逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
年末気分とか正月気分が全く無い
わけだが、まあ、そう言う時もあるということで。
051226_1654001.jpg


みなさま良いお年を。
スポンサーサイト
【2005/12/31 (Sat) 18:50】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(1)
このページの先頭へ
芝浜
客先への運転中、高田文夫先生のラジオ番組聞いてたら、三代目古今亭志ん朝師匠の「芝浜」が流れてきた。噺の途中で客先に着いてしまったんだが、駐車場で5分ほど粘り、下げまで全て聞いた。

泣けた。
ご存命のうちに聞きたかった。

若い頃も落語は嫌いではなかったが、この歳になるとこういう人情噺が心にしみるよ、おい。
談志師匠の高座とか、この歳でないと味わえないものがあるに違いない。
本人が死なないうちに聞いおかんとと思った。

こっちで仕事しちゃってると、江戸というところが非常に遠く感じるわけなんだけどね。。。
【2005/12/30 (Fri) 17:30】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
フリーズ
うっかりセーブしておらず2時間前の俺にロールバック(号泣)

最近Excelがおかしい。てゆーか、たぶんIME。
【2005/12/29 (Thu) 00:30】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
なんか変だ
昨夜はSさんから上がって来たDBのブラッシュアップしてたら徹夜になってしまった。その後、客先でDEMOをなんとか終えた後もバタバタ走り回っていた。まさに師走。師でも走り回る時期だけに、師以下の香具師は激走しまくりですかそうですか。納得です。

なのに何故かまだ元気だ。どうなってんだ?
てゆーか、やること残ってて寝れません。

【2005/12/28 (Wed) 23:18】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
サマーワ 浄水場の補修完了
サマーワ 浄水場の補修完了

周りがどう言おうが危険に晒されようが回り道をしようが、政治的駆け引きに使われていようが、自分に与えられた責務を着実に少しずつでも粘り強く前進させている方々に敬意を表したい。信頼というのはそうやって築いていくもんだし。

これから仔細情報が出てきたら、またアラを突っ込まれることもあるんだろうが、できるところは軌道修正して無事に怪我無く職務をまっとうして欲しいです。

【追記】
上のニュースソースは、当初NHKオンラインから拾ったものだった。しかし、あそこはすぐに記事が消されリンク切れになる。仕方なくサンケイの同一見出しの記事を引用し直した次第。仕事の合間にバタバタ引用しちゃったんだが、よく記事を読んでみたら、サンケイの方は、

日本の支援で建設された浄水施設の完成式典が行われた。


という記載で自衛隊は式典に参加しただけという言い回しなのな。
元のNHKニュースの文を探したところ2ちゃんに残っていた。
そこではこんな感じ。(全文引用)

サマーワ 浄水場の補修完了
---
イラク南部のサマーワで復興支援にあたっている陸上自衛隊は、
半年がかりで進めてきた浄水場の補修工事が完了し、27日、これを祝う式典が行われました。

工事が完了したのは、サマーワの北、およそ30キロにある、ルメイサの浄水場で、自衛隊が今年6月から、浄水能力を上げるためタンクなどの改修を行ってきました。
27日には工事の完了を祝う式典が行われ、サマーワのあるムサンナ県のハッサーニ知事は、「浄水場の補修完了により、とくに夏場にサマーワの人々を困らせてきた水不足の問題が大幅に改善できることが期待できます」と、感謝の意を表しました。
これに対し現地の派遣部隊を率いる立花尊顯隊長は、「今後は浄水場の水がサマーワ全体に行き渡らせるための工事も進めるなど、今後も支援に取り組んでいきたい」と述べました。
自衛隊によるムサンナ県での支援活動で、浄水場の補修が完了したのは初めてで、自衛隊ではさらに年明けには別の浄水場も補修し、併せて1日に3万3,000トンの浄水能力を確保し、サマーワやその近郊のおよそ17万人の水不足を改善させる計画です。
式典が行われたルメイサでは、今月初めに養護施設の完成式典で、自衛隊の撤退を求めるデモ隊が自衛隊の車両に投石する事件がありましたが、この日は混乱もなく式典が行われました。



ずいぶんと違う。
ほかのメディアはネットで調べた限り報じてない。朝日毎日が報じないのははわかるが、読売でさえ報じてない。詳しい情報がわからん現状。

【2005/12/28 (Wed) 22:55】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
忘年会の季節
朝から客先へ。
午後は、FileMaker8での開発をお願いしてたエンジニア氏のところで、明日客先でデモする予定のモノをチェック。なんと見せられるものになりそうである。Sさん、お疲れさまでございます。
今日は忘年会があったが、間に合わなんだ。残念。Nさん、すいません。
巷は忘年会たけなわ。街は賑わってるし人はバタバタしてるし道路も混んでる。道すがら事故もよく見る。

ノンビリ腰を据えて忘年会をしたいな。温泉とかで。
【2005/12/27 (Tue) 21:10】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
だが心配のし過ぎではないか
戦後60年 政治に軍隊の記憶が消え

こういう戯言ばっか書いてるとほんとにとるのやめるぞ。
 
こういう政治家は現役にはもういない。国会はいまや戦場を知らぬ者の集まりになった。それだけ平和が長く続いたと考えれば喜ぶべきだが、与党も野党も、ハト派もタカ派も、軍隊や戦争をめぐる議論が薄っぺらになったようで気にかかる。

だが心配のし過ぎではないか。
と思わずツッコまずにはいられないのであった。
てゆーか、旧軍批判と憲法改正を混ぜこぜにしてる時点で、もう読んでらんない。ガキだってツッコめるぞ。こんな文。
てゆーか、「自衛軍」が嫌というなら既に自衛軍化してる自衛隊そのものに真っ向から異を唱えろと。中途半端なんだよな。
【2005/12/26 (Mon) 18:20】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
捨てられないもの
混乱を極めた引出しをかき回してたら、父の形見のガラクタが出てきた。
父が山行の時使ってた無線機。もう壊れている。しかし捨てられねえ。
今年は忙しすぎて彼岸に墓参に行けてない。墓参に行けなくても父のことを思わない日は無いような気がする。

父が亡くなって10年以上になる。
一時期疎遠だったこともあったが、ガンになってから亡くなるまでの2年間、一緒にいた時間は濃かった。思い出すのはこの頃のことが多い。大変だったんだけどな。
激痛と闘いつづけた強い父が俺にはついている。いつでも貴方は俺のそばにいる。

な~んてな。

君の存在だって 何度も確かめはするけど
本当の存在は 居なくなっても ここに居る

僕らの時計は 止まらないで 動くんだ

SUPERNOVA by BUMP OF CHICKEN

正月には墓参に行こう。

#なんか、似たようなことを記されてたDairy LightさんにTB。
【2005/12/26 (Mon) 11:16】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
サイレントクリスマス
追い込み中ということで、24日も25日も基本的に仕事。

しかし、ファイルメーカーの作業はよほど乗らないとペースが上がらないのに対して、VBだのphpだのといったプログラミングは体が温まるのが早い。サクサク進む。
これは慣れとか言う問題ではなく、ファイルメーカー8開発の方法論が自分の中で固まってないとか、FM6からFM7又はFM8にバージョンアップさせるにあたってゼロから作り直したいのだが工数的見地から従来の設計を補修して使わざるを得ないジレンマとか、色々悩ましい要因がとぐろを巻いているわけである。すすまねー。

そんなこんなで、外出というと犬の散歩と熱と咳がひどい娘の薬を買いに逝ったのみ。来客は、TV新聞無しのピュアな暮らしを実践されてる知合いDさんが有馬記念のTV中継を見に来たぐらい。Dさん、クリスチャンでもねえのになんか知らねえけど聖書持ってきて息子に読み聞かせてましたが、我慢が苦手な息子はとっとと逃げていきやんの。レースが始まると聖書おっぽって「イケー!!」と叫んで盛り上がってるし。Dさんオモシロス。てゆーか、聖書は何だったのかと。

実に穏やかでサイレントなクリスマスであった。

あ、Dさん。スルメ、サンクスであります。
【2005/12/25 (Sun) 22:06】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
サンタクロースと家族
クリスマスになった。
昨夜はいつもよりちょっとだけ豪華なメシとケーキを食った程度。
カミサンはもう娘の枕もとにプレゼントを置いたろう。
中1の長男には、中学生になったらサンタは来ないということにして俺らから渡した。

サンタクロースは日本では戦後広まったんでねえのかと思ってたんだが、どうも明治時代からあったようだ。以下、日本文化いろは辞典のクリスマスのページから抜粋。

明治時代にクリスマスの商業宣伝が始まり、初期のプレゼントの定番は「歯磨粉」だったようです。日露戦争後、急速に人々の間でクリスマスが広がっていきました。それは、西洋化をすることで「国際社会の一員」を意識するために必要なことだったようです。この頃、サンタクロースをヒントに「子供福袋」が登場してきます。(大晦日の晩に枕元に福袋を置いていました。24日で無いところがポイントです。)しかし、この習慣は、次第に修正され、子供たちはクリスマスを「サンタが子供におもちゃをくれる日」いうように理解するようになりました。


サンタクロースネタは、今でもドラマや映画で良く使われる。子供を絡ませた「泣かせ」の必須アイテムだ。知ってるか知らないか微妙な感じの子供と子供を喜ばせたい親の微妙な駆け引きは、今でも充分手を変え品を変え使うことができる。
去年放映された花田少年史というアニメに「クリスマスプレゼント~雪降る夜に」というエピソードがある。号泣ものである。西岸良平氏もたまにネタにしてたよな。「三丁目の夕日」でも使われてる。

小学生になり本当に自分が欲しいものが出来てサンタクロースに願いをかける子供とその子のために必死に働く(あるいは悩む)親という図式は、家族というものの一つの絶頂期なんでないかと思う。貧乏であれ金持ちであれ。
ウチの子はこれからサンタ離れしていくわけである。
一抹の寂しさが伴う。
【2005/12/25 (Sun) 01:25】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ソニー創業盛田家の資産管理会社、228億円申告漏れ
大物の親(盛田昭夫氏)が一代で築いた資産を二代目が食いつぶしてもとの木阿弥という典型的な図式のようで。

お人よしの印象が強い。ピースボートにも縁のあるポスト団塊世代だ。morita.jpg
ご本人のご子息が知的障害を持っているとか、スペシャルオリンピックスの実行委員してたことは聞いたことがあるが、調べてみたらスペシャルオリンピックスではご本人が周囲から期待された資金集めに難航して揉めたりしてたらしい。結果的にはセイコーエプソンの安川氏が入ってなんとか成功したらしいが。
最終的には盛田氏も少額とはいえ資金入れたようなんだが、スペシャルオリンピック理事長の細川佳代子氏(細川護煕夫人)からは気持ちよくバッサリ切り捨てられてるしw。資金面での責任を盛田氏に全て押し付けて逃げ切ったのかな。細川夫人は育ちの良い人らしい冷酷さとしたたかさを持っているが、こういうしたたかさが見えないんだよなあ。運営能力とか組織力は無いがカネは持ってるからたかられるワケだろ。易々とたかられるってことは、やっぱお人よしなんだろうな。

戦後の教育を完全に真に受けたまま軌道修正できないとこうなるということか?このまま人生を終えることができればある意味幸せな人かもしれん。
この際だから、最後まで気持ちよく散財して散って欲しい。いい人生じゃないですか。カネ集めるのが上手い奴がいるように、この人みたく散財するのが上手い奴がいないと世間はバランスが取れない。F1事業で欧州にカネ持ってかれたのは悔しいけどな。カネ余ってるなら日本に落とせと。

最後の盛田家関係者のコメントが泣ける。

本業の酒屋はちゃんとやってます。残念だけど、元に戻っただけですよ。



※ ソニー創業者の一人、盛田昭夫氏は造り酒屋の長男でもあった。
【2005/12/24 (Sat) 10:12】 ニュース // TRACKBACK(1) // COMMENT(1)
このページの先頭へ
薮か?薮なのか?
治療してから2日ほどたつが、歯ブラシでその歯を磨くと痛い。血が出る。
てゆーか、違和感が気炎。
【2005/12/23 (Fri) 11:01】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
人生はほんっとにワカラン
三菱WRC撤退を受けたガリガリ君の記事。

去年は彼にとって良い1年だった。
まさに明るい未来は彼のものだった。
フォードからのオファーも蹴って三菱に賭けていた。三菱だって来年を見据えた体制と戦略で戦っていた。

それが、いきなり谷底に落とされた形になったわけです。
人生はほんっとにワカランよ。

ジジ・ガリのコメントから一部抜粋。
簡単なことではないだろうが、たとえスポット参戦でもいいからWRCに戻るすべての可能性を探っている。今度のことは大きな痛手だったけど、これもラリーというものだから仕方ないね。

トラブルが当たり前のラリーの世界にいると人間が大きくなるようだ。ポジティブだ。元々感情の振れ幅の大きな男。TVでコドラを殴った映像がOAされたりしたこともある。心の底では腸煮えくり返っているに違いない。
とにかくがんばれ。超がんばれ。
【2005/12/23 (Fri) 09:13】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
検診結果
商工会議所に検診の結果を聞きに逝ってきた。

バック・トゥ・ザフューチャーに出てくる博士みたく髪の毛をボサボサに振り乱した医者の格好したじいさんが説明してくれた。周囲の態度を見るに本物の医者らしい。
なんか検診結果表に
肝・筋疾患等の疑いがありますので再検査を受けてください
高脂血症の疑いがありますので再検査を受けてください
肥満症ですので日常生活に注意が必要です
とか書いてある。
じいさんは、「コンピュータが判断して紙にはこう書いてありますけどね。GOTがですね・・・」とかブツブツ言ってる。結局、問題なしと言いたいらしい。お前、再検査するのが面倒なだけちゃうんかと。

まあ、俺も再検査は面倒なんで、はいはいそうですかとひとしきり頷いて帰ってきた。

しかし肝臓云々はともかくとして数字見ると
どう見ても肥満です。
本当にありがとうございました。
【2005/12/23 (Fri) 00:30】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
歯科治療の日
先々週型を取って出来上がってた歯の中に埋める銀色の奴を詰めて、さらにブリッジをどうのこうのと言って上下の型を取られ、最後にブリッジを固定する予定の歯に麻酔をかけガシガシ削りまくられる。
仕上げにセメントで埋めた歯を一時的にふさがれる。臭い。苦い。

治療時間1時間。
セメントってもう少し香りを良くするとかイチゴ味にするとかできねえの?
どう見てもセメダインです。
本当にありがとうございました。
【2005/12/21 (Wed) 21:41】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
散歩2日目
午前中、知合いのエンジニアをクライアントに紹介。

ある分野については、俺より全然スキルがある人だ。
彼が直接仕事を請けた方がクライアントにも俺にも本人にとっても良かろう。案の定、打ち合わせの段階で直接やってもらうことの良さが出る。こういうことは、バイアスはなるべくかからない方が良いに決まってる。
よかった、俺も少し楽になる。収入は減るけどw

夕方、やや無理して時間を作り散歩。なんとか習慣にしたいが、毎日は無理だな。
夕焼けがおっそろしく美しかった。

写真は海岸にある味わい深い壁と俺の影。akiya.jpg


【2005/12/20 (Tue) 20:54】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
散歩
20051219180304
忙しいばかりで危機感を抱いてきたので1時間ぐらい散歩しようと思い立ち、実行に移す。
散歩途中で知り合い宅に立ち寄ったが留守。
残念。


【2005/12/19 (Mon) 18:03】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
忘年会
草太さんたちがやってる茅ヶ崎の空を見上げる会の忘年会に呼んでいただいた。
去年もお誘いいただいてたんだが参加できなかった会だ。

草太さんとは、ネットを通じて知り合って3年ぐらい経ったっけ?
ネットでたまーに挨拶を交わす感じで、実は2年ぐらい前に1回だけ一緒に飲んだだけなんだが、妙に昔から知ってる友達みたいな気持ちにさせてくれる人だ。なんか、すーっと入れる感じ。人徳だなー。

見上げる会の人たちも、笑顔笑顔で楽しかった。最初は柄にも無く緊張してたんだが、ワリとすぐに打ち解けた。とゆーか、皆さんが気を遣ってくれたんだよな。ありがたいです。ここんとこ、ほんとに土日無しでガツガツ仕事ばかりしてたんで、妙に癒されてしまった。
住んでるところも仕事もなーんも接点が無いのに迎え入れてくれる雰囲気って、いまどき貴重なんでないかな。

ありがとうございます。また、よろしく。
【2005/12/19 (Mon) 04:37】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
supernova by BUMP OF CHICKEN
夜長、久々に音楽をまとめ聞きしとる。

BUMP OF CHICKENは、正直、「天体観測」の頃はスルーしてました。
しかし、supernova(超新星)というテーマをこういう形で表現してのける藤原という人は只者ではないと認めざるを得ない。それに、か細い声なのにこの力強さはどうよ。こいつは婦女子に人気あるんだろうな、羨ましいな。
で、とにかく言葉言葉言葉である。彼の言葉に壮大なギミックはない。しかし、ココロの塊をそのまま目の前に突きつけてくる。節々にドキリとさせる一撃をくれる。銀杏BOYZ峯田氏にも通じるものあり。
下世話なロックの節回しなんぞは一切ない。今の子達は潔い。むしろフォーク。いや、レミオロメンとかはまだその味わいがあるが、彼らはなんか違う。藤原氏独自の言葉という感が強い。日本語のうたの可能性をまだまだ再認識させられる。今後、どんな風に成長していくんだろう。

ここ最近の若手には本当に良いのがいっぱい。

#あれ。レビューをちょっと見たら、昔からのファンからの評価がイマイチだったりする。詞がうすいとか(笑)
ってことで、昔の詞を少し読んでみたら、なるほどねと思ったりする。彼ら、成長してるんだ。
【2005/12/19 (Mon) 02:21】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
Amarantine by Enya
5年ぶりだっけ?
数曲、鳥肌もんの曲あり。

7曲目とか、芭蕉が野ざらし紀行で詠んだ句
山路来て何やらゆかしすみれ草
からインスパイアされたらしんだけど、この人、日本びいきだったっけ?

月並みだが芭蕉だとやっぱ奥の細道が良い。凛とした感じが。
enyaの曲もどっちか言うと「奥の細道」寄りな気がしたりする。
【2005/12/18 (Sun) 23:44】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
クライアントもキッチリ選ばんと
知合いの同業者が、半年以上遅れてたあるクライアントからの回収がほぼ絶望的な状況となりガックシきておられた。何度交渉しても埒があかんらしい。無い袖は振れんということだろう。
俺もこのクライアントの案件についてはちょくちょく小耳に挟んでたんだが、調子よくいいように仕様を膨らましてコストが膨らんでいってるように見えた。実は俺も当人にも一度会っているが、風呂敷ばかりを広げて現実的な話は乏しく、どうも調子が良すぎるように見えたので距離を置いていた。(そうそう、一度依頼されてブログを立てたことがあった。その時はギャラは頂いたが、全然活用されず、その後XOOPSで別サイト立てて似たコンテンツが掲載されるという無計画ぶりであった。)

予算が膨れてもクライアントがGOサインを出せば業者はその仕様で開発をする。その際、クライアントは支払についてどういう算段があったんだろうか?

俺ら零細業者は小さな取引相手とは信用で仕事してるところがあるから、大抵の場合契約書といった文書は交わさない。だからこういう仕打ちに出られると非常に厳しい。(サラリーマン上がりの俺は、契約書無しで開発をすることに最初戸惑ったものだ)

どう言葉をかけても慰めにもならんだろうと、「そうですか・・・」と言うのがやっとであった。
てゆーか、これからもビシビシ請求続けて甘くないところ見せてやって欲しいです。相手、会社潰れたならまだしも、普通に事業続けてるんですから。事業続ける力あるなら借金してでもカネ払えタコということで。

不誠実を履行する側は常に強い。
構造計算書偽造の件でもそうだ。やらかした連中は社会的に抹殺されるだろうが、被害を受けた人たちにカネが戻るわけではない。一部が国の責任ってことで税金を投入したところで間に合うわけもない。

上のクライアントがしでかした程度の不誠実は、勿論当人を抹殺するほどの問題に膨らむ事は無いだろう。
しかしその程度の人間であるというレッテルは残るし、本人が考える以上にそういった噂は広がるものだ。当然、信用は、落ちる。そういう人間が事業で成功するとは到底思えないわな。
思わぬところで、不誠実は自分に返ってくるものだ。

誠実さをまっとう出来そうもない、責任を負えないにも関わらず突き進んでしまう人間心理というのはどういうものなのか。

「甘~い」という言葉が頭をよぎる。
全ては甘さから来る局面が多いように思えたもので。家族のためという自分の中の大義名分の前で不誠実を正当化して、その不誠実が及ぼす影響範囲まで想像が出来ないというのも、とどのつまりは「甘さ」ではなかろうか。相手に対して支払義務を履行する最大限の努力をしない、自分に支払能力があるかキチンと検証しないというのも甘さである。甘く見ているとしか思えん。
#最初から支払う気が無ければ詐欺師ということになるが・・・

商売をする上では、この甘さの見極めって結構重要だ。
人に厳しく自分に厳しい奴、人に厳しく自分に甘い奴、人に甘く自分にも甘い奴。信用できるのは、勿論最初のケースのみ。

でさ。戦後の世代って団塊から俺の世代よりちょい下ぐらいまで、必要以上に甘い人間が多いように思える。総じて30才半ばより下の連中より甘いんじゃねえの?
今の時代の厳しさに揉まれて適応する人、しない人が明確になってきている。それは財の多い少ないを問わない。

な~んて考えてたら、まだ読んでない下流社会をキチンと読みたくなってきた。こんなようなことが整理して書いてあるんでしょ、きっと。
【2005/12/18 (Sun) 14:56】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
来年のシトロエンは結局ワークス並の実力じゃん
RallyX Net12月17日付ニュースから

■06年マニュファクチュアラーズ選手権は6チームが参戦
 06年WRCの年間登録が15日締め切られ、マニュファクチュアラーズ選手権には6チームがエントリーしていることが明らかになった。05年までと同じく全戦参加が義務づけられるM1(マニュファクチュアラーズ1)としてスバル、フォードの他、シトロエンを使うクロノスが登録。これでシトロエンは06年中に現在開発中のC4 WRCを投入することも可能となった。
 最低10戦の参戦となるM2(マニュファクチュアラーズ2)としての登録チームはプジョー(ボジアン・レーシング運営のOMVチーム)、シュコダ(バウムシュラッガー・ラリー&レーシング運営のレッドブル・チーム)、フォード(ドン・バックリーIRS運営のストバート・チーム)の3つ。
 正式な各チーム名とM2の参戦登録イベント、及びPCWRCとJWRCの暫定エントリーリストは来週、発表される見込み。



来年1年はシトロエンはワークスは撤退するも、クロノスレーシングがM1として登録し、フル参戦する。シトロエンからフルサポートを受けてローブを中心にハードソフトともに今年に近い体制で臨むわけで、なーんだ、来年もローブ強そうですねと。シーズン中にC4も登場とか言ってるし。
スバルのソルベルグは「ワークスと変わらんよ」と言ってるな。
フォードワークスはシトロエンプジョーの撤退を受けて優勝のチャンスとばかりに苦しい家計の中、高給取りのグロンホルムを雇って必勝体制と息巻いたわけですが、今年と同じ3強が揃い踏み。微妙にローブが有利か、良くて三つ巴。フォード的には微妙な空気。せめて最悪でもマニファクチャラーズタイトル狙いでモチベーションを維持してシーズンを戦いたいところ。ミッコに期待がかかる。

で頼むからマルコどっかで走ってくれませんか(願)

画像は、ローブがテストを開始したC4。
C4

【2005/12/18 (Sun) 13:04】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
茅ヶ崎駅
20051217233611
今、電車に乗るとこ。
すいてるボックス席がある電車。
大井松田の生保会社に出向してた頃を思い出す。登り終電の東海道線だ。


【2005/12/17 (Sat) 23:36】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
岐阜で事故、大学生1人死亡・1人重体
岐阜で事故、大学生1人死亡・1人重体

可哀相だ。
大型トラックの運転手が。

 

15日午前3時ごろ、岐阜県郡上市の東海北陸自動車道下り線を走っていた、大学生3人が乗っていたワンボックスカーが対向車線にはみ出し、上り車線を走っていた大型トラックと正面衝突しました。

 この事故で、大阪市に住む小村幸弘さん(20)が頭の骨を折り死亡、京都市に住む岸中宏樹さん(21)が意識不明の重体です。ワンボックスカーを運転していた大学生(23)も軽いケガをしました。

 3人は大学の同級生で郡上市のスキー場に向かう途中でした。警察によりますと大学生の車はノーマルタイヤでチェーンをしておらず、警察は大学生の車が凍結した路面でスリップし、対向車線にはみ出したとみて調べています。



【2005/12/16 (Fri) 15:07】 ニュース // TRACKBACK(1) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
20051214223608
昨日もそうだったが夕方の雲がすげ~。

【2005/12/14 (Wed) 22:36】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
大楠温泉解体
20051214171511
今日通りがかったら建物はほぼ消えていた。
携帯写真ブレまくりだな。
【2005/12/14 (Wed) 17:15】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
【三菱WRC】2006年から参戦中止!!
工工エエエエ(゚д゚;)エエエエ工工
【2005/12/14 (Wed) 15:40】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
渋滞
横横道路が事故で大渋滞。
いつも1時間で帰れる客先から帰るのに3時間近くかかった。

おかげでテリー伊東のラジオ番組を最初から最後まで全部聞いてしまったよ。はっはっは。


俺のバイクの後ろに乗らないか~♪
今ならお前を幸せにできるぅ~♪
【2005/12/14 (Wed) 15:27】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
警察官がウザい件
私生活に戻ればいい人なんだろうな。
仕事なのはわかるがウザい。
てゆーか、しつこいですよー。
しつこいんじゃボケェ
今後も、ご活躍をお祈り申し上げております。
【2005/12/13 (Tue) 02:01】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
本多勝一さんが子供時代(戦時中)に描いていた鬼畜米英殲滅ワシントン空爆マンガ
ってのがあるそうで。

たけくま氏のブログで知りました
ご本人のその後の生き様(笑)と照らし合わせると、なんか凄すぎであります。是非読んでみたい。
本人の全集に掲載されてるとのことなんで、ちょっと探してみるかな。

【2005/12/11 (Sun) 16:04】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。