逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
訃報が多い昨今
長野の友人の父上の訃報にびっくり。
学生の頃、その友人宅に泊まりこんではスキー三昧という時期があった。父上には本当にお世話になった。その後、社会人になってほとんど行き来が無くなってからも、ずっと俺のことを気にかけてくださってたらしい。篤実で温厚な方だった。本当に良くしてくれたんだ。

霊前に馳せ参じたいのだが、週末もずっと仕事で行くことは叶わず。
時間が出来たら、必ずご霊前に参ります。どうか安らかに。

今年は、本当に訃報が多い。
スポンサーサイト
【2005/10/31 (Mon) 00:33】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ごはんができたよ
ラジオで流れる。

矢野顕子という人は声が苦手だったんでリアルタイムではあまり聞かなかったが、あまりに完璧で美しいベースラインに聞き惚れる。確かYMOで脇を固めてた時代だったよなと思いクレジット探したらやっぱ細野さんだった。

この頃の細野さんのベースはアクティブだ。

作詞: 矢野顕子
作曲: 矢野顕子
編曲: 坂本龍一・矢野顕子
my thanks go to MATTEW 5:44 46
高橋幸宏: drums
細野晴臣: bass
大村憲司: guitar
矢野顕子: piano
坂本龍一: el. piano & synthesizer
ひばり児童合唱団: choir

※ ログをインポートしたんですが、コメントが消えてしまった。
DBWさん、kayoさん、すいません。
【2005/10/19 (Wed) 00:32】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Updates by American Analog Set
Updates_aaset.jpg
ハー・スペース・ホリディ、スタイロフォームをリミキサーに迎えた過去の作品のリミックス版ミニアルバム。
あー気持ちいい~。
 
 
 
 
 
 



【2005/10/16 (Sun) 23:22】 音楽 // TRACKBACK(14) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
サーバトラブル
客先のサーバトラブルのため、本日も仕事。

先週末、微妙にシステムが不安定になってたんだが、業務時間中ということでジックリ調査ができんかった。今日再調査をして再インスコの是非を決めることにした次第。システム屋というのは、皆さんが休むときに働き、働いてるときも働くという因果な商売なのだった。
結果、システムを不安定にしてる元凶がわかり、OS再インスコは免れた。
安直に再インスコを決めないでよかった。
2時には帰宅できた。

たすかった・・・


【2005/10/16 (Sun) 17:19】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
山下大将
納骨が終わり、霊園の中を出口に戻る途中、山下泰文大将の墓を見つけた。
山下泰文大将はマニラ裁判でBC級戦犯として死刑を宣告され、昭和21年2月23日にフィリピンのロスパニオス刑場で処刑されたという。BC級戦犯について扱っているブログがある。山下大将についてのエントリも。色々考えさせられるところあり。


多くの兵士に敬慕されたといわれる山下大将の辞世を転載させていただきます。

辞世

野山別け聚むる兵士十余万   還りて成れよ国の柱と

今日も亦大地履みしめ帰り行く   吾がつはものすがた頼母し

待てしばし勲残して逝くきし戦友   後なしたひて吾も逝きなむ

満ちてかけ晴れて曇りに変れども   永久に冴へ澄む大空の月

【2005/10/16 (Sun) 16:47】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
秋の空と柿
15日は、義母の納骨に大宮へ。

首都高を走ってると雨が降り始めたが、現地につくとやんでいた。ラッキー。
霊園は、ゆったりした良いところだった。天然記念物の藤の木があったりする。

穏やかな秋空の下で、つつがなく納骨は行われた。
雨雲は嘘のように消えて本当に穏やかで澄んだ空になった。故人の笑顔を思い出した。
空を見ていたら、義母は安らかに永眠されたような気がしてきた。

霊園の周囲には、昔ながらの農家の佇まいを残した家が結構残っていて、そういう家の庭には柿の木が植わっている。すこし赤く色づいた実が澄んだ空の下で輝いている。昔ながらの武蔵の国の秋の情景。

穏やかで素敵な土地で、ゆっくり休んでください。
どうか安らかに。

【2005/10/16 (Sun) 16:19】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
WBS
ゲスト(かんべえさん)の主張を全否定。
しかもあらかじめパネルまで用意。
流石フェルドマン
フェルドマンは常に正しい。常に正しいったら。




・・・最近「ぼのぼの」1巻を読み返しました

【2005/10/15 (Sat) 00:48】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
湘南新宿ライン
ってゆーの?
初めて乗った。
ノートPCその他が入った重いリュックを抱えて、大船から渋谷までずっと立ちっぱ。
ずっと座っていって品川乗換えのが楽だったかもしれん。

渋谷でDEMO。好感触。お客さんが既に現場の問題点を把握しており、解決策のビジョンまである程度持っておられたので話が早い。ベースシステムがファイルメーカーということで、生半可な知識だけで膨らんでる人は「な~んだ。DBMSじゃないの?これってオモチャじゃん」と最初から馬鹿にすることがあるんだが、現場での問題点を把握してて「具体的にどうしようか」をキチンと考えて、自分で勉強を積み上げてきた人とかだとファイルメーカーについても既に検討済みで、アプリの良さをDEMOを見せる前の説明段階でわかってくれてたりする。さらにDEMOを見ながら既にどこをカスタマイズすれば自社の現場に合うか考え始めてたりする。ありがたい。

介護の現場のニーズというのは施設によっても違うし、同じ施設内でも時期や法律によっても状況が変わっていく。有名どころのDBMSを使ったガチガチのシステムなんて作ったら、機能変更、追加にかかる金額の桁が違ってくる。

寝不足の中無理して行った甲斐があったかもしれん。ここが決まるとでかい。
とは思いつつ壮大な妄想は慎みつつただ精進あるのみ。

【2005/10/14 (Fri) 19:54】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
FileMaker8日本語版発売決定
今メールきやがった。

公式発表サイトはここ

Ver8の発売については正直ムカついてたわけです。これじゃ有償バグ修正版だろと。いや勿論新機能もありますよ。けど、Ver8でバグ直ってるんだったら、Ver7のアップデートもとっとと出せよと。Ver7で困ってる人は放置かよと。パフォーマンス向上ってお前、低すぎるパフォーマンスからマトモになりますたじゃバグ修正と同じレベルだっつーの。
とは言いつつ、アップデート勧めますけどね。Ver7より全然良いし。バグ直ってるし。他に適当なシステムも無いしな。小規模のシステムだったら正直これで充分なわけなんで。他のDBMS入れて作りこむより圧倒的に低価格でできるし。あくまで、トランザクション処理を使わない(連続した処理の自動化を行わない)現場に限定されますけどね。
予算と用途、使う人のスキルによって、はまっちゃうと完全な作りこみをせずに使える分重宝というわけ。Ver7以降、結構ガチガチにはなってきてるが、それでも使い勝手はさほど変わらない。
FileMakerスキルが身についちゃったユーザはこれ手放せなくなってるんで他システムへの乗換えは厳しい。

2006年6月30日まで、FileMaker Pro 5.0/5.5/6/7からFileMaker Pro 8 Advancedへの特別アップグレードパスが28,000円で提供されるという話も、Proを持ってる人には「うほっ」な話でも、Ver7のDeveloperを買った人はガックシきてるわけですよ。

なんとかならんのかよ。

【2005/10/12 (Wed) 20:20】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
マルティン、今シーズン残り参戦せず
RallyX Netから
プジョー・スポールは、マルコ・マルティンが2005年の残り3戦もWRC参戦を行なわないと発表した。マルティンに代わってコルシカ、カタルニアは、フランス人のニコラ・ベルナルディがプジョー307WRCをドライブする。現時点で最終戦のオーストラリアで誰がプジョーの2台目に乗るのかは、明らかになっていない。

ラリーでのコ・ドライバーの存在は相当に大きいという。マルティンにとって、ビーフという愛称で親しまれたマイケル・パークという存在がコ・ドライバー以上のものだったこと、2000年にコンビを組んで以来、どっちかといえば内向的なマルティンを精神的に支えてきたことは、これまでの映像記録からうかがい知ることができる。マルティンは「兄弟」という言葉を使っていたが、ビーフは立場的には「兄」だったようにみえる。自らの事故で大切な兄貴を失ってしまったマルティンは今はドライブする気分にはなれないだろうよ。

しかし、ビーフはマルティンがこのまま立ち止まっていることを望んではいないだろう。そのことはマルティン本人もわかっているはずだ。マルティンが復帰することを一番喜ぶのはきっと彼だということも。

で、俺も信じてるわけです。彼の復帰を。プロドライバーへの道筋が皆無といわれるエストニアという国で生まれて、自力で道を作り這いあがってきた強さを持ってるわけですから。マルコという人は。

写真は2003年アクロポリスラリーでWRC初優勝を成し遂げた二人。

030608marco_m.jpg



【2005/10/12 (Wed) 08:42】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
野田聖子氏も法案賛成へ 
野田聖子氏も法案賛成へ 「反対の政治主張、完敗」

そうだ。「負けた」ことにすればご破算になるじゃん!!
       |
   \  __  /
   _  (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく

 
郵政民営化関連法案に反対した無所属の野田聖子元郵政相(岐阜1区)は9日、岐阜市の事務所で記者会見を開き「法案反対という自らの政治的主張は完敗した」と述べ、郵政民営化関連法案に賛成する意向を示した。
 野田氏は賛成へ転じる理由として、与党大勝の選挙結果を挙げ「法案が完ぺきなものでなくても、民営化のスピードを上げろという国民の声として理解した」と話した。
 自民党本部から衆院選挙区支部の解散を求められたことについて、野田氏は「やむを得ない」とし、解散準備を進めていることを明らかにした。予想される除名処分は「仮の話なので答えられない」とした。


【2005/10/11 (Tue) 17:37】 ニュース // TRACKBACK(2) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
0.95%
1%未満の減給でこの騒ぎですかそうですか。
組合としての立場上一応いっとくってやつだよな。マジだったら凄いな。

給与引き下げで労使が初の交渉 大阪市
 
大阪市人事委員会が民間業者に対する調査や人事院勧告に基づき市職員の給与を0・95%引き下げることなどを勧告したことを受け、平成十七年度の給与改定にかかわる労使の初交渉が十一日、市役所で行われた。
 厳しい財政状況のなか、勧告を受けて給与引き下げを実施する方針を示した市側に対し、市労働組合連合会側は「(勧告は)政治的、恣意(しい)的で到底納得できない。生活防衛の切実な要求にこたえていない」と反発の姿勢を示した。


【2005/10/11 (Tue) 17:28】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
グロンホルムがフォードと2年契約
WRCの英語サイトが元ですが、WRCランドで日本語が読める
チームやる気満々な感じ。がんばれ。ガルデマイスターも頑張れということで。

 チームディレクターのマルコム・ウィルソン談:
 
「私が優先したのは高い能力を持ったドライバーと契約する事だったし、マーカス・グロンホルムは明らかに該当のドライバーだった。彼がこの世界の最高レベルで積んできた経験は新型フォーカスWRCの開発を続けるにあたり不可欠なものになるだろう。彼はこの世界で最も速く信頼できるドライバーの1人だし、今の彼は成功への欲求が大きい。これは彼のキャリアのハイライトの始まりなんだ。」
 「今回の契約はフォードがどれだけWRCを重視しているかを表している。マーカスのようにワールドタイトルに対する欲求がはっきりしているドライバーがチームに2年間入るとなれば、我々全員の大きな自信となるんだ。」


【2005/10/10 (Mon) 23:36】 WRC // TRACKBACK(16) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
煮込みラーメン
初めて食ってみた。
確かに野菜は取れた。




やっぱ、のびるやんか。麺。
美味しく効率よく食う方法を考えよう。


【2005/10/10 (Mon) 22:23】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
CD品切れかよ・・・Sunrise Sunset by ビッグポルノ
先日紹介したビッグポルノのSunriseSunsetだが、結構評判を読んでるようで、ついに彼らのBBSで自ら通販宣言を出したようだ。
しかし、俺が気づいたときには品切れ状態。

最近の変にポジティブで明るい「だけ」のラップよか全然カッコイイぞ。明るさ、暗さ、卑猥、ひねくれ、ガキっぽさ、クール、無礼、芸人根性、関西風味などなど色々なエッセンスが程よく詰っておるのだ。
改めて作品を紹介しとこう。フットボールアワーのトークがかぶってんのが残念。もちっと良い画質のファイル落ちてないかな。
トラックの元ネタはNew EditionのMr.Telephone Man。

あ、上品な方は見ないほうがいいかもね。

【2005/10/10 (Mon) 01:59】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
マッサージ
なんか、肩が張りすぎてる。
時々右手首から先の部分が痺れたりしてるし。

とりあえず、平成町のLIVIN(西友)の1Fのクイックマッサージ屋さんに逝ってみる。

楽にはなったが、もしかすると一時凌ぎではダメかもしれん。整体院に通って姿勢を矯正したりとかしないと。
けど整体屋さんに通うと結構出費がバカにならんのよね。

【2005/10/08 (Sat) 11:51】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
戦争
ふ…ふざけるなよ…!
戦争だろうが…
疑ってるうちはまだしも、それを口にしたら…
戦争だろうがっ…!


mixiの福本伸行コミュ、「一番印象に残ったセリフ・シーン」を読んで思い出した。

「カイジ」という作品では利根川先生の言葉がどうしても目立つが、カイジもよく読むとなかなか味わい深い言葉を放っている。

【2005/10/08 (Sat) 10:32】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
客先から戻るともの凄く眠くなる件
そうだ。夜ちゃんと寝ればいいんだ。

       |
   \  __  /
   _  (m) _ピコーン
      |ミ|
    /  `´  \
     ('A`)
     ノヽノヽ
       くく

【2005/10/07 (Fri) 15:30】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
トヨタ、米GM保有の富士重工業株を取得へ
ここは速報。
今TVニュース見たところ、GMが持ってる株の半分を引き受けるらしい。
残りは富士重工が買取ると。
なんか、GMに助け舟だしたようなニュアンスで報じられてるな。

まあ、エロイ人たちの思惑は置いといて、スバルのモータースポーツ活動に支障が無ければ俺的にはOK。スバルとしてはどうなのかしらんが、是非のなきことという感じではある。業績は芳しくなかったよな。。と思ってサイト見たら営業利益は2004年度比21.4%減益だと。

あ、こっちに詳しい記事が。
 
GMは富士重株20%分を1300億円強で取得したものの、売却金額は今の時価で850億円程度になる見込み。数百億円の損になるが、手元資金を増やすことを優先した。売却資金はリストラ投資に振り向けるとみられ、トヨタによる間接的なGM支援になる。


トヨタ→資金
富士重工→蓄電池技術

ってことも考えたが、その辺の記載は今のところ無いな。

【2005/10/05 (Wed) 23:31】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
吉牛ファンのみなさま
おまんたせいたしました。

【2005/10/05 (Wed) 12:25】 ニュース // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
劇的BeforeAfter
来年は少しは野球見るかな。


監督       :堀内 恒夫 → 原  辰徳
ヘッドコーチ   :山本 功児 → 近藤 昭仁
投手コーチ    :阿波野 秀幸 → 尾花 高夫
投手コーチ    :香田 勲男 → 斎藤 雅樹
バッテリーコーチ :高田 誠 → 村田 真一
打撃コーチ    :井上 真二 →  岸川 勝也
打撃コーチ    :山本 功児 → 内田 順三
内野守備走塁コーチ:上田 和明 → 篠塚 和典
外野守備走塁コーチ:弘田 澄男 → 西岡 良洋

2軍監督     :高橋 一三 → 吉村 禎章
2軍打撃コーチ  :淡口 憲治 → 岡崎 郁


歳ばれますか、そうですか。

【2005/10/05 (Wed) 09:50】 日記 // TRACKBACK(1) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
アカヒが
今頃になってなんかつぶやいてますが・・・

お話になりませんな。

まず、本田を出せ。話はそれからだ。

ということで。

【2005/10/03 (Mon) 01:02】 社会 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
ペター・・・(´・ω・`)
ということで、ラリージャパンで昨日まで首位をキープしてたペター・ソルベルグはラストまで後2本というSS25で、前走車勢がライン上にかき出した石にヒットさせてしまい右フロントサスペンションとステアリングを破損してリタイアとなった。
さっき、スポアイを見てたが、リタイア直後の本人のコメントが痛々しい。あの明るくポジティブな男がうつむいてほとんど語れない状態。スバルの母国ということでチームも彼も気合が入っていただけにショックもでかいだろうと。
あの石はしょうがないよ。完全にライン上にまるで置いたみたいに落ちてるんだもん。視界に入ったときには既にライン変更はできない状況。ブレーキディスクが真っ二つになってた。悲惨。
ペターがリタイアして、同チームのクリス・アトキンソンが3位に浮上。スバル、辛うじて面目を保った感じ。

優勝はプジョーのグロンホルム。ニコラ監督は泣いていた。ラリーGBで亡くなった故マイケル・パークへの思いがこみあげていたに違いない。改めて黙祷。

そして、ローブは2位に入りドライバーズチャンピオンシップ総合優勝を手にした。彼はやはり最後まで冷静だった。Reg2以降は、無理をせず現状キープにする余裕の走りだった。とはいえリスクを負わずあのタイムである。もはや王者の貫禄。来年どうするんだろ。

三菱では、Reg2終了時点でガリが4位、ロバンペラ5位と良い感じ。TVインタビューでチームのエロい人とかはポディウムねらっちゃってよろしいかー!!のノリだったのが、Reg3で暗転。ガリがSS23を走行中に左リヤタイヤを何かにヒットしてサスペンションを破損。結局リタイア。ロバンペラは電気系トラブルや右フロントのダメージなどで後退するもその後の追い上げで5位フィニッシュ。微妙な結末となったのでした。

シュコダのミッコはリタイアとなった。残念。しかし、「シュコダ」とカタカナで塗装したボディは好評(笑)。日本でシュコダファンを増やしたようだ。

PCWRCでは、SUBARUインプレッサWRX STiに乗る新井敏弘が優勝。ドライバー部門総合優勝が見えてきた。

今回は、ほんとにチーム毎に様々なドラマがあった。
ラリーというのは本当に色々ある。

【2005/10/03 (Mon) 00:07】 WRC // TRACKBACK(23) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
金太郎寿司
土日とも仕事。
遅延してるプログラミング作業。巷は一応お休みなので土日はハマることができる。ハマると他のことに手がつかない。気が付くとすぐに夜。
ストレスたまりまくり。PHP+MySQLなのでまだ作りやすいんだが、モジュールが増えてくるとそろそろテキストエディタで作るのが面倒になってきた。MSの開発環境に慣れてしまった身にはうざったい。
とりあえずこれでも使ってみるか。
てゆーか、1週間でも集中できれば良いのだが、並行して全然関係ない仕様検討とか打ち合わせとかやってるんで、どうもテンションが維持できないのが辛いところ。

で、最近休み無しで全然子供にかまってないので、お詫びに外食。

衣笠インターから佐原方面に行く途中の左側にある、金太郎寿司という寿司屋。ドラッグストアと鈴木水産がくっついた店の脇にあり、鈴木水産直営と思われる。金太郎ってのは鈴木水産の社長の名前だっけな。15人ぐらいが座れるカウンターと、4人用のテーブルが5つほどのわりと小さめの店だった。値段は、一貫63円から300円台まで。ネタ大きめ。味については回転寿司ばっかり逝ってる俺では評価できんけど、旨いと思ったよ。
そうそう。ここは回転寿司ではない。テーブルからだと注文用紙にオーダーを書いて頼む方式。この方式だと、注文してから来るまでのタイムラグがあるんで2回目3回目の注文のとき、ついつい頼みすぎちゃうんだよねー。大人2人中1の男子および小4の女子計4人で腹いっぱい食って8000円台。握り3個食べきれず持ち帰りと相成った。

まだネットとかでは紹介されてないようだ。

【2005/10/02 (Sun) 22:03】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Stay hungry, stay foolish.
スティーブ・ジョブズのスタンフォード大卒業式におけるスピーチが日本語訳となってネットに出回っている。

霞が関官僚日記さんで読める。

Stay hungry, stay foolish.
出口の見つからない今でも若い人を充分に奮い立たせてくれる言葉だ。

勿論、俺らのように歳を食った人間がいつまでも自分に対してStay hungry, stay foolishとは言ってられないわけで-俺は今でもそうだけどね(笑)-、頭良い振りややせ我慢する局面もあるわけだが、基本姿勢はこうでないと先には進めなくなる。また、この言葉をバカにするようでは今までお前は何してきたのということになる。バカな若造をひたすら攻撃するだけバカにするだけなんて奴は、バカ人生を送ってまいりましたと公言するようなもんだ。
俺ら年寄りは、若い連中がStay hungry, stay foolish.で行けるように支援できるぐらいの包容力というか器を持っていなくてはならんし、行き過ぎに対しては正面から注意するリスクを背負う強さも必要。
支援するも意見するも、とにかくリスクを負わないと前には進まない。そう思う昨今。

【2005/10/01 (Sat) 13:35】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。