逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
荒野ニオケルbloodthirsty butchers by bloodthirsty butchers
荒野ニオケルbloodthirsty butchers

kouya.jpg


先週末からまた聴きこんでる。
スポンサーサイト
【2006/02/28 (Tue) 21:52】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
オリガミスト永田の会見
要するに武部に改めて宣戦布告をしたわけだが。
【2006/02/28 (Tue) 15:34】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
やっべ
3月に入る前から既にテンパってきた。

やっべ、やっべ。
猫の手募集するか…うーん。


しかも、右肩がこって腕が上がらなくなってきた。わーん。
【2006/02/27 (Mon) 23:46】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
一乗谷
一乗谷という土地、一度は行きたい思いつつ縁が無くて逝ったことがない。
狭隘な谷に無理やり作ったような城下町。朝倉氏が滅んでからは、田圃と化してほとんど見向きもされず今日に至ったため、逆に当時の佇まいが平面図としてそのまま保存された土地。どんなところか、この目で見てみたい。

とか、思ってたら今日の大河ドラマはちょうど、信長の朝倉攻めのあたり。金ケ崎城を落とした後の信長に浅井が反旗を翻したところ。撤退にあたって秀吉が「しんがり」(撤退軍の一番後ろで追ってくる敵を防ぐ役目)を請けた有名な場面。
俺はこの話が好きである。
秀吉は確かに頭のよさと機転、それに話術で出世の道を掴んだ男。しかし、この局面で生還の可能性が殆ど無いと言われてた「しんがり」を請けなければ、あれほどの大物にはならなかったというのは多くの人が思うとこだろ。彼は、信長の窮地に自分の命を賭けた。そして結果的に命を拾い、織田家の中での地位を不動のものにする。命がけの賭けに勝ったのである。大河ドラマでは柄本明がかなり癖のある感じに演じているが、この当時の秀吉はあそこまで酷くないだろと思うぞ。あそこまで酷いと信長に疎まれてるだろと。まあいいや。

で、一乗谷のことである。合理主義者の信長や秀吉から見ると、考えられないような場所で政治をしてたわけである、朝倉という人は。鎌倉も狭隘な土地だが、引いて関東全体を見れば千葉、三浦から伊豆までの交通の便を考えて納得もする。海に近く実際諸国との交易も盛んだった。
しかし一乗谷ってなんか使えない感じなんである。確かに谷の木戸の外には美濃街道、朝倉街道が通ってるとはいえ、実際のところ越前の経済の中心はこの川を下った福井盆地(北庄とか)に在るわけで、事実、朝倉家が滅んでからはずっと田圃になってたわけである。
とにかく織田という新勢力に滅ぼされてしまったというより時代におし流され消えうせてしまったような感のある中世のシンボルのようなこの土地、逝って見てみたいのだ。
【2006/02/26 (Sun) 23:29】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
なんかイナバウアーイナバウアーて
うるせーったらない。

昨日まで知らなかった奴が「荒川様のイナバウアーはとってもキレイ」なんて言ってたり、しまいにゃオヤジとかが100人乗っても大丈夫とか言い出すし、聞いてらんない。てゆーか、俺もどんな技か良く分からなかったわけだが、さっきのニュースでやっとわかった。
イナバウアー!!とか叫んで腰痛める主婦続出の悪寒。3回転ジャーンプとか叫んで飛んで1回転も回れないで転ぶ奴とか。大抵の大人の皆さんは日頃運動不足なんだから調子に乗るのやめときなさいって。
それにしても久々にタマランチ見たな。せっかくの荒川さんの晴れ舞台にプレゼンターがこの人とはなあ。やや興ざめ、とゆーかまだ生きてたんですね。憎まれッ子は長生きですな。


ともあれ荒川さんおめでとうございます&お疲れさまでしたになるのかな。引退する意向らしいし。村主さん安藤さんは次もがんばって欲しいです。(ごめん棒読みぎみ)

【2006/02/25 (Sat) 02:12】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
国会の品位と権威にかかわるプロジェクトチームw
前原・民主代表、永田議員を当面慰留

 民主党の前原代表は24日朝、ライブドア前社長の堀江貴文被告が武部自民党幹事長の二男への送金を電子メールで指示したと指摘した永田寿康衆院議員(比例南関東ブロック)の進退について、「(永田氏はメールが)100%確かだと立証されていないことで責任を感じているようだが、私はニセ物だと思っていない。今の時点で、その(辞職の)必要はないと考える」と述べ、当面、永田氏を慰留する考えを示した。
 党執行部の責任論に関しては、「マスコミからしか出ていない。党内には『頑張れ』との声もある」と語った。都内で記者団の質問に答えた。

 一方、自民党の武部幹事長は24日午前の党役員連絡会で、「民主党は執行部への波及を恐れ、永田氏の入院という前代未聞の対応を取った」と厳しく批判した。さらに、その後の記者会見で「国会の品位と権威にかかわるプロジェクトチーム」(座長・逢沢一郎幹事長代理)を設置する考えを明らかにした。



「国会の品位と権威にかかわるプロジェクトチーム」そのものの品位を問いたい問い詰めたいわけだが。
どんな確証があるか知らないが、宙ぶらりん状態で被害被ってる民間人武部二男への謝罪無しに勝手なことをしてる非常識な民主党にはウンザリだ。
しかし、このタイミングでこんな大袈裟な名前のプロジェクト作って自滅しそうな民主党を追い込むという姿勢そのものが下品だろ。二男の名誉回復する目的ならもちっと他の方法があるだろ。同じ追い込むにしてももう少し人目とか気にしろと。

バカじゃないの。てゆーか、仕事しろ。
【2006/02/24 (Fri) 12:55】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
風邪なのか花粉なのか
昨夜、風邪っぽかったので12時には就寝。

が、今朝相変らず調子悪い。特に鼻水。微妙にだるいし。
風邪と思ってたが、カミサンから花粉じゃないかとの指摘。
うーん、確かに微妙で判断に迷うところ。
これは風邪なのか、花粉症なのか。

【2006/02/24 (Fri) 08:51】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
党首討論
まさか口座名とかじゃなく「イラク話」が隠し玉だったとは。


完全にナナメ上をいかれた気分。
失笑覚悟の捨て身の姿勢はもしかして人としては買い…なのか?

てゆーか、国会中継は教育上よろしくないなw
【2006/02/22 (Wed) 16:00】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
糸山センセイが一言で終わらせてくださいましたw
本当にありがとうございました。

金はもらっているに決まっている、しかし振込みでもらう馬鹿な議員はいない。


【2006/02/21 (Tue) 17:27】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ピアノの森
piano.jpg


「花田少年史」の一色まことの作品。
仕事の合間を縫って11巻まで速攻で読破。以下、多少ネタバレぎみ。

ありえねえー筋書きが一ノ瀬海という天才を引き立たせる。
不遇な境遇の天才を見出し師匠となるかつての天才。さらにその天才に対する憧れと劣等感に苦悩しつつも自分にオトシマエをつけていく秀才の心模様。天才のおかげで自分のピアノに開花する少女の天才へ寄せる思い。
なーんていうと色々と思い出すストーリーがあると思う。まさに王道。ただ、このコミックは、他の天才モノ(勝手に俺が今そう呼んだだけ。「ガラスの仮面」とかそういうの)同様、主人公=天才なんだが、主人公が苦悩する様というのはあまり印象に残らない。天才はあくまで神に近い存在として位置付けて、その周辺の人間模様に天才と同じかそれ以上にページを割いてる。

天才というのは天使のようなものだ。それを象徴するように一ノ瀬海という主人公は限りなく中性に近い描き方をされる。

光り輝く美しい天才に憧れて読むもよし、苦悩に身悶えつつ這いずりながらも前に進む凡人(秀才)に共感するも良い。

俺は後者。やはり、雨宮修平という典型的な努力型の秀才の行く末が気になる。雨宮の物語は、自分のスタイルが見つけられずピアノが弾けなくなってしまった彼が一ノ瀬海に再開して自己の本分を見つめなおし現実と向き合い自分のピアノと向き合う決意をしたところが一つのクライマックスになっている。今後、彼は友人であり天才である一ノ瀬に追いつくため、自分のピアノを聴いた友人を失望させたくない一心で血の滲むような努力を積んでいくのだろう。この先の展開、楽しみである。

【2006/02/21 (Tue) 01:50】 マンガ // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
このページの先頭へ
「ポケモン」の移動式遊園地、世界各地で展開・任天堂
「ポケモン」の移動式遊園地、世界各地で展開・任天堂

愛・地球博で開催したポケパークの成果を踏まえて行けると踏んだんだろうな。しかし米国あたりではポケモンもう全然ダメという話も聞くし、どんなもんかしらん。

移動式遊園地という考え方は合理的だ。TDRのような据え置き型だと常に新規のコンテンツを検討して実現するサイクルが稼動している必要があるわけで、そこに大変なコストがかかるワケだ。しかも、当たるか当たらんかワカランし。移動式なら場所を変えて同じコンテンツとマニュアルの使いまわしで数年は行けるわけだならな。保守や移動のコストを含めても据え置き型よりは利益が出ると踏んだんでしょうね。
【2006/02/19 (Sun) 00:26】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
永田ちゃん、新事実出ず自爆の様相
予算委員会、原口議員が妙に時間稼ぎしした後に永田ちゃん登場。なんとかこの時間だけTV見れたー。

永田ちゃん、冒頭で「ガセネタ」と言われた事について執拗に拘ろうとするも、早々に証拠どこ?の本題に入られる。それからは半ば混乱したように、小学生並の愚痴に終始。総理と官房長官に子供を諭すように説教され、反論できず。
せめて振込みの事実を立証できる証拠が無いと。てゆーか、証拠出せなくても、どこに振り込まれたか(永田ちゃんは知ってるらしい)教えてくれるだけでいいのに、それすら出せず。そんなの言ったってネタ元に危険が及ぶとはちょっと考えにくいんだが。
それじゃ、安部氏の言うように武部氏次男への名誉毀損、誹謗中傷レベルだ。安部氏によれば、武部氏次男はこの件でかなり痛手を負ってるという。そりゃそうだよな。

議員にしとくのはいかがなものかな。この人。
【2006/02/17 (Fri) 16:59】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
明太子スパゲッティ
明太子がたくさんあったので久々に昼メシを自分で作る。
明太子スパゲッティである。

ネット上には膨大な量の明太子スパゲッティのレシピがあるが、とりあえず気分で選ぶ。参考にしたレシピはこちら

美味かった。
【2006/02/17 (Fri) 12:24】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
子供たちが危ないとか言って時間浪費・・・
TBSで子供たちが危ないとかぬかして無駄な電波を垂れ流してた。

少ししか見てないんだけど、ゲーム脳とか、キレる子供とか、壊れる子供とかお決まりのことを延々とやってたようだ。

俺的に言えば、質の変化は多少あるにせよ、今も昔もさほど人間変わってないだろ。でおしまいである。凶悪な奴はいつの時代も凶悪だし、そういった人間の発生率にさほど変化は無いんでないのという印象を持っている。あくまで感覚でとらえてるだけだけど。
単純にデータだけ見れば減っているようにも見えたりもする。しかし、犯罪の量、質については、元となるデータの根拠そのものまで言及しないととてもじゃないが整理したり今昔正確に比較したりできない。てゆーか、俺には無理。

そんな中、TVに出てる団塊連中はよくも今の子供は切れやすいとか平気で言えるよな。昔の子供はキレにくかったとでも言うのか。昔からキレた子供の事件なら、いくらでもあるわけだが。しまいにゃゲーム脳ですかw 今更よくも恥ずかしげも無くゲーム脳なんて言葉をTVで言えたものだが、まあそれに頷いちゃう人もまだ多いということなんだろうな。

少年犯罪については、詳しく調べてるサイトが幾つもある。検索すればすぐにヒットする有名どころだが、ざっくり見たいならこことか
詳しく知りたい場合は、ここ。このサイトの中に、13歳以下の子供による事件を整理したところもある。

凄いよ。俺も学生だったら調べてみたいところ。社会学とか、今勉強したらおもしろかろうな。
【2006/02/15 (Wed) 23:03】 TV・ラジオ // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
マルティン、ラリーに参戦
マルティン、ラリーに参戦

まだ若いんだから、ステアリング握らない生活に耐えられるわけ無いさと。今回はグループNマシンらしいが、これをキッカケにまたどんどん乗って欲しい。

マルコ・マルティンが、昨年9月のラリー・GB以来となるラリー参戦を予定。来月のラリー・オブ・ポルトガルに登場する。
 WRCのGBラウンドでコ・ドライバーのマイケル・パークを失って以来、2005年WRCのラスト4戦を欠場していたマルティンは、WRCに失望し、チームマネジメントや2人の若手エストニア人ドライバーを育成するためのジュニアチーム設立活動に専念していた。
 WRCの候補イベントとして開催されるラリー・オブ・ポルトガルでは、マルティンは2台のグループN仕様のインプレッサの内の1台をドライブ。もう1台は、自身が育成しているジュニアドライバーの1人、マルティン・ラウアムがドライブする。
「ポルトガルは僕が最初に参戦したラリーのひとつなんだ」とマルティン。「ここのステージは大好きだし、南ヨーロッパの中でも最高のグラベルだ。それに僕は何もすることはなかった。それに、エストニアにいても-15℃だしね!」
 しかし、ファロを拠点とするこのイベントのシェイクダウンまで、マルティンがインプレッサをテストする予定はない。WRC5勝をマークしているマルティンは「テストはしない。それほど真剣に勝利は狙ってはいかないからね」と語る。「グループNマシンをドライブするのは久しぶりだから、どこまでいけるか分からないし」
 しかしこのイベントはグループNとスーパー1600マシンのみを対象としているため、マルティンにも勝機はある。このイベントでは英国人のデビッド・セニアがコ・ドライバーを務める。(RX)


【2006/02/15 (Wed) 21:24】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
アチャーーーーーー
西遊記のドラマ放映中のせいか、ゴダイゴのモンキーマジックをよく耳にする。この曲のイントロの疾走感は神レベルだと今更ながら思ったりしつつ聴いてる。

DEAD ENDの頃の彼らはカッコよかったな。面白い立ち位置にいたよなあ。

今でもスティーブフォックスはかっこいい。
steve.jpg


【2006/02/14 (Tue) 23:38】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
びっくりドンキー
スピードスケート男子五百メートルでびっくりドンキー所属の及川佑が4位入賞。

トリノ五輪は第4日の13日、スピードスケート男子五百メートルが行われ、及川佑(びっくりドンキー)が1回目35秒35、2回目35秒21の合計70秒56で4位となり、惜しくもメダルを逃した。



金メダル候補が本領発揮できないと、伏兵が現われ思わぬ人や企業が有名になったりする。
及川選手も注目度は低かったが、4位入賞で注目を浴びることとなった。彼以上に注目されたのが及川選手をサポートしたびっくりドンキーというハンバーグレストランチェーン。経営母体は株式会社アレフ(世間を騒がせた宗教団体とは無関係)。
及川選手は普通に面接して入社したらしい。彼はこれまで大きな戦績を残してはいなかったらしいが、社長がかつてスケートをやっておられたとかで彼をサポートすることを会社として決めたようだ。おそらく及川選手の経歴は勿論人柄も評価したんだろう。トレーニング主体の生活ができるようになっていたらしい。
朝の番組でみのもんたがサポートした企業が偉いとびっくりドンキーと連呼してましたよ。企業としてもいい形で宣伝とイメージアップできたよな。
大きな結果は出せていなくても地道に努力する選手。その選手の努力を評価してサポートする企業という理想的な一例を垣間見た気分。
有名企業が資本力とネームバリューに物を言わせて有名選手をサポートするというケースばかり目立つが、こういう地道に人を育ててる企業がもっと目に見える形で表に出ると、色々な面で参考になるよな。

【追記】
近所のびっくりドンキー店舗を検索しようと思ったら、サイトがアクセス不能になってる。
こりゃ、昼のオリンピック報道以降アクセス集中したな。
【2006/02/14 (Tue) 08:57】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
今日の西遊記の視聴率だが
どこで下げ止まるか楽しみな西遊記の視聴率だが、今日は裏でNHKがスノボの女子ハーフパイプ予選やるから落ちるな。
【2006/02/13 (Mon) 12:03】 TV・ラジオ // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
WRC4をアーケード感覚で楽しみたいということで
同業の人からGT3用のステアリングとペダルのセットを借りた。俺用というより息子用だな。

よっしゃこれでウザいコントローラから開放されると思ったんだが、実際に使おうとするとステアリングを固定するに適当な道具がない。
テーブルに挟むようになってるんだが、遊ぶときだけTVの前に気軽に持ってこれる高さ厚みが程よい台がないのだ。ちゃぶ台だとペダル踏みにくいしなー。

ドライビングに没頭できるセッティングを考えねば。
【2006/02/13 (Mon) 01:00】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
パンクの帝王、「グリーン・デイをパンクと呼ぶな」
http://www.barks.jp/news/?id=1000019900&m=all

グリーン・デイがパンクだなんて言うなよ。奴らは違う。安っぽいし、自分らが思いついたわけでもないものに便乗して有名になっただけだ。偽者だよ。(セックス・ピストルズは)体制に反抗してた。警察からにらまれてただろ。俺らはそういうもの全てに立ち向かってたんだよ。グリーン・デイみたいなバンドがひょっこり現れて、まるで自分達もそうだって態度を取るのは我慢できねえ。そんな能力もないくせに。もし奴らがパンクなら、いまやってるようなことはやってねえだろ



ジョンの言動がお笑いネタにしか聞こえない時代がくるとはなあ。。と感無量。
いや、今にして思うと昔からお笑いの要素は多々あったなあと。ジョンは変わってないのかもしれん。ジョンを笑いの神に仕立ててしまったメディアと世間。変わったのは俺らなんだきっと。
【2006/02/13 (Mon) 00:38】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
花粉キターーーーー
今年は少ないんじゃなかったのか?

【2006/02/12 (Sun) 15:27】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
寝たら肩こりが消えた
あまりに肩が重くて早々に寝た。
起きたらなんか楽になってる~。
【2006/02/11 (Sat) 10:57】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
スズキ、WRCコンセプト発表
SX4のWRCコンセプトが発表されたそうです。S2000でなくWRカーだろうということで、盛り上がりに欠ける話題が相次ぐ中、ちょっと楽しみです。
060209sx4wrc.jpg


【2006/02/10 (Fri) 07:36】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
道路工事だらけなんですが
足柄からの帰りが夜中になってしまった。
したらなんか道路工事だらけ。
今年は年度末工事が露骨になってないか。


湘南大橋なんて通行止めですよ。夜中は昨年11月から今年3月までずっとだって。知らなかった。

【2006/02/10 (Fri) 00:57】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
冷凍みかん冷凍みかん
♪冷凍みかん 冷凍みかん
冷凍みかん 4個入り
虫歯の歯にはシミる
う~、う~、おいしぃ~~♪

GTPオフィシャルサイトはこっち

【2006/02/09 (Thu) 12:25】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
西遊記の視聴率が下げ止まりつつある件
5週目で22.1%。
下げ止まってきたかな。
1週目からグラフにすると、たぶん21%と22%の間あたりを目指してきれいな指数減衰タイプの漸近曲線になる。フジの作成勝ちか?

【追記】
グラフにしてみた。
saiyuki.jpg


これ見ると、6週目が正念場だな。

※ お客様、仕事サボってませんから。
こんなことばかりしてるわけではありません。
【2006/02/09 (Thu) 11:56】 TV・ラジオ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ライブドア社員、積極採用へ=ブログ関連技術で即戦力に-楽天
ライブドア社員、積極採用へ=ブログ関連技術で即戦力に-楽天

 ライブドアの証券取引法違反事件を受け、同業でライバルの楽天が転職を希望するライブドア社員を積極的に採用する方針であることが8日、分かった。楽天は日記風の簡易サイト「ブログ」関連事業を強化する方針で、サイトの企画、作成などで高い技術を持つライブドアの社員は即戦力になると期待している。
 楽天以外の複数のネット関連企業もライブドアの人材に関心を寄せており、水面下で激しい争奪戦が展開されている。

 

勿論即戦力もいるだろうが、それより、あそこ(特にブログ)の技術者は打たれ強いのが多そうなイメージ。精神的にも体力的にも。立上げ当初は悲惨だったからな。そこを乗り越えた猛者は確かに買いかも。
【2006/02/09 (Thu) 10:15】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
サポート
遠方のクライアントのネットワーク環境にはVPNを入れたいと改めて思った日であった。
電話だと限界がある。
【2006/02/09 (Thu) 02:00】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
JASRACのこと
老舗ライブハウス摘発=一度も著作権料払わず-逮捕の経営者「まさか」・名古屋

 著作権料を払わずにライブハウスで米国の人気バンドの曲などを生演奏させたとして、愛知県警生活経済課と中署は7日、著作権法違反の疑いで名古屋市中区大須、同店経営田中まり子容疑者(45)を逮捕した。
 田中容疑者は「安易に考えていた。まさか逮捕されるとは思わなかった」と話しているという。
 調べによると、田中容疑者は昨年7月29日夜、経営する中区錦のモータウンクラブ「ボイス」で、社団法人日本音楽著作権協会の許諾を得ずに米国人のバンドにアース・ウィンド&ファイアーの「セプテンバー」など12曲を生演奏させた疑い。



またカスラックか・・・とは言うつもりは無い。

ただ、こういう事件が起きるたび、著作権というものについて考え込んでしまう。こういった記事が出ると、ネットではJASRACに批判的な意見が目立つ。
しかし、JASRACにしてみれば著作権法に則って仕事をしてるに過ぎない。
何故JASRACがここまで嫌われるのか。
広報宣伝戦略が貧弱なだけか?それだけじゃないだろと思うわけです。

こと音楽というものについては、作品が著作者の手元を離れると一律著作権法という型にはめて処理されることに問題が無いのかと。
例えば上記事件の場合、仮に著作権を持つEW&Fが「CDのコピー販売は当然NO。P2PもNO。だたしライブハウスで好きに演奏してもらっても構わんよ」という意思を持っていたとしても、そんな意思にはお構いなく著作権管理団体に管理を依存した時点で、一律同じルールで管理されてしまう。
自分の作った作品の利用の仕方について著作者が口を出せないことがおかしいのではないかと思うわけです。管理団体としては、著作者が管理団体に託した時点でそれが意思だと言うんだろうが、アーティストによって作品の著作権に対する考えは様々であることは自明である。
無名の新人は、著作権使用料なんぞいただかずともラジオ局(大手だけでなしに零細局からストリーミング局まで含む)でバンバン自分の曲を流して欲しいだろうし、逆に最近ヒットが出ない中堅どころは著作権をどんどん行使したいところだろう。名の通ったアーティスト達は様々な意見を持ち色々な形で態度表明をしてることは周知のとおり。

完全にアーティストの意思のとおりに運用することは無理としても、せめて、いくつかの管理バリエーションがあっても良いのではないかと思う次第。当然、管理コストは膨れる。中の人は非常識だ無理だと言うだろう。しかし、ドンブリ勘定で徴収してドンブリ勘定で配分してる現状を変えない限り、JASRACは永遠にカスラックとか著作権ヤクザなどと揶揄され続けるのではないか。
勿論、これはJASRACだけでなく音楽業界全体の問題である。

ルールありきでなく、音楽というものの理想的な流通ということを思案してほしい。

【追記】
参考までに週刊ダイヤモンドによる記事をリンク。
使用料1000億円の巨大利権 音楽を食い物にする呆れた実態

【さらに追記】
なんか、ログみたら早速jasrac.or.jpの足跡がいくつか残ってた。
常にネットをチェックしてるのね。お疲れさまです。

【また追記】
当のライブハウスの従業員を名乗る方が上記事件の顛末を書き込んでるBBSがあった。全文抜粋。

これは、あくまで私自身が店と著作権協会とのやりとりを見ていた限りのことですが、「著作権」の請求かきはじめたのが約2・3年前からです。内容は「開店以来未払いの著作権料を払え」とのこと。約3000万www。無理です・・・その後、従業員上層部が取り調べにて「分割」での支払いを提案するも、著作協会はそれを拒否。さらに営業を停止するように言ってきました。でも営業を続けてしまって、今回の事件です。現時点では、詳しい内容までは把握できていませんので、詳しく聞いてみますので後日書き込みさせていただきます。参考までに「Voice」のサイトです。http://world-co.net/voice.html


この投稿が事実とすれば、いつものジャスラックの手口で逮捕に至ったという顛末のようだ。今回の事件については、なしくずし的に支払をせず営業してしまった店側に非があると考えていたが、確かに3000万円の一括支払といわれると厳しいわな。逆に言えば、その程度軽く支払える業者でなければライブハウスのような事業はしてはいけないと言ってるわけだな。
【2006/02/08 (Wed) 01:12】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
西遊記5話
2話~4話と見てなかったが、なんかまた見たくなって途中から見た。




これで良いような気がしてきた。
また来週も見るような気がする。
【2006/02/07 (Tue) 00:03】 TV・ラジオ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。