逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
オーマイニュース
今日初めて見に行った。

が、あまりに重たいのでロードの途中で見る木が失せた。大丈夫なの?こんなんで。

【追記】
今見れたんだけど、アクセスランク上位の記事は、左寄りの論説に対する保守系諸氏からのツッコミコメントという体裁になってるではないか。あ、なんかデジャブー。Janjanの後を追うような体裁になるのかなあ。
スポンサーサイト
【2006/08/29 (Tue) 00:28】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
佐島が悲惨な感じなんだが
http://www.sajima.jp/scene.html

こういう光景を堂々とトップページに据える業者の無神経さに乾杯。てゆーか、イメージダウンにならね?京急さん。

俺は奇麗事は言わないし、眺望の良いところは国際村を例に出すまでもなく、これまでもこういうことの繰り返しだったワケだが、この工程でビジュアル化されるとひくな、ちょっと。
【2006/08/26 (Sat) 21:50】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
読んでない本がたくさん
たまる一方だ。

画像の「美濃浪人」は、先日義父宅より拝借したもの。
読みてぇー。
のだめを片したので次はこれだ。

20060826165258.jpg


【2006/08/26 (Sat) 16:53】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
のだめカンタービレ
読みたいと思ってたのはだいぶ前なんですが、優先度が低くてずっと買わずにおった。先日オークションでまとめ買いして、やっと読んだー。
このタイトル見ただけで気になって15巻のトビラ絵(下の画像)を見て読みたくなったんだった。タイトルとか表紙というのは大事だよな。

なんか秋にドラマ化(フジの月9らしい)するとかでオークションも結構盛んであった。

登場人物がクラシック音楽という共通テーマを抱えつつ話が進むという点で、「ピアノの森」と比較する人は多いかもしれん。それぞれ良さもあり注文もあるが、どっちも楽しんで読めるぞ。

月9が始まったらオークションで売ろう。損はしないような希ガス。うひひ。
nodame.jpg


【2006/08/26 (Sat) 14:07】 マンガ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
できるとは思えないんだが
なんか眠れない。

総務省が特定のファイルをネット上から消滅させる技術の開発を計画

23日のNHKニュース「情報漏えい対策 新技術開発へ」によると、総務省が通信機器メーカーなどに呼びかけて、通信機器に埋め込む仕掛けによって、情報漏洩したファイルなどを強制的に消去する技術の開発を来年度から3年計画で実施する予定だという。具体的には、ファイルの所有者が流通を望まないことを示すマークを電子的に埋め込んだものについて、「通信事業者らによってネット上から強制的に削除できるようにする技術」とのこと。



3年計画で予算だけぶんどって成果ゼロの悪寒。
いたちごっこという懸念は勿論、3年後にどんなPtoPソフトが出るかですら読めないのにね。
てゆーか、そもそも暗号化して流されたらどーすんの?
俺にはどうすれば全てのファイルに対して汎用的にそんなことが実現できるのか見当つきません。せいぜい出来てWinny(てゆーかキンタマウィルス)狙い撃ちってところでしょと思うんだが。バカですいません。

公務員の情報漏えい対策だけなら、PC使う人のセキュリティ意識を高めるほうが低予算で済むのに。

よし、寝よう。

【2006/08/25 (Fri) 02:16】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
絵になる風景
最近、車を運転してるときに、とある道路沿いの歩道でトランペットを練習する制服を着た女子学生を2回ほど見る。ブラスバンドの練習の帰り道か。
学校での練習だけでは足りないのか、課題を練習しているのか知らないが、人に迷惑をかけずに練習できる場所ということで選んだのだろう。近くに民家も無く、普段通るのは車ばかりで人もあまり通らない歩道だし、管楽器の練習にはもってこいである。
決して綺麗な場所ではなく、排気ガスとホコリが舞う薄暗い場所である。
だが、その娘の顔もよく分からないのに、なんとも切なくなるほどに美しいたたずまいを見せてくれている。絵になる風景である。

おそらく、俺がとっくに忘れてしまったモノがそこにあるんだろうな。
【2006/08/25 (Fri) 00:10】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
遥かなり足柄
足柄の特養にサポート&新規納品物件のデモに逝ってきた。
通常なら片道2時間のところを、往路3時間超、復路2時間30分と往復6時間弱を要した。

特に海水浴客で混雑してるわけでもなかったんだが、久々にしてやられた気分。
もうすぐ光が通るらしいので、VPNを提案しよう。
【2006/08/24 (Thu) 21:39】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
TBSのリンカーンが迷走してる気が
リンカーン、ここ最近見逃してて久々に見た。

一見、内P風のノープランかと思いきや、小道具はあらかじめ用意されてるみたいだから結構練ってる風でもありこれはまんまガキ使の「ボケましょう」ですねと。しかも銭湯かよと。

とにかくさほど無茶できない夜10時スタートの割には無茶してるところもあり、遠慮してる部分もありで非常に微妙な番組になってしまっている。面白い局面もあるにはあるが、「ならでは」の企画なのかどうかな微妙ですねと。
ちなみに今回の企画は暴走してるほうだった。さまぁ~ず大竹は下品という一点を軸にすえててブレてなくて良い。有名な「ボケましょう銭湯編」の板尾の名ボケとはまた違った味わい。ひたすら下品。

金かけて大勢芸人さん使って始めたこの番組、どこに行こうとしてるのかイマイチわからんよ。
【2006/08/22 (Tue) 23:41】 TV・ラジオ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
両極端
午後、高校野球決勝戦を観る。名勝負になった。素直に感動。

で、今youtubeで亀田大毅vsウィド・パエス戦をyoutubeで観る
ウィド・パエスとかいう人、まったくやる気なし。しまいにはパンチがヒットしてないのにダウンしてるし(苦笑)こんなん、エンタテインメントとしても楽しめねえよ。
【2006/08/21 (Mon) 00:35】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
漁船銃撃拿捕:ロシアの政策転換とムネヲ
午前中、義父の家の草刈り。
いつも草刈り機を借りてるのでこれくらいはせねばと。
激しい日照りの合間に雨が降ったりやんだり。超蒸し暑っ!!

家に戻り、激しく脱力したままだらだらとニュースをチェックすると「漁船銃撃拿捕:露当局「銃撃控える」00年に非公式で意向」だと。

要するに00年当時のロシアは日本との経済交流を拡大しておりなかなか良好な関係を築きつつあったのが、最近のロシアについて上記ニュースでは「好景気をテコに、北方領土への大型投資を計画するなど、日本の領土返還要求へのけん制を強めており、ロシアの対日姿勢の変化が事件の背景になった可能性もある。」だと。さもありなん。最近ロシアは何かとつれない所為が多かったしなあ。
外務省はこの流れを元に戻す努力を何もせず怠慢こいてきたというのがムネヲの言い分だったりする。ムネヲは確かに劇薬のような人間だとは思うが、働き者だよなとも思う。時代が緊張するとこういう人物は大きな働きをするんじゃね?また台頭してきそうな予感。
【2006/08/20 (Sun) 13:00】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
チャットモンチー -ライブバンドとしての力 -
スペースシャワーTVで、ASIAN KUNG-FU GENERATION主催のNANO-MUGEN FESの模様を放映しておった。思わず録画する。

日本人アーティストは、ASIAN KUNG-FU GENERATION以外には、ストレイテナー、ELLEGARDEN、BEAT CRUSADERS、チャットモンチーなどが出演。

とりあえず、各界で絶賛を浴びてるチャットモンチーと、イベントを主催したASIAN KUNG-FU GENERATIONを見る。チャットモンチー、CDは素晴らしい出来だったがライブも評判が悪くない。期待してみたが、評判に違わぬ素晴らしい演奏だった。MCとかは新人っぽいのだが、演奏になると新人ばなれしたパフォーマンスを見せてくれる。てゆーか、インディーズ時代から培った実力を堂々と自信を持ってお届けしてるだんろう。バンドとしてのバランスが実に良い。このフェスに限って言えばASIAN KUNG-FU GENERATIONより良かったのではないか。(それでも3人のメンバーになってからのキャリアって2年程度だろう。バンドというのは長くやってりゃ良いもんではないな、つくづく。)
詞がキッチリ聞き取れるのも良い。Vo &Gの橋本は才気豊かで、創造性溢れるエモーショナルなギターを弾くが、リズムセクションも実にグルーブしておる。トリオバンドのリスクをリズムセクションがキッチリ受け止めてボーカル&ギターの橋本が自由に泳げる場を作っている。ドラムはどこかでパワー不足を言われてたが、それをフォローするに余りあるグルーブ感があるから軽く感じない。
そして、リズムセクションの彼女たちはライブでもコーラスを並のバンド以上にキチンとしたアレンジで聞かせてくれる。実は、プロでもコーラスなんていい加減にやってるバンドは多いのである。
んで、上手いだけでなしに、その詞の素晴らしさもあいまって岩を動かす(くるりの岸田の表現による)パワーを放出しておるのである。

くるりの岸田を嫉妬させ、矢野顕子に「メチャかっこいい」と言わしめた彼女たちのライブ、逝ってみたい気がするが、おじさん的には実に逝きづらいバンドであることも確か。女性ファンが多いだろうと思ってたが、なんかえっちゃん萌え~(えっちゃんとは、Gt&Voの橋本絵莉子)と叫ぶキモヲタも数多く出没するらしい。うーむ。

さて、明日はストレイテナーをみるかな。
chatmonchy.jpg


※ 敬称は省略させていただきました。なんかくどいので。
【2006/08/20 (Sun) 04:04】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
忍野フィッシングエリア
忍野フィッシングエリアは忍野の湧水を利用した釣堀。
下調べなしで行ってしまった。ルアーフライ用のキャッチ&リリース用の池が大半を占めてて、エサ釣り持ち帰り可の池は小さい。管理棟には耳の遠い爺さんが店番してるだけで他に人影はない。まあ平日だったからな。
んで有料だし釣れるかなと思いきや、かなりシブい。
特に腹減らした魚を放流するわけでもなく、竿借りてねりエサを買ったら完全放置状態。魚はかなりスレてて、管理棟でくれる練り餌では、よほどの名人かよほどタイミングが良いかでないとつれまないとみた。練り餌をイクラみたいに丸くして針につけるんだが、ある程度イクラっぽく針につけても5cm手前でプイと横を向かれてしまう。。本物のイクラなら確実にイケるな。次行くときはイクラ持参だ。
てゆーか、異常にデカい鯉がマスを圧倒して悠々と泳いでいる。お前には用は無いよ。
最初は子供たちの餌付けに忙しかったが、2時間もすると子供が自分で餌をつけるようになり、俺も少しは遊べた。

ルアー、フライエリアでも何人か粘ってたが、結果は芳しくなさそうであった。それでもたま~にアタリがあるようで餌釣りエリアよりはましみたい。

有料なのに、なんかルーズ。しかしそれが良い。
景色はご覧の通り最高で、テント張っても調理してても文句言わないし、ちょっと気に入った。

忍野は普通の川にも良いポイントがあるそうなので、フライでチャレンジしたいな。
img20060818001228.jpg


【2006/08/20 (Sun) 00:45】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
スバルまたもや
今見たら、レグ2、SS11でソルベルグがコースオフ→リタイアとの情報。
彼の集中力をもってしても、こういう大切な場面でこういう結果になってしまう原因が車にあるということか。

結果出次第なんか書くかもしれません。
【2006/08/19 (Sat) 15:27】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ロシアで高まる日本批判 密漁で大きな利益と報道
この傍若無人、厚顔無恥な態度は日本も見習うべきだな。

ご参考→北方領土Q&A

こういう糞野郎を相手にやりあうには、こんな意見も選択肢のひとつとしてあるだろうとは思う。
しかし、その場合、国家というものは国益と国民の土地、生命、財産を天秤にかける場合があり、必ずしもそれらを守ってくれるワケではないということを公言する必要があるよな。まあ今でもそんなことは至るところで起きてるわけだが、領土という大きな問題でそれをやるには、上のことを強引に言ってのける人柱が必要だろう。そんな強固な意志を持つ政治家が今いればの話だけどね。
【2006/08/18 (Fri) 17:40】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
ネステ・オイル・ラリー・フィンランド
始まっております。今SS3が終わったところか。
順位とタイムはこちら。

BP Ford WRTのフィンランド勢2名がトップ2と地元の勢いでがんばっておりますが、これはまだまだわからんね。

不運続きのスバル勢にがんばって欲しいところ。
【2006/08/18 (Fri) 17:18】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
墓参にいってきたわけだが
暑い・・・暑すぎる!
【2006/08/18 (Fri) 14:31】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
貝殻島付近での拿捕およびロシア人による日本人殺害の件
悩ましい。

考えてみるとロシアという国との外交というのは明治維新以降ずっと悩ましいではないか。

<露漁船銃撃死亡>「危険操業」常態化が浮き彫りに

20年前、北海道生まれの元海上自衛隊の知り合いは、常に緊張状態にあった北海道周辺のことを話していた。その話題になると「炉助はよー」と敵意剥き出しの鋭い眼光で悪態ついていたのを思い出す。別の奴からは特攻船の武勇伝も聞かされた。武勇伝だぜ。漁師町出身の奴(何故か東京でSEやってる)が得意になって話すの。そういうノリだったというわけですよ。

今回拿捕された船は、レポ船(ロシアに情報や物資の提供を行う見返りにロシアから操漁を許可された船)だったという噂もある。この坂下登という船長の船は密漁の常習船とされ待ち伏せされていたというソースもある。
ようするに北方領土問題が解決できてないがためのグダグダ状態、いつ犠牲者が出てもおかしくない異常事態が延々と続いており、よく50年間犠牲者が出ませんでしたねみたいな感がある。#いや、結構出てるかも・・・

>ご参考「密漁の海で―正史に残らない北方領土」

#な~んか、また自己責任という言葉が湧いて出そうな肝したり。。。

しかしながら、相手はテロリストではないものの、チェチェンを見れば明らかだが、自国民に仇をなす奴の命なんてのは蝿を叩くように簡単に奪うことができる国家なんである。てゆーか、家の中で常に火薬が爆発してる国であり要するに気が立ってる。「お前んとこの国民がウチの領海で密漁してたんで拿捕して間違って一人殺しちゃったけど? 何か問題でも?てゆーか、お前のせいだから。」みたいなコメントを平気で出せるわけである。
せめて相手を困らせるカードを持っていればと思うが、有効なカードは見事に無い。国家間の交渉はいくら人道的な物言いをしても無駄であることを痛感する。

あ、やっぱこの人が叫んでる。。。
muneo.jpg


【2006/08/17 (Thu) 09:44】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
朝日新聞の軽薄体質
今朝の天声人語を読んで、朝日新聞というメディアの軽薄さは罪深いとつくづく思う。
 日本の近隣国には、日本の侵略で町や村を戦場にされ、肉親を殺され、家を焼かれた人たちが今も暮らしている。時がたって心がしずまったとしても、忘れることはできないだろう。まして加害国の側が忘れたかのように振る舞うのは許せないはずだ。立場を逆にして考えてみれば分かることだ。
 小泉首相が終戦の日に靖国神社を参拝した。相変わらず「心の問題」を持ち出した。自分の心は大事にしても、自国が被害を及ぼした国の人の心には思いが及ばないらしい。日本国民を代表する立場にあるはずなのに、狭量さが目につく。

正義の味方を気取った軽薄な文章だ。自ら火種を蒔いといてこの言い草は、まさに確信犯的軽薄さである。罪深い。

靖国の件は、昭和60年、当時の首相、中曽根氏による8月15日の参拝を批判した加藤千洋工作員の記事が発端となり、それを当時の社会党が中国様にご注進した結果、中国の政治カード※に利用されてしまった。(それまで中国は一度も首相による靖国神社参拝に抗議していない。) そのことは、ネットの保守系論壇でずっと言われ続けてきた話だが、最近はTVラジオでもそのことが言われている。
下のリンクで紹介するビデオはCS放送チャンネル桜の番組だと思うが、他のメジャーなメディアでも同様の意見を語るコメンテーター、キャスターが今では結構いる。
靖国問題に火をつけたのは加藤千洋工作員だった!

従軍慰安婦問題の火元、植村隆記者。南京大虐殺を一方的に断罪した本多勝一記者。NHKの女性国際戦犯法廷特集番組での騒動の火種、本田雅和記者。みなさん朝日新聞を代表する素薔薇しく香ばしく有能な記者さんだ。
彼らなりの正義感にあふれ、そして、その正義を体現するためなら徹底的な事実の探求を怠り、確信犯的に軽薄になれる人間たちだ。
軽薄な人には憎めない人も多い。しかし、80年代まで、その軽薄な記事で多くの日本人の思想信条を誘導した過去と、今だにその事についてなんら落とし前をつけずわが道を逝く彼らの確信犯的軽薄さは、な~んか罪深いと思う。

【補足】
中国の「外交カード」でなく「政治カード」と書いたのは、本件を中国は対日外交だけでなく内政(政治不信の矛先ずらし)にも用いていると考えているためです。
【2006/08/16 (Wed) 11:25】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
靖国靖国て
マスコミの過剰報道に言葉も無い。

元々このネタを炊き付けた火元の朝日や同じ穴の狢、毎日が必死なのはともかく他のメディアは少しは控えたらどうか。
静かに祈りをささげたいご遺族の方々や御霊に申し訳ないだろ。
【2006/08/15 (Tue) 11:42】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
スバルのインプレッサ修復劇
OMV ADAC ラリー・ドイチェランドはローブの優勝で幕を閉じた。

そのシェイクダウンでコースアウトによって大きな損傷を受けたソルベルグのインプレッサ修復劇が公式サイトに出ている。

日ごろ裏方として目立たない仕事をしてる方々の活躍がクローズアップされてる。一読の価値有り。
【2006/08/15 (Tue) 11:11】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
久々の筋トレ
先週は、キャンプと仕事でトレーニングを休んでしまった。

今日、1週間ぶりに再会したが、きつかったー。1週間空けるとすぐ戻ると言われてたが、それを見事に体感してしまった。
【2006/08/14 (Mon) 18:54】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ピーナッツ
やっと見た。DVDで。
内P好きの俺としては劇場に足を運びたかったんだが叶わなかった次第。

メンバーが集まってストーリー物を演じる企画では既に「劇団プロデョーヌ」というのがあったが、今回は映画ということでハードルを上げたということかな。
劇場ライブはそれなりの面白さがあるが、映画となると徹底的な作りこみが必要になるし、何より内Pファンだけが客層ではなくなる。興行収入も気にせねばならんということで大変だったろうな。

そんな大変なことをまず成し遂げた皆様に拍手であります。俳優業が本職ではない芸人さんたちを中心に据えるというリスクをあえて冒してひとつの作品に纏め上げた手腕に敬意を表したいと素直に思った。

作品は、限られた時間と予算の中ですごく丁寧に作ってると感じた。とにかく小学5年ぐらいの子供ならキチンとわかる作りになっている。それでいてくどいとはギリギリ感じないライン。CGなどで画像に凝って笑いや感動を呼び起こそうという所為はあえてせず、演技とシナリオ、カメラワークでキチンと見る人に訴えかけている。野球シーンも迫力には欠ける(あえて球速を速くみせるための早回しはしていないらしい。)が、逆に手作り感が良い味になっているのだ。それはふかわによる音楽にも言える。気心の知れた連中での手作りの共同作業に拘った理由はなんだろう?
内村氏がインタビューで語ってた

おっさんたちでも、というか、何十代になっても、まだまだ人生には輝ける瞬間がありますよってのが言いたかった(笑)。おっさんたちの青春映画にしたいという意識があったんですよ。だからぜひ同世代の方に観てもらい、何かを感じて映画館を出てもられたら最高かなと

という言葉が、その問いにヒントを与えてくれている。

作品を見る俺たちとの距離感が大事なんだということだ。
ほとんど地で演技をしている内Pメンバーに、俺たちおじさんは自分を重ねることが出来るのである。高級品を作る時間も予算も役者(男優陣)も無いかもしれんが、そんな彼らが懸命に演技をし音楽を作ってる姿が、ストーリーとともに俺らにダブルパンチをくれてるのである。そして、ダメダメな「にわか男優」さんたちを、キチンとした女優人がしっかりサポートしてメリハリをつけている。男はみんなダメ男で女性はみんなシッカリ者だ。これもリアルと映画でダブる。

狙いは成功したんじゃないかな。これを見てまた野球やりたくなった人もいると思う。映画が撮りたくなったおじさんもいるかもしれない。音楽を作りたくなったおじさんもいるだろう。それで充分成功してるんでないかと。周囲の予想以上にお客さんの反応も良かったらしくロングランとなったようだし、よかったよかった。

最期にゲスの勘ぐり。
最近TVでめっきり見なくなって、同世代のDTと比較すると凋落感のあるウンナンだが、満足感、輝く瞬間というのは人それぞれだし、自分の立ち位置は本来地味なところかもねみたいなことを内村氏が自己確認してるようにも見えたりしたんですが。。。
penuts.jpg


【2006/08/13 (Sun) 15:14】 映画 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ブレイブストーリー
娘に付き合って朝から鑑賞。ダイエーまでの時間を計り損ねて9時45分上映開始のところ9時前に着いちゃった。道がすいてるとこんなに早く行けちゃうんだー。
内容の方だが、原作読んでない俺でさえ「なんか端折り過ぎてね?」と思ってしまった。
娘も文庫本三冊を読破してから映画を見たんだが、違和感があったようだ。おそらく多くの冒険談が省略されていたんだろう。冒険の積み重ねを通じて主人公に感情移入できればエンディングはもっと輝くんだろうが・・・
確かにラストのくだりには感動的なシーンが用意されているものの、強引な印象は否めない。

2時間にまとめるのはそりゃ無理があるって。

【2006/08/13 (Sun) 00:54】 映画 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Mirrors by フルカワミキ
せっかく聴いたので一応メモっておこうと思った。
元スーパーカー、フルカワミキのソロアルバム1作目、Mirrorsである。

ぶっちゃけ、元ネタが非常にか細いという印象。元々がか細いので、元スーパーカーの中村弘二を中心にしたサポートメンバーが、きらびやかな音をちりばめたところで出来上がりもか細いのである。んでもって、世界観はスーパーカーの焼き直しなんである。スーパーカーデビュー当時から解散までの様々な顔を焼きなおした印象すら与えてしまっているのである。

中村弘二という人は今はiLLというプロジェクトをやってるが、ポップスから距離を置いてどんどん内向的になってってる感じ。マーケットが小さくても自分の好きなことが出来ればいいやみたいなノリを感じる。
スーパーカーの中期以降に彼が見せていたエレクトロニカへの傾斜の角度が思いっきり深くなってて、嗚呼これをやりたいのなら解散しか無いわなと思わせるに充分なものだったりする。

そんな彼との共同作業で、改めて時間を逆戻りさせたようなサウンドに仕上げた理由は何故なのかということである。
スーパーカーサウンドを継承することで、ある程度のセールスはあげたいしという企業的思惑もさることながら、フルカワミキという人はやはりスーパーカーへの思い入れが人一倍あったの? という話になる。
しかし、それにしてもこれはまずいですぞ。曲も詞もとりたてて光るものはないしなー。特に詞がひどい。スピリットを感じないのである。自分で詞を書いてる意味ないじゃん。引き出しが無いのなら他の人に作ってもらえばいいのに。

あるいは、このアルバムは彼女の自分探しの序章なのかもしれない。
さらにがんばって自分探しをして彼女が進むべき道を見つけて欲しいと切に願う次第なのである。

とか辛辣な書き方になってしまったが、次回作で大化けを少しだけ期待はしてもいるのです。
【2006/08/12 (Sat) 03:38】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
休み明け
休み明けで仕事がたまっとる。

休み中、2泊で河口湖方面から原村へ。
1日目はキャンプ、2日目は目当てだった南アルプス方面にちょうど良いキャンプ場が見つからず、犬連れでもOKかつ値段もリーズナブルなペンションに1泊。台風が接近してた2日もさほどその影響は受けず、なんとラッキーなことに梨北方面は晴れ。

・とにかく涼しいところに逝きたい
・広々としててかつ水がきれいな清流で遊びたい

という二つの目標はだいたい達成。

2日目、烏帽子岳、甲斐駒ケ岳を源とする尾白川に逝く。有名な尾白川渓谷の入り口付近の白州観光キャンプ場尾白にてデイキャンプ。圧倒的に水が綺麗。俺的には満足の川だったが、カミサン的にはもう少し開けた川が良かったようだ。下流方面は水が汚くなるしなあ。北アルプスならそんな渓流いくつか知ってるんだがなあ。南アルプスの川は正直手探り状態。

キャンプ場から、ハイキングコース入り口の吊橋までの300mぐらいの区間で釣り遊び。
ホント、7年(8年?)ぶりぐらいにフライ竿を振るも、娘にフライ竿の扱いを教えるのに忙しい。てゆーか俺の竿は左利き用になってたんだった。仕方ないのでテンカラ竿のように使わせてみる。魚影は無く、釣り果なし。吊橋下ちょい上流で水遊びをする子供に聞くと、素もぐりで岩魚の群れを発見したという。花崗岩の多いこの川は砂が白く、きっと白みがかった綺麗な岩魚に違いない。あ、だから尾白(尾が白い)川なの? しかし、そっち方面は遊ぶ子供が多く竿は出せない。
長男は彼なりにルアーを流すがダメ。釣りだけが目的ならむしろもっと下流がお勧めなんだろう。

また釣りへの意欲が沸いてくる。けど葉山からは遠いんだよなあ。好きな釣り場。
【2006/08/10 (Thu) 13:50】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
康夫ちゃん落選
<長野県知事選>新人の村井氏が初当選 田中氏の3選阻む

そうかそうか。

投票率は前回より8%ダウンですか。組織票が生きたわけですな。
そうかそうか。

ネットでの議論をちょっと読むと田中指示が多いみたいだ。一概に言えないがネットを使ってる若年層、あるいはIT利用者層は田中支持が多かったのか。高年齢層、および普段ITに縁の無い人たちは村井支持なのか?ざっくり見て。
そうかそうか。

村井氏は優勢民営化に反対して野に下った元衆議院議員だったな。
自民、公明推薦ですか。
そうかそうか。

やはり、最期は神頼みだよな。
そうかそうか。

さて、明日は早いので支度して寝よう。

【2006/08/07 (Mon) 00:41】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
月曜からキャンプに逝くのだが
まだ仕事が片付いてないわけだが。


てゆーか、マジ暑い。
【2006/08/05 (Sat) 22:25】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
TBSは
亀田一家と心中する気らしい・・・ていうか、
ここまで堂々と八百長判定を見せられるとある意味すがすがしい。

それにしても何故に視聴率バッチリ取れるイベントを平日に?・・・と思ってたら、8月2日はこんな日だったんですね。
リングサイドにはその筋のエロい人たちが多く見受けられたといいますし、メインスポンサーはここでのようですね。
こういう色々なしがらみにガンジガラメな状態となりますと世間の空気を完全無視したジャッジの気苦労もわかるというもの。

みんな色々大変だなw

それにしても、今回の件、各界(特に芸能界)の方々のリトマス試験紙になってて興味深いですな。

ご参考
http://www.diary.ne.jp/user/31174/
http://column.chbox.jp/home/kiri/archives/blog/main/2006/08/03_054106.html
【2006/08/02 (Wed) 21:51】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。