコピー保存する意思の主体がCDを買ったユーザだろうが、業者だろうが関係ない。著作権管理対象の音楽を不特定のクライアントから有料でストレージにコピー保存させる行為はとにかく違法。

ということなんだろう。
データ個人利用をサポートするという観点は無視され、著作権管理対象のデータを使った金儲けはどんな形であれとにかくダメという判例になってしまったわけである。まだ地裁だけど。

確かに今回のケースは著作物を使った金儲けである点に異論はないんだが、そもそも論として著作権法というのは誰のためのものかという点がまたしてもぼやけてしまったのが残念。
著作権法第一条には
文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。
とある。

文化の発展に寄与するため著作者の権利を保護することが著作権法の目的だ。で、今回の事件、MYUTAというサービスが、著作者の権利を侵害するシステムなのかということだ。
百歩譲っても、ジャスラック的には、このシステムをつぶすでなしに、「金よこせ」というのが正しいあり方だろうと思うのだが。仮にこの手のサービスへ課金する制度が未整備でも、iTMSの時のように暫定措置を提案するのが大人の態度だろう。

しかし、今回のケース、ジャスラックは「金よこせ」とは言わず潰したわけである。場末のスナックにでさえ「こんばんはジャスラックの者ですが。」と乗り込む小マメな彼等がである。そんなところに、ジャスラックという団体の底意地が見え隠れしてる気がして微妙な気分になる。

ジャスラックが、著作権および著作者を守る団体なのか、著作権をネタに金をもぎ取る団体なのか、というアンケートを実施してみたい今日この頃です。
【2007/05/27 (Sun) 16:58】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
北方謙三の三国志
やっと5巻まで読了。
6巻では諸葛亮が登場する。電車通勤すればすぐ読み終えるんだがなあ。

吉川英治の文体は苦手なんだが、こっちはスラスラ読み進められる。横山光輝の漫画(ベースは確か吉川三国志だけど)と共に初心者にはこっちがお勧めかも。
【2007/05/27 (Sun) 00:16】 書籍 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
久々にDELLの新品を買ったんだが
DELLは、俺のInspiron700mが非常に調子良いので好印象がある。
余計なソフトもさほど入っていないので、買った直後に無駄なアプリを削除する手間もさほどなかった。
同業の人にDELLというとDELLっすかwと笑われることもあるんだけどね。そんなに悪いか? 少なくとも法人の場合、使う機能と価格を考えればこれで充分と思うんだが。ハードの購入代行やサポートはあまりやらないが、少ない経験の中でDELLのPCに悩まされた覚えはさほどない。
Lenovoなんかより全然良いぞ。(Lenovoの指紋センサー付きは最悪だった。)

で、昨日久々にお客さんに頼まれて買ったDELL Inspiron1501が来たんだけど、Google Toolbarがプレインスコされてて気分悪し。ノートンインターネットセキュリティの90日お試し版は仕方ないとして、ノートンゴースト(勿論お試し版)とか入ってるし。
その他、DELL製の顧客囲い込み用のツールがインスコされている。
全部削除して、セットアップする。まだ他社のPCに比べれば少ないか。

しかし、IEからURLをタイプミスしたときなどに、GoogleとDELLの提携ページが表示される。スパイウェアじゃねという声もある

IEのツール→インターネットオプション→プログラム→アドオンを選択してDELLが仕込んでいるアドオンを無効にすれば消えるのだが、気分はよくない。
【2007/05/26 (Sat) 09:30】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
諸行無常
昨日逗子を通ってて気が付いたんだけど、逗子パソコン教室(金沢ゼミナール)が無くなったみたいだ。
窓にベタベタ貼ってあったものが剥がされすっきりしちゃっている。
ホームページも消えておる。
ナガセPCスクール逗子校という看板も出してた気がするが、ナガセのサイトにも見当たらない。

塾長には何度か会ったことがあるが、忙しそうなオジサンでした。どうなったんだろ?
【2007/05/24 (Thu) 19:12】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ELECOM PALVOマウス ポインタのブレ解消法
ELECOM PALVOという安いマウスを使っている。

デザインと安さに惹かれて買ったんだが、今日、イキナリマウスポインタの挙動が不安定になる。勝手に小刻みにブレて狙いが定まらん。ほっとくと、モニター上を右下から左上に移動していく。

おかしいなと思ってネットで検索すると、同じ症状に悩まされて「安物はダメね」扱いしてたりする。

とはいえ、すぐに買いには逝けないのでちょっと調べてみたら、レーザー光の出口のレンズにホコリっぽいものが付着している。拭いても取れない。
そこでエアースプレーのノズルをレンズのところに当てて吹きかけてみると、ホコリは消え、マウスポインタのブレは止まった。

原因はレンズの裏側に付着したホコリのようです。レンズ横の隙間からホコリが内側に侵入してレンズ裏に付着してしまうのだ。エアースプレーを使わないと裏側のホコリは取れない。

普通の光学マウスはその辺メンテフリーだから、設計不良と言えるかな。注意書きに「レンズ裏のホコリはこまめにスプレーで掃除しましょう」と書かないとね。
【2007/05/24 (Thu) 00:40】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
これはひどい >民主くん
ひどすぎる。

20070523095143.jpg


小沢代表より「民主くん」 民主地方議員がCM対案

 
【2007/05/23 (Wed) 09:52】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
北方謙三の三国志
はまっちゃいました。
3冊読み終わったところだが、自重しないと仕事に影響が出る。先は長いな。

作者の好みが反映されてる感じで面白いです。
本書での呂布、かっこよすぎ。
【2007/05/23 (Wed) 09:26】 書籍 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
hymnal2~Dogmatism by kawol
ここ数年、ギターは弾いていない。

いや、音楽をやりたい衝動は今でもしょっちゅうある。
実際エアギターならぬシャドウギターみたいなことを時々してたりする。気に入った曲があると、どんな感じで弾くかな~と、指板上の動きと弦を弾く動きをシミュレートしつつ真似するのだ。
しかし、実物を弾き始めたら、またな~んかドップリ浸かってしまいそうな予感がある。
今は多くの時間を仕事に費やしており、音楽を再開しても所詮中途半端なことになってしまうだろうという思いがギターを弾かせないのかもしれん。中途半端にやるぐらいならやらない方がマシってなもんで、現状を鑑みるに仕事人間になってるしか無いわけです。

などとかっこいいこと書いてみたが、ギター出して調整するのが面倒なだけちゃうんかと。
てゆーか、全然手入れしてないのでケース開けて惨状を見るのが怖いだけちゃうのんかと。
つか、忙しくて趣味の時間が無いこと自体かっこ悪いわけですが、仕方無いのよ自業自得。

で本題。
ミュージシャンのkawolという男はその真逆の暮らしをしている。
最近、金になる他人の音楽サポートも断る勢いで自分の中から音楽を搾り出すことに専念しているらしい。いきおい生活はキツイだろう。
俺とは180度方向性は異なるが似たような動機が彼をそうさせてるのかもしれん。とにかく中途半端は嫌なんですと。

そんなkawol氏から新作が届きました。
ヒトサマに「最高のアルバムです、是非買うべき。」などと声を大にしておすすめできる作品では決してないのは前作と同じ。万人受けする作品でないから簡単にはお勧めできない。

しかし、前作より良いです。音楽を作るという衝動に対してまったくもって正直で純粋なのは変わらないが、より洗練されたアプローチになってると思いました。
以前、彼のライブを見て、
おそらく彼は今、これまで体得してきた様々な飾りを取り去って「音楽をやる」という衝動の根っこ(原石みたいなもん?)を凝視する必要があるんだろうと勝手に思ったりする。

と書いたが、凝視し続けて、彼はやっと次のステップに進み始めたみたいねと思わされました。
多大なリスクを冒して自分自身、自分の音楽と向き合ってきた昨今だと思うが、その結果が少しずつ見えてきてる気がする。彼自身も最近の演奏を通して何か確信を持ったんジャマイカと思わされるぐらいの演奏です。

内容は、ライブ音源でとスタジオ録音が半々の構成で、ライブ音源でテンションテンション上がってスタジオ録音で緩める構成。
ライブ音源が良い。現在の彼のスタイルはライブでより真価を発揮するなあと改めて思う。
リバーヴをはじめとした機材や簡単な伴奏を刻む機材(PCかサンプラーかわかりませんが)を使う局面もあるんだが、冗長さ、無駄が一切ない。
俺が聞いた限り、即興の中に無駄なパフォーマンスが無い。ソロでやってる自由さというのが、良い方向に作用しとると。
ソロでテンション下がるとグダグダになるわけですが、常にピンと張り詰めたテンションをキープして、一つ一つの音を出すことに全身全霊を込めていることが伝わるわけです。で、結果として彼独特の世界を作り上げることに成功している。これは凄いことです。
バンドだとその辺のリスクを軽減できるわけだが、その分馴れ合ってダラダラする可能性も高くなる。即興主体のバンドとかで馴れ合ってダラダラしたバンドあるでしょ。バンドも客もみんなで馴れ合ってるやつ。ああいうの嫌いなんだよな。

この作品は、彼のサイトでメールオーダーできる。都電荒川線でのライブも敢行するとかで、今後がまた楽しみです。
今後が楽しみな40歳半ばのミュージシャンなんて売れてる奴らでもなかなか居ないですよ。前に進むことを辞めた人が多くて。

ほめてばかりになってしまった。気持ち悪い。
改めて荒を探してみた。

若干、日本語の詞がつらい。ライブ演奏で高まったテンションを緩和するにはちょうど良いし、彼の詞の絵画的な世界は健在なんだが、ライブの攻撃性、緊張を体験した後ではその弱さが否めない。
彼が作詞そのものを辞めてしまうことがなければ、詞も攻撃的なスタイルに変貌していくかもしれんと思ったりしてます。4曲目のindigoってオリジナルなのかな。だとしたら、この英語のシンプルな詞がその片鱗を見せてくれてる気がしたり。

kawol.jpg


【2007/05/18 (Fri) 10:34】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ウェザー・リポート、76年モントルーでのライヴが日本盤DVD化
買いますよ。

Jaco Pastorius加入後間もないエキサイティングなステージだろうかと。

今はご参考。
下の2つはJaco加入前だが彼等の美しい演奏が堪能できる。
(BassはAlphonso Johnson)
http://www.youtube.com/watch?v=1plBG-jW3rM

http://www.youtube.com/watch?v=DwoKM94SPdU

これはJacoのソロ( A Portrait Of Tracy)。気高さ満点。
http://www.youtube.com/watch?v=JXOnhzoC-i8

【2007/05/16 (Wed) 01:46】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
うどんとソバ
乾麺がうどんとソバ、中途半端に余っておる。

昼に食おうと思い立つも、2度ゆでるのは面倒。
ということで同じ鍋に時間差でぶっこんで茹でて、うどんとソバが混ざった状態で食らう。別々の食感が一度に味わえて思いのほか良い。


sobaudon.jpg


【2007/05/14 (Mon) 17:52】 日記 // TRACKBACK(5) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
日経の吉次弘志という馬鹿
ふと客先の応接室にあった法人会季刊誌を読んだら、日経の吉次弘志とかいう経済部次長の論説が目にとまる。
http://www.zenkokuhojinkai.or.jp/images/hojin_haru.pdf

「格差論は「自由からの逃走」
底流に抜き難い「平等神話」

ザックリ一部要約の上、引用する。

「格差問題を言い立てているジャーナリズムも政治家も、「善意の陥穽」に落ち込んでいるのではないか。」
「ワーキングプアと呼ばれる人々のうち何割かについては、貧困に陥った原因は平たく言えば自業自得である。」
「昨今の議論の底流には抜き難い「平等神話」があるような気がする。」
「貧困問題を声高に叫ぶ人の根底に、自由にお金を儲けて豊かになる、自由な選択によって失敗することを、肯定できない心理が透けて見える。」



貧困というものを、自分の思い、個人の生き方という狭い視野でしか論じていない。こんな馬鹿が経済部次長ですかそうですか。

昨今、貧困が話題が出るときに「平等神話」や「かわいそう」という一面的な見方で見てる奴もいるだろうが、それはこの問題の一面でしかない。
貧困の先にあるものはスラムである。要するに、格差先進国のように家を出て数ブロック歩いた先に命の危険があるような町、国になってしまって良いのか、自由競争を肯定しつつスラム化を防ぐにのはどうすればよいのかという話があってしかるべきなんである。

この吉次とかいう馬鹿記者の論説には、どのような国家、社会が理想なのかという視点が見事に欠落している。

アメリカで何を見てきたの?馬鹿じゃないの。
【2007/05/12 (Sat) 22:01】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
亀は意外と速く泳ぐ
送ってく子供を待ってる間、暇なのでサクっと書いちゃいますよ。

だいぶ前に見た映画なんですが、時効警察もまた始まったことだしメモしとくことにした。
「ごっつええ」「笑う犬」「トリビア」といったTVのバラエティから「イン・ザ・プール」「ダメジン」などの映画、時効警察の脚本監督など馬車馬のように活躍されている三木聡監督作品。

徹底的に練られた絶妙な「間」の中で非日常的な会話やモノ、小ネタを連射することで、実に心地よく自分の中の非日常性を喚起してくれる。
頭の中を正気と狂気を行き来してマッサージ効果のようなものが得られる感じ。
心地よい。何度でも楽しめる。そんなワケで脱力系という評価が多いよね。

繰り出される小ネタや非日常的な台詞にくすくす笑いながら見るもよし。
上野樹里演じる平凡で自虐ぎみな主婦スズメがスパイ夫婦たちとのかかわりの中で自分らしさを自覚し受け入れていく様をちょっと感動モードで見るもよし。- おおらかで誠実なスズメの魅力にだんだん観客が気づいてく作りになってる。彼女自身が自覚したことを訴える台詞はひとつもないところが憎い。それを入れたら臭くなってしまう。 -
時効警察ファンは岩松了さんふせえりさんコンビの絶妙な間と台詞まわしを堪能してもよし。
三浦、葉山方面在住の人は、「なんだ、ここスズキヤじゃん」などとロケ地を楽しむもよし。
一粒で何度も美味しい栄養バランスの良い良作だと思う次第でございます。

となると、三木監督の次回作「図鑑に載ってない虫」にも勿論期待してしまうわけです。

しかし、ちょっと見たい映画には蒼井優や上野樹里、オダギリジョーあたりが高い確率で絡んできますなあ。

kamehaya.jpg


【2007/05/10 (Thu) 08:53】 映画 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ケラリーノ・サンドロヴィッチ
お客さんに「完了しました」と声を大にして叫んだ後に思い出した仕込み忘れの機能を今更シコシコ追加しているわけなんですが、なんかなーもー状態で苛立ちが募ります。次の仕事に取り掛かれないよう。

な~んて愚痴をブログに書きなぐりつつ、ケラリーノ・サンドロヴィッチのブログとかを見ちゃうと、自分の才気の無ささ加減に嫌気がさしブログ書く気も失せるわけですが、めげずに糞エントリを投稿してしまう厚顔無恥な俺はまだ大丈夫だなと妙に安心しました。

所詮無料メディアのブログである。ケラリーノ・サンドロヴィッチはこの程度の文章はウンコをするようにクリエイトしてしまう人間である。同じウンコでも金粉入りのウンコをする奴と食いカスしか混入してないウンコしか出せない人間の違いは明らかにあるのである。だがしかし、食いカスウンコには食いカスウンコの有り様というのもあることも事実。鑑賞に堪えうるかどうかは別にして。

そうそう。先日の時効警察はケラ(リーノ)の脚本によるものだったが、彼らしい内容でしたな。面白かったです。小倉を皮切りに全国ツアーて(笑)

三木脚本のが好きだけど。
【2007/05/06 (Sun) 00:51】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
旧ドメインの管理
ある団体があるドメインを使っていた。

その団体が新しいドメインを取得し移転を行い、旧ドメインは使われなくなった。

古いドメインを悪徳業者が取得。
ウィルスの発信元に使用。

団体のドメイン移転を知らないユーザが、古いドメインにIEでアクセス
#たまたまウィルスソフトのリアルタイム検知をオフにしてあり、さらに、IEが更新されていなかった

ユーザのPCが見事に感染

という事例。話は知ってましたが、実際にクライアントで発生しました。
基本的にWebの利用は自己責任と俺は思ってはいますが、Webに関わる業者さんは、この手のウィルスばら撒き屋の蔓延防止のため、一度ドメインを取得したら永久にとは言わないまでも、使わなくなった後も数年は維持しておくべきではないかと思う次第。


【2007/05/05 (Sat) 13:35】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
やっとやる気になってきたぞおーい
昨日は徹夜明けで2時間ほど寝てから客先に出向き帰ったのが11時過ぎ。

久々に爆睡してしまいました。
午前中ダラダラしとりましたが、やっとやる気になってまいりました。

これから逝きますのでよろしくお願いいたします。
【2007/05/03 (Thu) 13:39】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ベンダの従業員のレベル
他業者と一緒の仕事をするたびに思わされるんですが、ここ数年で著しく劣化してますね。
ベンダというと上場企業の名前の下にぶら下がってる会社が多いが、その中でも2流クラスのベンダが特に酷い。

・約束を守らない又は忘れる
・対人スキル、業務スキルの低さ

ありがちなのが、業務スキルはそこそこあるものの人間的に問題のありそうな若手リーダの下に業務的に低スキルの従業員がぶら下がっている図式。場をわきまえず部下を怒鳴ったりしてる。見てて見苦しい。

競争で作業単価が低下

現場は安月給でフル回転

人間的、業務的に高スキルの従業員は格上のメーカー、ベンダに転職

中年の管理職兼営業職がフォローするものの実働部隊が常に不機嫌な状態で作業

あの会社は営業のXXさんは良くやってくれるんだけど、下の子たちがどうもねえ・・・となる

こんな流れなんですかね。
以前は、リーダークラスにはまだマトモっぽい人が居たと思うんだが、最近はリーダーに変なのが居たりします。

サポートも決してよろしくない。いただいた金額以上のサポートなんてのは問題外。「下の子たち」は営業のことなどは考えないから、態度悪。

ソフト部門だけ請けて共同で作業する俺等みたいな業者も、被害をこうむることになる。単価の安い仕事をフル回転でこなす彼等は多忙だから、零細事業者の俺等との約束などというものは優先度が下がる。
彼等が約束を守らなかったのが原因とはいえ、作業が遅れて被害を蒙るのはお客さんなんであり、お客さんに迷惑をかけるのは避けたい。
となると俺等は彼等が約束を守らない場合に備えた対応を常に準備しておく必要がある。

難しいものです。
【2007/05/03 (Thu) 10:19】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
曇りですか
なんか、とある国際会議のサポートやら再インスコやらの客先仕事が多くて疲れる。

天気が良い日が続いてましたが、久々の曇り。

仕事日和というもんですよ。
有給使って大型連休にして海外旅行をする方々の話題も多々あるようだが、俺の周囲を見渡すと今日は仕事してる奴ばかりだぞ。変だなー。

クライアントの部長からも催促の電話が(泣)
あれ、5日まで休みだったんじゃないんですかと。
【2007/05/01 (Tue) 10:57】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。