逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
Sonic Diary by Electric Skychurch
客先から戻ってあっという間に深夜。なんか、すげー脱力。
足ツボマッサージに逝きてえ。脳味噌思考停止・・・てか思考したくねえ。

そんなときには脳味噌にすっと入る音が欲しい。で、Electric SkychurchのSonic Diaryを聴いてみる。
何も説明不要。ただただ浮遊する感覚を楽しむ。James Lumbが有名なのかとか才能あるのかとか売れてるのかとかどうでもいい。ありがたく彼の紡ぎだした音に身を任せるのみ。
sonic_diary.jpg

あ、上記アルバムには入ってないが、公式サイトの中のここで2曲試聴可能。

スポンサーサイト
【2005/09/30 (Fri) 00:40】 音楽 // TRACKBACK(19) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
激しく申し訳ありません
久々にアクセス解析調べてみたら、「運動会」「お弁当」のキーワードでいらっしゃる方が多い。

おそらく運動会がせまってるしお弁当のメニューどうしようかしらとかって検索して来られるんだろう。
で、そんなこととは全然関係ないエントリを読んで、紛らわしいんだよ糞とばかりに速攻で次のサイトをチェックしてる様が容易に想像できる次第でございます。

紛らわしくてごめんなさいねえ。

【2005/09/29 (Thu) 09:23】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
Sunrise Sunset
出渕誠、住谷正樹(レイザーラモン)、小籔千豊の3人のユニット「ビッグポルノ」によるSunrise Sunsetなる曲が良い。
聞きたい人は、2ちゃんのニュー速に行くか、"Sunrise Sunset ビッグポルノ"とかでググッってみてね。

大阪の方のTVで放送されて結構反響呼んでるようです。
お笑い通からすると何を今更という感じなんですかね?知らないけど。

好きだな~これ。「どーも。経済○○○庁長官です」とか。
放送できないだろうし各方面から大ブーイング起きるだろうが、CD化すれば伝説になるぞ。

【追記】
なんか、とっくにビッグポルノのライブのときに手売りしてるらしい。CD。



【2005/09/28 (Wed) 19:17】 音楽 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ラリージャパン
今週末からだ。
新聞のスポーツ欄に、でかでかとローブの写真が。
WRCが年に1回注目を浴びる時がやってまいりました。

しかし、1年が早い。

【2005/09/28 (Wed) 09:13】 WRC // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
マルティンのインタビュー
事故後、初めてマルティンが公にコメントを出したようだ。

僕達は勝ちたいラリーに勝って来た。唯一彼が本当に優勝を願っていたグレートブリテンには勝てなかった。彼はあの大事故で帰らぬ人になった。あの瞬間、僕は世界最高のコ・ドライバーと最高の親友、そして兄弟を失ったんだ。


自分が運転する車の事故で最高のパートナーを失ってしまった人間の気持ちはいかばかりか。
亡くなったコ・ドライバー、マイケル・パークのご冥福と彼のご遺族の幸せ、マルティンの再起を祈らずにはいられない。


【2005/09/28 (Wed) 08:28】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
頭文字D THE MOVIE
体育祭の代休で息子が休み。
嫌で嫌でしょうがなかった体育祭をなんとかやり遂げたのでご褒美に観にいった。頭文字D THE MOVIEである。
車大好き厨房1年の長男はやはり「頭文字D」も好きである。小学校低学年の頃に、俺が深夜にやってたこのアニメを面白がって見せたのが始まりだったか。それ以来、彼はこのアニメのファンなのだった。

この映画、全然期待しないで見に行ったんだが、見てから、インファナル・アフェアのDVDをとりあえず借りようと思った。
のっけから、映像が美しい。いや単純に「あらきれい」みたいな美しさとは全然違う、おっそろしく研ぎ澄まされた信念というか気持ちよいぐらいの潔さよいうか、要するに「きれいねえ」と言ってしまっては失礼にあたるような、気高い美しさと間合いを持っている。製作スタッフの美学のようなものを感じた次第。音楽もなかなか良い。エイベ糞はあまりしゃしゃり出てこない。良かった良かった。
よくよく見てみると、映画素人の俺も聞きかじってるインファナルアフェアのスタッフが製作してるということで、これはひとまず「インファナル・・・」を借りてみるかなという気が起きたというわけでございます。

バトルシーンでは息子大喜びで、よかったよかった。

しかし最後の派手なクラッシュシーンで、クラッシュしてない2台がそのままレースを続行してしまうのはいかがなものかと。どうもクラッシュをエンタテインメントとして観られない。先だって、WRCで一人亡くなったばかりなので、ややその辺神経過敏な俺。

【2005/09/28 (Wed) 00:42】 映画 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ブログエンジン
ブログエンジンが好きである。

あまりに普及しすぎてて、技術者として、今更好きと言うのは気恥ずかしい限りだ。それほどまでに今となってはどうってことのないツールである。インスコも簡単になったし、そもそも自前で用意せずともどうとでもなる。
しかし、ギリギリまで無駄をなくし、人に見せたい最低限の情報を平面的に見せるということを考えるとやはりこのツールに行き着く。今更ながら「平面的」なところが非常に良い。多機能なCMSはどうもダメだ。なんか、要らないものが多すぎるんだよね。しかも、変に奥行きを感じさせられるとその先、見る気を無くすんだよな。特に忙しい時。とか考えてると、俺、ほんとに技術者じゃねえなあと思う。フツー、技術者って複雑なCMSとか大好きなはずなんだけどな。てゆーか、ああいったものをさらに多機能にしたい欲求に駆られるのが技術者だろうと。

しかし、使う側にしてみれば、ラリーカーにオートウィンドウやカーナビが要らないように、目的を純化してギリギリまで絞り込むめば、よほどコンテンツが豊富な大きな法人でもなければ、大抵はこのツールで間に合うんではないかと思っている。てか、平面的に見せられるようにコンテンツを絞り込むべきだ。

ブログエンジンを使ってサイトを1個作った。プロバイダ提供のブログのテンプレCSSをカスタマイズして作ったことはあったが、MovableTypeは初めてだな。これ有料なんだけど、それでもお客さんが更新する仕組みを考えれば安い。無料ブログエンジンもあるんだが、お客さんに2万ちょいの余裕があればMovableTypeを使っとくほうが無難。てか、無料のやつでもDBMS使ったりしたら設定費、レンタル料を考えると相殺できる。更新ツールとの相性も良い。MovableTYpeもMysql使えるが、コンテンツ量やアクセス頻度次第。当座は不用な場合が多い。

伊豆ライフ不動産というお客さんのサイト。大量の物件を扱うでない、えりすぐりの物件を絞り込んで商売するタイプの不動産屋さんとかにはまさにうってつけのエンジンだよなあと出来てから改めて思った。極力製作にはカネをかけず、別のほうに予算を回すことができるわけなので。これは、一見、製作者(技術者)にとってマイナスだと思われ勝ちだが、実はそうでも無いだろと思っているんですけど。


【2005/09/26 (Mon) 18:48】 コンピュータ、技術系 // TRACKBACK(8) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
自画像
jigazo.jpgお前が抱えてる全ての感情がこの絵に詰っていると思った。話すだけでは永遠にわからないもの。ココロの底の闇に沈殿した様々な何か。全てをぶつけられたような感じ。そして俺の全てが見透かされてるような感覚。
 
 
 
 
 
 
 
 



【2005/09/22 (Thu) 09:26】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(4)
このページの先頭へ
黙祷
言葉なし
 
最終日2カ所目の競技区間で、マルティンのプジョーがコース沿いの立ち木に衝突。マルティンは無事だったが、コ・ドライバーのミカエル・パークが死亡した。残る2カ所の競技区間はキャンセルとなり、プジョーチームは3位にいたマーカス・グロンホルム(フィンランド)を撤退させると決めた。
 混乱はここからだ。この時点でのトップは、ドライバー選手権首位のセバスチャン・ローブ(仏、シトロエン)。選手権2位のグロンホルムは無得点となるため、優勝すれば、ローブの今季の王座が決まる。しかしローブは、最終チェックポイント到着時間を故意にずらしてペナルティを受け、順位を落してしまった。
 「こんな状況で王者になりたくない」とローブ。だれもが沈痛な表情のまま、ラリーは終わった。


park3mono.jpg
 

park4mono.jpg





【2005/09/19 (Mon) 06:41】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
広告宣伝ばかりが先行して内部はグダグダ?
有田芳生氏の日記(9月前半)から。

つまり「ホワイトバンド」を購入したところで貧困を克服するための具体的援助にはまったくならないのである。なぜ募金ではないのか。その理由は「チャリティーや募金では貧困はなくならない」からだという。偽善だな。ボランティアだという事務局では時給2000円が支払われているという内部情報もある。


ボランティアに2000円の時給云々を非難するためにこのエントリを書いてるのではない。
広告宣伝はプロ集団に任せてそこは成功したのは周知だが、なんでこうも情報を伝えるということに関して後手後手の対応になるのだろうか?
募金ではないということも当初前面に出さず後で必死にフォローするありさまだし、事務局のボランティアが時給2000円で働いてるとかいう情報も事実であれば後でツッコまれるのは明白である。まあ、募金でないという件はCMの下にテロップとか出したら、活動内容がわかりにくくなって売上は今より落ちてただろうけどな。とにかくカネを含めたいろいろなことをキチンと先出ししとく知恵というのが無かったのかと問いたいのです。

こういう運動も最初からカネに関してルーズにならずキチンと開示していかないと理解を得にくい時代なんだなとつくづく思った次第。
後々ツッコまれないか?みたいなことは、凡人でもわかることだ。
熱に浮かされて冷静に先読みできなかったのか、そういったことを話せる空気じゃなかったのか。
この辺に、こういう団体の限界点というか体質を感じずにはいられない。おそらくカネということに関して内部での意思統一が取れてないのではないかと思うわけです。もしかして、事務局グダグダなんじゃねえのと。

【2005/09/18 (Sun) 11:13】 ニュース // TRACKBACK(11) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
ラリーGBが始まってるわけですよ
現在SS3まで結果が出てる。
ローブがトップかよ。ちっ。
プジョーやっべ。SS2でグロンホルムなんかやっちゃったらしい。
ローブの後ろにはスバルのソルベルグが10秒差でくっついてる。スバルはここで調子上げとかないとラリージャパンが厳しいし。かなり気合が入ってそうな雰囲気。

グロンホルムは17位。これから鬼のような走りを見せてくれるだろう。マルティンは4位を走るデュバルの13秒後ろ。プジョーの今後の作戦が見ものだ。

コリン・マクレーは、「まだトップ10に入るぐらいのスピードはあると思うよ」という本人の予告どおり、現在9位を走行中。凄すぎ。

【18日2:42追記】
やっべ。SS12が終わった段階だが、マルティンはタイム伸びず6位。デュバル好調で4位。
デュバル、ミスしねーなー。マルティン、せめて5位のロバンペラはぬいとかないとまずくないか?とはいえ32秒差か。うーむ。
しかしローブは速い。55秒差2位のソルベルグはきっと優勝を諦めてないんだろーな。
1分40秒ほど差をつけられて3位のグロンホルムは諦めムードか?

【2005/09/16 (Fri) 21:53】 WRC // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
関ヶ原
昼間、メシ食いながらTV見てて思い出した。
慶長5年(1600年)の今日(9月15日)、関ヶ原の合戦の火蓋が切られた。

西軍と東軍、数の上では西軍が勝っていた。とはいえ、時代の空気は既に家康に移っていた。
合戦前夜、石田光成は、家康の挑発にことごとく脊髄反射して、手玉に取られたという感がある。頭が人一倍よく、レスポンスの早い光成だったがそれが弱点になってしまった。また、自分の正義は絶対だみたいな思い込みが最後まで災いしたという肝。正義の価値観は人それぞれなんだよな。

ともかく合戦前から勝負はある程度ついてたと思わざるを得ない。どう考えても信頼できない小早川秀秋頼みだったわけだし。島津を懐柔できなかったのも痛い。

[READ MORE...]
【2005/09/15 (Thu) 18:58】 日本史 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
闇の中の虹
一時期、長野県の小さな町に住んでいたことがある。

同じ職場でパートに来てたおばさんの話が印象に残っている。
「ここらへんじゃ、お金のある家の子や優秀な子は東京の大学出て向こうで働くの。
少しだけ優秀で地元に居たい子やコネのある子は役場や消防署に勤めたり松本のXX製薬か○○あたりに行くの。」
それ以外はどうするのかと聞きかけたがやめた。周りを見渡せばすぐにわかることだったから。

高校を出て首都圏に就職する子。
地元に残って小さな工場やファミレスに勤める子。
土建屋さん、運送屋さんに勤める子。
選択肢はあまり多くない。地元で羽振りの良い産業はそう多くなかった。

工場とかサービス業に勤めると、これが酷く給料が安い。大抵日給月給(要するに日雇い)だ。
工場なんて下請けの仕事が多いので、得意先から発注が無いと休みになったりして余計に給料が減る。
このままじゃどうにもならんつって、若い子たちは土建業とかに転職していく。
当時、長野はオリンピック前で土建業がそこそこ良かったんだな。
隣の親父も、農業をやりつつ日雇いで土建屋さんの仕事で稼いでいた。
向かいの親父は出稼ぎで半年以上は家にいなかった。冬場だけ帰ってくる。
母ちゃんは農作業で働き詰めだ。兄ちゃんは、ダンプカー運転手をしつつ農業を手伝ってた。

要するに建設土木関連に携わる比率がすげー高い。
でも役場が公共事業を順番に回してくれるから、干上がることは無い。そんな感じ。
土建屋さんは半公務員みたいに見えた。
良い状態とは到底言えないが、どうにも身動きとれない。だって仕事が、産業が無いんだもの。人がいなくなれば町が村が滅んでしまう。
そんな感じで回していたんだ。オリンピックまではね。

あの後一気に仕事が無くなったはずだ。みんなどうしてるだろうか。

恐らく潰れるところは潰れて、限られたパイの取り合いになってギスギスした空気が流れてしまったんではないか。今住んでるところでも、そういったことがあったし。
公務員は居心地悪いはずだ。仕事(公共事業)をもって来れなきゃ単なる無駄飯食いに見えるだろう。

このギスギスは地方の至る地域で起きたはずだ。

勿論、首都圏ではそのギスギスが最高潮にある。深夜まで必死に働いて手取りが月10数万のタクシードライバーとか、徹夜の連続でフラフラになるまで働いて年俸300万のリーマンとかそんなのばっかじゃんか。
仕事は山ほどあるのにキツイ汚い苦しいしかも安い果ては怪しい仕事ばっかり。
今の日本の景気はこういう底辺の上に乗っかってる。

ここ数年、公務員とか半官の財団や団体職員とかは主に上のような民間の底辺層から徹底的に嫌われてきた。半分はひがみだが、実際、役場なんて俺らからしたらもう別世界だし、有り余る余暇で実に楽しそうに趣味を謳歌している姿を至るところで見ちゃうわけで、こりゃ今の世の中反感も買う罠と思っちゃうわけよ。

さて。こんな状況で国家も火の車になってるわけですよ。
小泉総理は、削る減らすしか言ってない。明るい未来なんて決して語ってない。財政状況を考えれば普通はそんなこと言えねえだろ。ってことでこの人、すげー普通の人に見える。この状況で夢語ったら、よっぽどの天才か山師だ。それでもこれだけ票が集まったのは、上記底辺層の憎しみの対象である公務員のはしくれ、郵便局に論点を集中させたからだ。
底辺層は、明るい未来なんてこれっぽっちも持ててないわけ。そうなると、同じ修羅の道。道連れは多いほうが良いにきまってるとなる。郵政マネーなんて二の次三の次だ。なんか自分が勝ち組になれると勘違いしてるおめでたい人の票が集まったという意見があるが、どうも賛成できない。根底には色々な形のルサンチマンがあると考えたほうがすっきりする。暗澹たる光景なんだけどね。

しかし、このタイミングでたまたまこの人のライフワークが郵政だったのはラッキーだったよなあと。この人、ずっと言いつづけてきたわけなんでブレが無いように見えるし。解散劇での立ち回りも勿論人気に拍車をかけたろうが、とにかく俺的には、小泉総理ってラッキー。

なのにだ。今回、自民党がこれだけ勝ったのに、民主党が負けたという思いが強い。
宮台氏(この人は好きじゃないけどさ)がこんなことを書いてる。

現に社会的弱者だからこそ噴き上がる都市型ヘタレ保守は、小泉流「決然」にカタルシスを得ても、そのあと幸せになれません。そこに、都市型保守への「都市型リベラル」の対抗可能性があり、都市浮動票を取り合う二大政党制の可能性があるわけです。


民主党はキッチリこの辺を煮詰めていくしか無いと思うわけです。財源の問題をクリアするのはスゲー大変だろう。防衛費削ったところで赤字を減らしていくにはタカが知れてるし、無駄遣いを無くせとかいったって、上に書いたように半ば福祉予算みたいになっちゃってるものをイキナリバッサリやることは出来んだろ。
結局、税収に頼るほかは無い。無い袖は振れない。どこにシワヨセを持っていくか、ジックリ煮詰めてほしいものです。あるいは、山師みたいなウルトラCでもいいよ。
出口の無い闇の中にいる俺ら底辺層に、少しでも光がさすような政策、虹をみせてくれたら、あっという間に状況はひっくり返せるぞ。小選挙区制って怖いってのは今回の選挙を経てみんな言ってるし。

現在のバラバラの民主党にジックリ煮こんだ具体的な提案ができるかといえば、俺は難しいと思ってるけどね。しかし、公務員さんの未来も明るくないな、こうなると。

【2005/09/13 (Tue) 23:49】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
内村プロデュース終了
一抹の寂しさを覚えずにはいられません。


番組HPはこちら

【2005/09/12 (Mon) 20:32】 TV・ラジオ // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
荒井広幸っていうバカ
自民圧勝ですかそうですか。
マスコミの予想を上回る圧勝振りだな。民主党、もう少し行くと思ってたが甘かったなー。
忙しいので感想とかは機会があったら書こう。

一つだけ書いておきたいことがある。
今車で外出してきたんだが、ラジオでは森永卓郎の番組をやってるわけです、この時間。
今日はなんか、新党日本の荒井広幸とかが来て愚痴こぼしてるんだが、

ここ3年間に膨れた借金について反省の弁無く批判するだけ

というバカさ加減に笑ってしまった。
お前もちょっと前まで与党だったろと。何他人事になってるんだと。


特定郵便局長会云々以前に、人間としてイタすぎ。てゆーか、バカ。



【2005/09/12 (Mon) 09:15】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
我慢とセンスとクソ度胸
黒田官兵衛は、腕力のある大男ではなかった。
しかし、戦闘指揮をやらせると、その度胸、判断力が群を抜いていたといわれる。

陣地を守ってると、敵が自分らを殺しにこっちに向かってくるわけだ。
そんな敵を前にして、こっちは鉄砲を構えて待ち受ける。しかし、官兵衛はなかなか射撃命令を出さない。それどころか風に吹かれて飄々としてたらしい。それを見て兵卒も恐れの心が和らぐ。
で、敵兵の顔がはっきりとみえ、その鼻の穴が見えるぐらい間近に来たときに、いっせいに射撃をさせたといわれている。

これがなかなか出来ない。
要するに事を起こすタイミングということだ。
こっちのアクションが最大限に効力を発揮できるギリギリのポイントまで我慢するということ。
これが、出来んもんなのよ、凡人には。

はやる自分を抑える我慢
最適なタイミング(間合い)を見抜くセンス
そして自分を殺しに来る相手がみるみる近づいてきても平然と構えてるクソ度胸

これがあれば、大抵のことはクリアできるんじゃないかと思う昨今。
我慢だよね我慢。

【2005/09/11 (Sun) 03:19】 日本史 // TRACKBACK(0) // COMMENT(3)
このページの先頭へ
郵政民営化反対の人ってさ
今、mixiちょっと見たんだけど、民営化反対のインテリってさ。
民営化後に300兆とか言われてる財投債を含めた国債が売られて日本国債が暴落する1点を恐れているみたいなんだよな。

要するに、郵政民営化の基本方針に書いてる、
(イ) 公社勘定の運用
・ 公社勘定の運用に際しては、安全性を重視する。

が信じられないとか、もっと具体的に書いてくれないと信じないとかいうことと思われ。知らないけど。

結局、理屈というより性格とか感情に左右される部分が大きいみたいな感じぃ~。

まあ、俺は郵政の話はあくまで幟みたいなもんと思ってるんで、それより、今回の選挙結果を掲げて急進的に改革に邁進されてもちょっと困る予感なのでアレなんですが。

しかし、自民圧倒有利のまま投票日になっちゃったなー。

【2005/09/11 (Sun) 01:42】 ニュース // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
フェアトレードフェアトレードって気軽に言ってるけどさ
考えれば考えるほど、これって難しくね?






ま、俺が馬鹿ってことも勿論あるけど。

「この商品はフェアトレード商品なんです。だからこの価格なんです。」
なーんて言ってのけてしまう人の思い切りの良さをある意味尊敬する。


【2005/09/10 (Sat) 02:14】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
選挙直前なわけですが
共同通信社による電話世論調査によると、約35・9%の人が投票態度を「決めていない」と回答してるらしい。(ソースは2次情報なので割愛)

宮台氏は、
そうした国民は、「決然」「断固」に象徴される小泉的振舞いからカタルシスを得ます。現に都市部の若者は「気持ちいい」と口々に語る。それが新保守の感情です。

とか書いてる。ヘタレ保守にはヘタレだからこそ、「純ちゃんカッコイー」と言いつつ、結構冷静に自分の立場を考えてる人もいるはず。その辺を踏まえた、氏の民主党への提言は概ね賛成。民主党もそんな感じの宣伝してるけど、もう遅いな。

今回の選挙で投票する気はあるが、どこに入れるか保留してる奴が36%だ。俺もそんな中の一人になる。
何故保留してるかといえば、経済的な根拠に基づく正論とか、子供の将来とか、20年後の日本のこととか、2~3年先ぐらいまでの損得とか色々なもんを秤にかけててまだ結論が出てないからだ。
確かに小泉総理には部分的にキモチイイ部分があるが、それとこれとは話が別。
実際俺自身、今は、党内のアイデンティティがバラバラで政権取れば明らかに改革のスピードが遅くなると思われる民主党に傾いてる。この先2~3年の間、俺的には色々勝負どころが待ってる悪寒なのに、劇的に半強制的に改革されてもなあという思いがある。改革は税とか年金とか福祉の面でしばらくは国民への負担を強いるからな。詳しくは書けないが改革によって今の主なクライアントの投資意欲が失速してしまう懸念もある。要するに俺自身の損得勘定だ。
民主党が勝って何も決まらずもう一度か二度ガラポンしてくれるのも良かろう。結果的にそのほうが良いかもしれん。

共同通信によると、
300小選挙区、全国11ブロックの比例代表(定数180)ともに自民党が優勢で、同党は単独で過半数の241議席を確保する勢い。公明党も堅調で解散時勢力の34議席を維持する可能性が高い。

とあるが、最後までワカランだろと思う。



【2005/09/08 (Thu) 10:08】 ニュース // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
大運動会のお弁当タイム
台風一過。子供等を送って海岸を走ってると、なんかもう秋なんです。
陽の光なんて、まだ夏の名残で強がってるかのように見えるが心はもうあからさまに秋。
そんな日差しを受けてやさしく光る木の葉っぱっとか眺めたりしようもんならもう泣けるほどに秋。
海の色なんかもう秋色。どんな色だよそれといわれようが秋の海なんだ。
ほんのり霞がかかってる富士山も秋。

なぜかガキの頃の運動会なんぞを思い出す。ボロ校舎を背に、ほこりだらけの校庭で食ったおにぎりの味。ほこり舞う向こうに秋色の空。手でつかめそうな富士山。

とかなんとか感傷的になってる間もなく、気温が上がってくる。
気温に比例して五月蝿くなるセミの声。残暑か?今日も残暑なのか?

【2005/09/08 (Thu) 09:42】 日記 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
不自然なネコ写真
コンビニ寄ったら、あの不自然なネコが復活してた。ゾンビを思い起こした。
nameneko.jpg


なんか、アメリカで復活してたという話もあるが定かではない。
 
 
 
 
 
 
 
 


【2005/09/07 (Wed) 15:44】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
バッテリー
仕事に入用な物を買出しに逝こうとしたら、バッテリーがあがってた。
よく見たらスモールライト消し忘れてた。
セカンドカー(タダで入手したHonda Today)でよかった。


てゆーか、カミサンが別の車に乗って逝っちゃったんで身動きとれねえ。
バス電車を乗り継いで買出しに逝く気は毛頭出ず、あきらめモード。

【2005/09/07 (Wed) 11:25】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
そもそもの話としてのアフリカの問題
時間が無いので、ホワイトバンドの話以前に、チェックしとくと良いサイトのリンクだけ。

ライブ8の深層

 大作だ。すげー。順番に読んでいくと世界史に疎い人でも大雑把に掴むことができる。
 また、アフリカ関連、債務放棄関連については、俺が最近見逃してた情報を提示して警鐘を鳴らしてくれている。 「G8債務放棄決定も、EUの砂糖優遇措置廃止で債務軽減にならず」なんて情報は、実に暗澹とした気分にさせてくれるものであります。いやいや、欧州人もやることがえげつない。
 作者の川村けんと氏にリスペクトです。

 日本のホワイドバンドの収益は2006年以降、関連団体の政治活動に使われるわけだが、こういった問題を中の人たち全てが認識してないわけは無く、やはり具体論に入ったところで色々問題出そうな予感だ。
とにかく、「アフリカの貧困」だけでなしに、こういった「そもそもアフリカの貧困ってさ~欧州のアフリカへの所業~現在の武器輸出問題」あたりまでを一人でも多くの人間が考えるキッカケになれば、ホワイトバンドは意味があったともいえるな。

【2005/09/06 (Tue) 16:43】 日記 // TRACKBACK(3) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
激マズ
つまみにと、スリーエ○でイカさし明太を買ったが激マズ。

これ、ホントにイカか?

【2005/09/04 (Sun) 23:31】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
肝心なところが進行中じゃな
えーと。
既に出尽くした感のあるホワイトバンドについて一応書いておこう。

まあ商売上手だなと思います。「「白」であれば、多種多様なバンドがあって構わない。たとえば白い紐や包帯であってもいい。」のに、あえてシンボルとしてオフィシャルのホワイトバンドを売りさばく手腕といい、タイミングの見方といい、9.11のときのGPCによる新聞広告募金成功をはるかに超えるキャンペーンになったな。それだけに動いたカネも大きかろう。

俺的に気がかりなのは、この活動が募金活動ではなく、日本政府の援助政策の変更を要求する政治活動であるにもかかわらず、「貧困をなくす政策」の具体的な細かい議論は進行中という点だ。

マニフェストを読んでみると、
2005 年、私たちは、「日本政府は貧困削減に向けて求められる責任を果たします」と小泉首相が明言することを求めます。
世界の貧困をなくすために特に重要なのが
「援助の量と質の向上」、
「返済不可能な債務の無条件帳消し」、
そして「不公正貿易の抜本的改善」の3つです。
そのうち、私たちは、特に2005 年においては、
「援助の量と質」に関する具体的な進展を求めます。


ってことで、具体的な提案をして推進するというよりは、「政府に圧力をかけていきます。」ということしか言ってない。最大限の人間が賛同しやすい一番夢が語れる構想段階で大々的にキャンペーンしてるわけだが、具体的なところは白紙かよというわけだ。まあ方法論まで細かく議論すると、キャンペーン自体が分裂してしまうだろうということは過去から学んでいるんだろう。目的は単純なほど良いのだ。

けど、民主党が政権をとれば政府に言わせるあたりまでは実現するかもな。

[READ MORE...]
【2005/09/04 (Sun) 02:11】 日記 // TRACKBACK(21) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
シュコダ、ジャパンのセカンドノミネートはヒルボネン
コリン・マクレーが務めるのではとのウワサも上がっていたラリージャパンでのシュコダのセカンド・ノミネートが、フィンランドのミッコ・ヒルボネンに決まった




ミッコ。日本ではフォードから出ないのか。

【2005/09/03 (Sat) 01:00】 WRC // TRACKBACK(17) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
趣味
羽柴秀吉の選挙カーに遭遇。


この名前って源氏名なのな。改名してこれが本名かと思ってた。
本名は三上誠三。源氏名で立候補してもいいんだー。へー。
あ、そういえばザ・グレート・サスケもこの名前でやってるな。県議だけど。そうそう、猪木もアントニオ猪木の名前で参議院議員をやってた。


てゆーか、アンタ、趣味は仕事じゃなしに、立候補だろ。

【2005/09/03 (Sat) 00:49】 日記 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
久々に嫌な奴に遭遇
久々に絵に描いたような嫌な奴に遭遇。
ドラマを越える絶品の嫌な奴ぶり。ここまでやってくれるとむしろ清々しい。
いや神々しさすら漂ってますぞ。

【2005/09/03 (Sat) 00:44】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
玉砕
営業先で玉砕。
ていいますか、元々先方のニーズからずれてたのに俺たちが呼ばれてしまった雰囲気。
営業は数打ってナンボなところがあるので、多少ハズしててもとりあえずやってみるというのはあたり前。

しかし、頻繁に付き合わされると、開発スケジュールでおなかいっぱいの俺は厳しい。
ということで、サンプル版も作ったことだし、そろそろ営業デモは遠慮させていただきたいと思う昨今なんですが、いかがなものでしょうか。

【2005/09/02 (Fri) 09:25】 日記 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。