逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
banging the drum by bloodthirsty butchers
20060430122227.jpgアジカンについてエントリ書いたら忘れないうちにこっちのレビューも書きたくなった。
同じ編成(ギター×2、ベース、ドラムス)なんだが、アプローチの仕方を比較すると面白い。
アジカンの三枚目はギターアレンジをかなり作りこんでる印象がある。その成果についはおいとくがアレンジは確かに面白いところが多々ある。
ブッチャーズもひさ子加入後の新作ということで、ギターアレンジ部分は作りこむかなあと思ってたんだが、そうではなかった。むしろガチガチに決めを作らず自然な感じで録ってる部分のが多いんでねえの?厚みや意外性を楽しんでる印象がある。極端なこと言えば、むしろストーンズの2人の絡みに近い感じ。
ただ、次はもう少し編曲を練った作品を出してくるように思えたんで、過渡期と先のエントリでは書いた次第。

けどね。この作品、買った当初より聴く回数が増えてる。聴くほどに味わい深いですよ。やはりいつも通り、轟音のあちら側(Web進化論風w)に垣間見える情景、詩情に妙に共感してしまうのだ。
次の作品もまた本当に楽しみなのである。
スポンサーサイト
【2006/04/30 (Sun) 12:23】 音楽 // TRACKBACK(8) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
やる気がでん
長野でのケコーン式への参列などのため2日から5日までお休みを頂く予定。

で、今やるべき仕事を片さなくてはならないのだが、やる気がでません。
寝坊した挙句ブログ更新してたら午前中が終わってしまった。これから頑張る。てゆーか、勿論1日までキッチリ働きますとも。自営業にGWは関係ない。お客さんが休んでる間にやっとけという作業が結構あるものなのだ。
【2006/04/30 (Sun) 11:24】 日記 // TRACKBACK(12) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
地域通貨・気持ちはわからんでもないが
逗子市長のブログで地域通貨ネタが。

都市間で地域通過を換金するシステムを構築というのは迂闊なことすると本来の地域通貨の目的に反して本末転倒な結末になる可能性もあるかと。。。
てゆーか、そんな面倒なことしとらんで現金払いしとけという話はないのかしらんと。さらに地域通貨が根付かない理由に「換金性がなく」とあるが、それも本来の目的を考えたら基本的な縛りだったはずなんだが。換金できる瞬間から通貨としての特性(投機性その他)を身にまとうわけなんですが。

俺も詳しくないんで、その辺突っ込んだエントリを希望。そういえば逗子って地域通貨やってたんだっけ。
ということで、このエントリは市長BlogへのTBテストも兼ねたりする。たぶん、受け付けてないんだろうなあ。

【追記】
やっぱ、TBも受け付けてないや。
受け付けてないなら表示するなよ。ブログでなしに「日記」にした方が誤解を招かないと思うんだが。
【2006/04/30 (Sun) 11:07】 葉山・逗子・秋谷 // TRACKBACK(15) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
再び冷凍みかん冷凍みかん…
今年2月に耳に残ってエントリしてたGTPの冷凍みかん

静岡でブレイクしてる話は聞いたが、4月5日にシングルが発売となっていたとは。
ジャケットのイラストもなかなか。
JRではこの曲に乗せて冷凍みかんを売ってるらしいが、売上倍増だとか。静岡県内で売上1.5倍アップだとか。
色んな意味で、う~、う~、おいしい~♪17442_2.jpg


【2006/04/30 (Sun) 10:09】 音楽 // TRACKBACK(9) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ASIAN KUNG-FU GENERATION in 横浜BLITZ
何時の間にかカミサンがチケットを2枚購入しておった。
中2の息子がファンなんだが、俺に連れて逝けという。
確かに息子にアジカンを教えたのは俺だが、俺は正直乗り気はしない。特に3枚目を聴いてからは急速に彼らへの興味が失せつつあったしー。

しかし、とにかく当日になってしまったので逝ってきた。

1階のスタンディングだったんだが、ひとまず一番後ろで様子見。大人しそうな客層だったんで、息子に「行っていいよ」というと、あっという間に彼は人ごみの中に消えた。
大人しそうな客が多く、ダイブなども無い。新アルバム中心のセットリストが乗りにくかったというのもあるかもしれん。アンコールでやっと発散できたんではないか。

彼らはギターバンドである。ギターアンサンブルで人がやってないようなことを限界までやったるみたいな意気込みがある。しかし、その部分に囚われすぎてるような気がした。微妙に伝わらないもどかしさがあったんではないか。確かに演奏自体は良かったんだけどな。

俺は彼らに物足りなさを感じている。
CDでもずっと感じていたんだが、ライブを見てその物足りなさの理由がわかったような気がする。彼らは、XTCをはじめとするヒネクレ系のギターバンドから強い影響を受けてるんだが、彼ら自身があまりに素直すぎるように思うのだ。
器用で素直な子達がヒネクレ音楽の模写から始めて試行錯誤して完成させた音楽。上手いしアレンジも面白いし実に健全だしPTAとかも彼らならOKなんだろうが、あまりぐっと来ないわけです。実は、B'z風味の一般受けするスタイルとかでもやれば出来ちゃうだろみたいな小器用さが垣間見えてしまったりもする。(ボーカルは無理だけどね)
ファンの要望に素直に答えるのも良いんだが、ここいらでファンを良い意味で裏切ってくれることを願ってる次第。

後、ライブで気づいたことが一つ。
このバンドはボーカルのめがねがブレーンとなってサウンドを2人のギタリストで組み立ててると思ってたんだが、ボーカルじゃない方のギタリストの方がサウンドを牛耳ってる印象を受けた。クレバーで太い創造力のあるギターを弾く人だった。

息子は汗だくになって戻ってきた。楽しんだようだ。よかったよかった。
【2006/04/30 (Sun) 00:06】 音楽 // TRACKBACK(11) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Rd. 6 Rally Argentina
久々に面白いWRCが帰ってきた。
現在Leg1が終わってこの結果。

ローブ、ソルベルグ、グロンホルムの3強がハイテンションのトップ争いを繰り広げ、ヒルボネン、ガリ、ストール、アトキンソン、ダニエル・ソルドといった連中も僅かなタイム差でひしめくというファンには嬉しい展開。

ソルベルグは、コ・ドラ側の窓が外れたえいタイヤパンクしたり、タイヤローテ中にジャッキ破損して作業遅延→10秒のペナルティ…とったアクシデントがあったようだが、SS10終了時点で、首位ローブとソルベルグの差は20秒。もの凄い集中力。やはりスバルが強いと面白い。

SS8でグロンホルムがエンジンストールでレグを撤退してしまったのが残念だが、なんとかローブの独走を抑えて欲しいわけですよ。ペターさん。
【2006/04/29 (Sat) 09:30】 WRC // TRACKBACK(8) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
保釈されたホリエモンがスリムになってる件
スリムになっただけで妙に好印象じゃねえか。

やっぱね。デブはいかんね。デブは。

麦飯ってすげえな。ていいますか、粗食で規則正しい生活しとけばたいして運動しなくてもこういう結果が出るわけですね。
【2006/04/28 (Fri) 00:34】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
リンチ殺人事件、栃木県控訴へ
リンチ殺人事件、栃木県控訴へ…名誉、士気にかかわる

残された道は汚名を潔く被ってマイナスから努力で這い上がるしか無いと思うんだが、この期におよんで「名誉」だってwww
本当に根っから腐ってるな。

 少年グループからリンチを受けた末に殺害された栃木県上三川町、会社員須藤正和さん(当時19歳)の遺族が、栃木県と元少年3人(1人は和解)、その親を相手取り、約1億5000万円の損害賠償を求めた国家賠償訴訟で、栃木県は24日、捜査の怠慢と殺人との因果関係を認めて県に最大9633万円の支払いを命じた今月12日の宇都宮地裁判決を不服とし、東京高裁に控訴する方針を決めた。
 県は、〈1〉1億円近い県民の税金を支出することになり、1審判決だけでは決められない〈2〉判決では県警の言い分が全く認められておらず、警察官の名誉、士気にかかわり控訴せざるを得ない――などとしている。



【2006/04/25 (Tue) 20:07】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
hymnal by kawol
kawol_hymnal.jpg俺は、音楽を聴く時、演奏者自身をキチンとリスナーに投げかけてるかどうかという条件を設定してるように思う。(みんなそうか・・・)
勿論、俺好みのメロディラインとかハーモニー、コード進行はあるんだが、それだけでは足りない。それ以前に、表現者の自身の魂が凝縮されているような詞の断片だったり、叫びだったり、和音だったりをぶつけてもらう必要があるのだ。そして、その表現者の魂に共鳴した時、幸せな気持ちになるのだ。
例えば、前に紹介したkocoronoでの吉村氏はお世辞にも歌が上手いとは言えない。しかし、彼の出す音、詞が彼の体の奥底から体を搾りに搾って紡ぎだされていることにまず感動し、その結果に共感するんである。

要するに共感の前提条件として、「その音がそいつ自身か?」という課題をクリアしてもらう必要がある。

で、kawolの作る音のことだ。kawolの作る音は、まったくもってkawol自身なのである。今回の作品hymnalもそうだ。その表現手段も録音技術も、演奏内容も全てが、現在のkawolそのものであるという点において、実に清々しいのだ。
誰かが今回の作品を評して「爽やか」と言ったそうだが、妙に納得する。

なんせ、hymnal(讃美歌集)である。聴けばわかる有名どころばかりなんだが、kawolの体を通して完全に分解再構築されているので、大きく原曲とは異なる。
1曲目、Goin' Homeは、ドヴォルザークの交響曲第9番「新世界より」第2楽章である。調べてみたらこの曲もゴスペルとして詞をつけて発表されているのね。彼はアメリカに渡った後、ネイティブアメリカンの音楽やゴスペルからインスパイアされた作品を発表したことで知られてたっけ。
2曲目、My Bonny is over The Oceanは、俺はビートルズがトニー・シェリダンのバックバンドとして演奏した曲ということで記憶してるだけだったんだが、原曲はスコットランド民謡と言われてるらしいな。
3曲目、His Kou Ghimenten Tchim Gidiは、詳しく知らないんだが、作者のSayat Novaはアルメニアの吟遊詩人だっけ?忘れた。Kawolは彼の作品を好んで演るね。
4曲目、GoodNight Ireneは極道ブルースマンレッドベリーの曲ということは知ってるんだが、悲しいかな俺、原曲を聴いた事が無い。
5曲目、Nearer, My God, to Theeはタイタニックで有名なアレ。「主よ みもとに 近づかん」

俺のお気に入りは、4、5曲目。4曲目は、極悪人のレッドベリーが幼女アイリーンへの恋心を歌ったもの。なんだロリコンかよ、何故に賛美歌かと言いたくなる人もおられると思うが、見事な祈りになっているのである。正反対にある二者であっても極めるとそれは表裏紙一重背中合わせに居ると思うわけです。で、その紙一重の境界線上、ナイフの上のような危うい場所に立つ人間のみが表現しうる祈りがあるような気がする。
kawolはおそらく祈りをよりストレートに伝えるため、あえてシンプルにモノラルマイク1本で録音したんだろう。ミスピックもそのままになっているが、そんなことはどうでも良いのである。
逆に今ひとつだったのは、2曲目。今ひとつ消化しきれてない印象。

誰しもに勧められる作品ではない。ちょっと聴いた瞬間に毛嫌いする人も多々あるかもしれないが、その辺に転がっているポップミュージックを聴くより幸せを得ることができる人もいるに違いないと思う。
彼は、昔からそういう音楽をやってきたし、きっとこれからもそうだろう。

kawolのブログはこちら。このアルバムはメールオーダーできる。
【2006/04/25 (Tue) 00:48】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
そこがミソ
負け組ゼロの社会にします

でなしに

負け組ゼロの社会にしよう

と叫ぶ。そこがミソ。
【2006/04/24 (Mon) 14:29】 日記 // TRACKBACK(8) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
<衆院千葉7区補選>民主公認、太田氏当選 自民を破る
家に戻ったら千葉7区補選の結果が出てた

民主党公認、元千葉県議であり元キャバ嬢補導歴有りの26歳太田氏が当選し、元埼玉県副知事、東大卒、国1旧通産省、ハーバードMBA取得という輝かしい経歴の持ち主の46歳斉藤健氏@最初はグーを破ってしまった。

なんか、小沢効果とか風向きが変わったとか言ってる人もいるようだが、元々この選挙区は自民と民主が拮抗してる選挙区だろ。民主の内山晃だって前回の選挙では善戦してる(比例区で当選)ワケだしな。
んで、前回トップ当選した松本和巳の公職選挙法違反で今回の選挙。しかも自民公認の斉藤健氏は地元では無名の落下傘候補である。こんな本を著してたりもするインテリ好みの候補者ではあるが、県議として地元に根付いてる庶民派太田氏の方がどう考えても有利だった。最初っから自民不利だったんである。前回の自民大勝の反作用もあるだろうし。
元々不利な選挙と認識してもっとネガティブキャンペーンを徹底すれば斉藤氏にも目があったような気がするんだけどな。ネタ、掘り出せば結構あったんでねえのか? それが、最初はグー!!斉藤ケーン!!とか唱和してる時点でなんかなーと。
要するに、民主党は元々自党に有利な選挙に勝っただけの話で、別に小沢氏が党首になったからどうのってのは、民主党広報的マスコミネタ的には面白いが、それだけのような気がする。民主党は今後も当面は生暖かく見られてると思った方が賢いと思うなあ。

あと、直感的に感じたのは、前回の衆院選でもそうだったんだが、国民のルサンチマンの影響度である。前回、自民党は結果的に国民の様々な形のルサンチマンを(意図するしないは別として)に上手く乗っかったような気がして「闇の中の虹」というエントリを書いたが、今回も斉藤健氏の輝かしい経歴というのは、選挙戦には不利に働いたのではないかと思ってる。国民の共感を得やすいのは、元キャバ嬢の方なんである。元キャバ嬢でしかも地元の県議という時点で、既に圧倒的に優勢なんである。「負け組ゼロの社会にしよう」なんて甘い言葉、方法論を尋ねた瞬間に破綻するような戯言を人が信じたと思ったら大間違いなんである。
自民は元副知事なんかより、むしろ例の三兄弟の親父、亀田史郎氏とかを立てた方が勝てたかもしれんぞ。

【追記】
最終得票数を書くの忘れてた。
太田候補8万7046票、斎藤候補8万6091票。
大接戦である。斎藤候補は形勢不利な中、頑張られたと思う。ネガキャンがもう一押しあればなあみたいな感じ。

斉藤氏の知合いであるかんべえ氏が溜池通信敗戦の弁のタイトルで語っておられる

やっぱり「さいとう健は、出る時と場所を間違えた」のだろうか。人物本位ということであれば、少なくとも「83会」で彼を上回る人物はそれほど居ないと思うのだけれど。天道是か非か。


俺は、直接の知合いでもないので氏の人となりを知る由も無いのだが、かんべえ氏があまりに推すのでちょっと肩入れして見てた経緯がある。せめて、氏の著作「転落の歴史に何を見るか―奉天会戦からノモンハン事件へ ちくま新書」は買って読むことにしたい。書評を読む限り好印象である。てゆーか、面白そうじゃん。

【2006/04/24 (Mon) 00:58】 ニュース // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
円楽勇退「笑点」5代目司会者に歌丸
師匠。お疲れさまでした。
今後はノンビリと種馬生活を満喫して欲しい。

しかし歌丸師匠の回答が聞けなくなるのは寂しい。
あと楽太郎師匠の歌丸ネタが増えてしまうわけだが、歌丸師匠も69か。40年続いていまだ視聴率20%を超えてるモンスター番組なわけで、司会はストレスも溜まるだろうな。
で、歌丸師匠の席が空くわけだが、やはり昇太になるのだろうか。

視聴率が視聴率だけに大物にアサインしてたりしてな。立川志の輔、春風亭小朝。。。 無いか。

【追記】
なーんて書いてるそばから、昇太加入の記事みつけた。てゆーか、昇太、俺より年上だったのか。
【2006/04/23 (Sun) 11:39】 TV・ラジオ // TRACKBACK(10) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
渋滞と床屋
道混んでるねー。
鎌倉に修正したデータベースを納品に逝き、帰りに渋滞にハマる。あーウザい。
やっと逗子に入ったところで、1900円の床屋が池田通りに出来たのを思い出し、寄ってみた。結構うまいじゃん。
しかし、顔そってもらったら首のあたりから結構出血。イテー。まあどこの床屋でも出血するんで特に文句は言わない。元々首のあたりの皮膚は弱くてずっと電気カミソリを使ってるんだよな。最近は顔剃ってもらわないことも多かった。
慣れないことはしない方が良い。

【2006/04/22 (Sat) 16:37】 日記 // TRACKBACK(7) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Windows Vistaのことでもそろそろ
Windows Vistaについてそろそろチェックしとくかなーと思いつつも仕事的には特記することが何もない。個人的にも、俺、買う時以外、パソコン興味ないし。。。
企業はむしろクライアントマシンは軽くしていきたい方向だったはずだが、資料読むだけで鬱陶しいほどVistaは重たい。
まあ嫌でもハードは来年以降Vista搭載になるだろうが、その前にXP搭載機の駆け込み需要がある予感。法人ユーザとかは現在のシステムの安定稼動環境を温存してXPをぎりぎりまで使い切ってからVista移行を考えるだろ。今クライアントに98を使ってればVistaよりはリスクが低いXPに移行して、サポート切れまで使うと。業務を考えるとこれといって魅力らしい魅力は今のところ見出せないし、どうせ移行するなら64ビットの人柱が埋まった後にしたいところ。Vista浸透は2010年以降かなと。

けど、個人ユーザさんのサポート仕事は出るので、対応はしとかないとなー。
【2006/04/18 (Tue) 22:14】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
実写版ちびまる子ちゃん
メシ食いながらTVつけたらやってたんだが、なんか最後まで見ちゃった。
まる子役の子が神演技。んでロケ地が良いところだなー。富士山がいい感じ。清水市でなしに富士市かな?
【2006/04/18 (Tue) 21:43】 TV・ラジオ // TRACKBACK(10) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
葉山芸術祭
もう葉山芸術祭の季節だ。時がたつのが早い早すぎる。
昨年の芸術祭の時、忙しくてほとんど参加しなかった記憶だけがある。その後さらにバタバタして完全に仕事漬けになった覚えがあるから、あれから1年間、俺ほとんど仕事しかしてねえことになる。

まだ忙しいんだが、どっかでちょっと立ち止まって生活立て直す必要がある。
【2006/04/17 (Mon) 14:50】 日記 // TRACKBACK(8) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
kocorono by bloodthirsty butchers
最近またブッチャーズのCDを車の中で聴いてることが多い。

田淵ひさ子加入後のbanging the drumも良いんだが、過渡期という印象は否めない。(だから次の作品を楽しみにしてる) やはりよく聴くとなるとkocoronoになってしまう。到達点というか沸点のような凄みを感じるんだろうな。
とにかくkocoronoをかける。んで、「7月」を大声で歌う。青くせー。けどそれでいいと居直る。
青臭いで思い出した。サンボマスターの新譜をまだ買ってなかった。これも楽しみ。

kocorono.jpg


「7月」
ここにあるだけの夢を川で遊ばせ 流れにまかせて 流れに逆らい
夜には静かな 炎が燃え始め 君に伝えたいだけ どこにも君はいない
嘘に包まれる事がとても多く 君の言うとおり なんとか目をそらす
熱くなった身体を 川でなんとか冷ます 流れる想いは 僕を永遠に連れてく

照りつける陽の下で 流れる水につかり 君を忘れ 暑さをしのんでいる
かげろうが邪魔する 僕の視界を邪魔する 去年は君と 泳いでいたのに
暑い夏の日よ どうして乗り切れば・・・ このままでは全て 流れていきそうで
僕を呼んだ ような気がして 蝉の声はひびく・・・。

あふれるくらい たくさんの星の下 あふれる涙を 必死におさえている
星も泣いてる 僕も涙止まらない 揺すらないでくれ! 触らないでくれ!
あふれるくらい こぼれる星の下 あふれる涙を 必死におさえている
星も泣いてる 僕も涙止まらない 揺すらないでくれ! 触らないでくれ!!         
(作・吉村秀樹)


【2006/04/17 (Mon) 00:54】 音楽 // TRACKBACK(8) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
avast!4 Home Edition
なんか、ウチのパソコンが一斉にウイルス対策ソフトの更新時期となっておる。

またノートン使うかなーと思っていたが、知合いから無料で使えるウイルス対策ソフトAvast!4 Home Editionを教えてもらい調べてみた。

このソフトは非営利目的の個人使用の場合に限って無料で使用できるというルールがあるので、俺の仕事用PCは当然有料使用となる。その時点で魅力は半減する。(有料版のProfessional Editionは年間契約が4,572円のシェアウェア。)
また、今時は欲しいスパイウェアプログラムやアドウェアプログラムの検出駆除機能は無い。Ad-Awareを使えばいいじゃんってことになるが一つのアプリでチェックできればそれに越した事はないのだ。とにかく管理に余計な手間をかけたくないとなると、多少重かろうが勝手にやっててくれるノートンにしとくかということになる。付き合い長いし(笑)マカフィーもトレンドマイクロも嫌いだし。KING SOFTは使ってる人聞かないしw。

【2006/04/16 (Sun) 23:14】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(11) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
9時過ぎてもスシローが混雑してる件
三浦海岸のあきんどスシローに逝く。
激しく腹へった状態で20分待たされテーブルに座るやいなやブタのように喰らう。15分程度で満腹。食事が終わったのは9時近かったが、まだ家族連れが大勢待合の場所で待っておる。ここはほんとにいっつも混んでるな。
言っちゃ悪いが、あまり金持ちそうななりの人はいない。勿論俺たちもそう。きったねーガキどもを引き連れたパンチパーマのオバサンとか、ヤンキー様ご一行とか、そうかと思うと無愛想な外人が一人で待ってたりする。

回転寿司にこだわって顧客満足と合理化を突き詰めるとこういう形になるのではないかと思わされるスシローのシステム。寿司屋とはまったく別の世界になってるわけだが、結構好きだ。
合理化といっても馬鹿みたいにITに頼るでなしに、アナログがキチンと幅を利かせている。皿の枚数をカウントするのにICチップなんて使ってないし個別の注文するときは、インターフォンでやり取りをする。この辺のアナログさ加減が良い。
残すべきところは残し排除するところは排除しておる。回転するコンベアの中に職人を置いて握らせるみたいなコストのかかる中途半端なことは勿論しない。「寿司の加工製造作業」は全て裏手で行われ、直接は見ることはできない。といって完全にシャットアウトしてるわけでなく生き生きとバイトさんが働いてる様子はわかるようになってる。絶妙なさじ加減である。
流れる寿司は5皿程度同じ種類がまとまって流れそれぞれにキチンと分かりやすい看板がついている。個別に注文した皿は各テーブルに割当てられている色と同色のトレイに乗せられ回ってくる。完全な「構造化」である。
ネタは全皿100円とわかっていれば腹の立たない内容。今日のお勧めみたいなのもちゃんとある。茶は飲むときに邪魔になるティーバッグでなく抹茶を使っているあたりも心憎い。醤油皿なんてものはない。食堂に良くある腹を押すとちゅーっと出る醤油入れと甘ダレ入れが置いてあり、寿司に直接かけるもよし、寿司が乗っていた皿に溜めて普通に寿司をつけて食べるもよし。子供にはラクチンである。
昔長柄の寿司を食いたければ寿司屋に逝ってくれと。俺らは違うんだみたいな意気込みが細かいところまで行き届いておる。

そうそう。最近新横浜の客先近くのかっぱ寿司で昼メシ食ったが、結構スシロー並に良くなっていた。回転寿司も進化しとるんだな。

寿司屋 > 昔ながらの回転寿司屋 > 100円均一回転寿司屋

みたいな住み分けが進んでいるようだ。

【2006/04/15 (Sat) 03:36】 日記 // TRACKBACK(10) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
久々の足柄
データベースの保守その他モロモロの作業のため足柄に逝く。

とっくに梅の季節は終わり桜も散っている。残念ながら霞がかかって富士山は拝めず。
昼飯に出てメシ屋の駐車場に車を停め、ふと店の裏手の田圃を眺めると、田圃も人の手を待ってる感じ。いい感じだ。新旧多様な家と大小の田圃が微妙に混在し実にあたり前な感じの田舎風情をかもし出す。こういう風景が好きだ。田園ならば、小奇麗に装って文化遺産っぽく自己主張する千枚田とかより、こういう強かで生活観溢れつつも文化的にはどうでもいいような風景の方が好きである。幼児期にこういう横浜市の隅っこの同じような風景の中で遊び暮らしたせいだろうな。田舎者なのである。

作業を終え帰宅途中、平塚で運転続行が危うくなり休憩。20分ほど寝る。昨晩準備とかであまり寝てなかった。気が付くと俺の車の前後にトラックが停車。後ろのトラックの運ちゃんも寝とる。眠気を誘う気でも漂っているのか?
海は朝ほどではないがまだ良い波が立ちサーファーが海鳥のように漂っていた。
【2006/04/14 (Fri) 00:43】 日記 // TRACKBACK(10) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
一澤帆布工業のお家騒動
まるでドラマのような兄弟骨肉の争いを経て、一澤帆布工業の元社長、信三郎氏は、新ブランド「一澤信三郎帆布」を立上げ、店舗がオープンしたというニュースを6日だったか、やっていた。
※争いの概要は、Wikipediaとか、当のサイトの中のスタッフのメッセージを読むと大体わかる。

長男&四男組は既に完全に悪役になってしまってるし、しかもほとんどの職人さんは信三郎氏についてってしまい、もぬけの殻の本社とブランドだけが残って製造営業不能状態で完敗という状況。
元々、赤字だったこの店の経営を立て直して京都の有名ブランドとして商売を軌道に乗せたのは三男の信三郎氏なワケで、裁判に勝ったとはいえ従業員の人望を集めていた信三郎氏を追い出すという所業に出た長男のドラマのような無能な悪役ぶりバカさ加減には呆れるしか無い。

本件についての巷のブログを読むと長男に対して「世間知らずのサラリーマンには無理」とかいう意見も見かけるが、そういうレベルではないと思うぞ、この長男。銀行員を定年まで勤め上げてるくせに、乗っ取りに当たって「現場も知らない、経理状態も把握してない、社員とも対話してない。」ですぜ。しまいにゃ、社員の前でカルロスゴーンを持ち出して演説する無能ぶり。事前に一澤帆布工業のことを勉強しとけば、そんな例えは出ないはず。ネットで調べるだけで一澤帆布工業という会社が信三郎氏の理念「そこそこの規模で、そこそこの商い。そこから生まれる、そこそこのもの」をベースに成立している稀有な会社であることがわかるのに、たぶんそれすらしてないんだろう。
あまりに無計画あまりに無思慮な乗っ取り劇。おそらく銀行員としてもダメダメだったんだろうと。だから天下り先も見つけることが出来ず、弟が苦労して立て直してるときには見向きもしなかった実家の家業に乗っかるしか無かったんじゃねえのと想像するのは容易いわけです。
ここの文を信じると、長男は金使いが荒くあまり現金を持ってないようだから、無理して相続税を工面して賭けに出たんだとしたら、悲惨な結末が待ってる悪寒。会社自体は自分のものなんで、法人税消費税(去年の年商は10億)と立て続けに絞られるわ、ブランドの価値は急落するわ。
ぶん取った土地の処分だけで済めばいいけどね。
【2006/04/08 (Sat) 02:18】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
太田スセリ
サーチエンジンでここに来るアクセスの検索ワードを見たら「太田スセリ」がダントツであった。
日々、コンスタントにこのワードでサーチがあるようだ。

彼女のブログもコメント増えてるみたいだし、いい感じになってるの?
喜ばしい。
【2006/04/06 (Thu) 09:42】 日記 // TRACKBACK(7) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
DEATH NOTE
DEATH NOTE。衝動的に1巻から4巻まで続けて読んだわけだが、中途半端なところで切れてしまった。何で5巻を買わなかったのかと激しく後悔。
ブックオフで250円×4=1000円でキリが良いと思っただけなんだけどね。レジに持ってったら1300円ですと!? よく見たら1巻以外が350円だったー。定価より40円しか安くねえじゃん。

内容的には、なるほど面白いです。単純に面白いとは違うストレス含みの面白さですな。心理戦はカイジを彷彿とさせるものがあるし、DEATH NOTEのルールをリスクを負いつつ手探りで会得して前進?していく主人公の様子はHUNTER×HUNTERなどに慣れ親しんだ少年の心も捕らえてるんでしょと。神(悪魔?)になることを決意してからはブレない主人公は大藪春彦の描くアウトローを思い出させてくれたりもする。死神のキャラは何故か星新一を思い出したりしてな。そんな作品あったっけな?忘れた。普通の人が死神というショートショートは覚えているんだが。
こういう作品がジャンプに連載される時代になったんだなーと感慨深い。
deathnote.jpg


【2006/04/06 (Thu) 01:17】 マンガ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ちょー最高に幸せなんですが
歯科に逝って来た。

歯にヒビが入ってるそうだ。道理で痛いワケだ。
だいぶ前から小さなクラックが入ってたみたいなんだが、それが先週末に広がったらしい。
神経を抜いてもらい、ヒビについては様子見。修復不可能であれば抜くという。

そんなことは正直どうでもよく、とにかくアレですよ。
麻酔を歯茎に打ってもらってからは極楽。嗚呼、痛みの無い世の中というのはこんなにも美しかったのかみたいな幸せ感。生きててよかった。目に映る全てのものが美しく見えますよ、まぢで。


【2006/04/04 (Tue) 16:50】 日記 // TRACKBACK(8) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
あと少しで楽になる・・・のか?
痛くてナンも手につかず。
痛み止めも効かず。

あと2時間ほどで歯医者の予約時刻だ。
きっと楽にしてくれるはずだ。。。よな。
【2006/04/04 (Tue) 14:10】 日記 // TRACKBACK(10) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
昼に歯痛を我慢してラーメン食ってたら鼻血が出た件
痛い部分をよけつつ食ってたんだが、それでも時折激痛が襲う。
それでも顔をしかめて麺をすする。
そのうち、激痛が襲う間隔が短くなってくる。
いてー。もの凄く痛い。
もう辛抱たまらん・・・と心で叫んだ時、気づくと鼻血が出ていた。
痛くて血圧が急上昇したのだろうか?

鼻血なんて何年ぶりだろうか・・・
店主に怪訝な顔されつつティッシュで血を処理して店を出たのであった。

今も痛みを我慢している。水を口に含むと楽になる。何故だ?
明日は医者に逝く。
【2006/04/03 (Mon) 23:33】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
風呂から出てみたら
東京大震災なるドラマの終盤だった。

てゆーかこのドラマ、ワンセグの宣伝だったのか。なるほど。
【2006/04/03 (Mon) 23:24】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
歯が痛いれす
何とか生きてる。歯がイテー!!

時間が取れず1ヶ月ほど歯医者に逝かなかった。
昨日の夜、ちょっと酒を飲んだらそれはそれはすごく痛いのです。
今朝は少し楽ですが、腫れてるしー。

明日には歯医者に逝こう。

ウェブ進化論を読み始める。突っ込みたいとこはあれど面白いっちゃー面白い。てゆーか、この本が売れてること自体のほうに興味あったりする。
【2006/04/03 (Mon) 08:43】 日記 // TRACKBACK(9) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。