FC2ブログ
逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
風林火山
だからさあ。人は容姿じゃないだろというわけですよ。
NHKの大河、風林火山の話ですけどね。

登場したときは、容姿と甲高い声が相まって「大丈夫かおい」と心配してた市川亀治郎さんですよ。見事に確変しました。

ここ最近の放送で亀さんが地力を発揮し始めると手のひらかえしたように「かっこええ」と思ってしまう自分がいる。まあ信玄ですからね。かっこよくないと困るんですけどね。脚本のよさと相まってなおのことカッコいいですね。

今日は、晴信が板垣に親父(信虎)への謀反の企てを告るところまででしたが、やはり脚本が見事です。勘助との関係性も思わせぶりでワクワクします。

このスタッフで黒田如水を大河化してほしいです。
スポンサーサイト



【2007/03/04 (Sun) 21:20】 TV・ラジオ // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
PLANS by death cab for cutie
こういうのを聞くとまだまだポップミュージックも捨てたもんじゃないと思ったりする。

なんて感傷的なメロディなんだ。

メジャーデビューしても相変わらずマイペースで地味なバンドである。
transatlanticismより地味な印象。よりしっとり感が増した。しかし、一ひねりつつも丁寧にPOPで心に響く音を淡々と模索し続ける姿勢は相変わらず。
構築の仕方、仕上げが理性的すぎという感想もあるかもしれん。しかし、それが彼等の持ち味だよなあ。

death_cab_for_cutie_plans.jpg


【2007/03/04 (Sun) 01:00】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.