FC2ブログ
逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
アカヒが
今頃になってなんかつぶやいてますが・・・

お話になりませんな。

まず、本田を出せ。話はそれからだ。

ということで。

スポンサーサイト



【2005/10/03 (Mon) 01:02】 社会 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
ペター・・・(´・ω・`)
ということで、ラリージャパンで昨日まで首位をキープしてたペター・ソルベルグはラストまで後2本というSS25で、前走車勢がライン上にかき出した石にヒットさせてしまい右フロントサスペンションとステアリングを破損してリタイアとなった。
さっき、スポアイを見てたが、リタイア直後の本人のコメントが痛々しい。あの明るくポジティブな男がうつむいてほとんど語れない状態。スバルの母国ということでチームも彼も気合が入っていただけにショックもでかいだろうと。
あの石はしょうがないよ。完全にライン上にまるで置いたみたいに落ちてるんだもん。視界に入ったときには既にライン変更はできない状況。ブレーキディスクが真っ二つになってた。悲惨。
ペターがリタイアして、同チームのクリス・アトキンソンが3位に浮上。スバル、辛うじて面目を保った感じ。

優勝はプジョーのグロンホルム。ニコラ監督は泣いていた。ラリーGBで亡くなった故マイケル・パークへの思いがこみあげていたに違いない。改めて黙祷。

そして、ローブは2位に入りドライバーズチャンピオンシップ総合優勝を手にした。彼はやはり最後まで冷静だった。Reg2以降は、無理をせず現状キープにする余裕の走りだった。とはいえリスクを負わずあのタイムである。もはや王者の貫禄。来年どうするんだろ。

三菱では、Reg2終了時点でガリが4位、ロバンペラ5位と良い感じ。TVインタビューでチームのエロい人とかはポディウムねらっちゃってよろしいかー!!のノリだったのが、Reg3で暗転。ガリがSS23を走行中に左リヤタイヤを何かにヒットしてサスペンションを破損。結局リタイア。ロバンペラは電気系トラブルや右フロントのダメージなどで後退するもその後の追い上げで5位フィニッシュ。微妙な結末となったのでした。

シュコダのミッコはリタイアとなった。残念。しかし、「シュコダ」とカタカナで塗装したボディは好評(笑)。日本でシュコダファンを増やしたようだ。

PCWRCでは、SUBARUインプレッサWRX STiに乗る新井敏弘が優勝。ドライバー部門総合優勝が見えてきた。

今回は、ほんとにチーム毎に様々なドラマがあった。
ラリーというのは本当に色々ある。

【2005/10/03 (Mon) 00:07】 WRC // TRACKBACK(23) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.