逗子葉山近辺でシステム開発業を生業としてる男の地を這うような日常。

匍匐前進の日々

PROFILE
たなb
  • たなb
  • フリーランスのエンジニアをしてます。
    システム開発中心。家族あり。

    運動不足をなんとかしたいです。


CATEGORY


RECENT ENTRIES


RECENT COMMENTS


RECENT TRACKBACKS


MONTHLY ARCHIVES


LINKS


SEARCH THIS SITE
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【--/--/-- (--) --:--】 スポンサー広告
このページの先頭へ
携帯小説についての物言い by 中森明夫氏
史上最強のアイドル論
http://www.videonews.com/on-demand/341350/001196.php

共通認識を失った時代にPerfumeがブレイクしつつあることの意味みたいな議論が聞けるかなと期待して聞いてみたが、まったく関係ないところに興味を惹かれてしまったではないか。てゆーか、貴重な30分を返してください(泣)
まともに全部聞くと200分以上あるので気をつけてほしい。


以下、携帯小説についての中森明夫氏のトークから抜粋引用。半ば記憶頼りで、正確に文字起こしはしてません。

携帯小説というのは登場人物もも読者もまったく成長してないんですよ。何の成長の契機も無ければ傷つくことも無い。
(中略)
こんなに今の子達が物語を読んだ時代があったろうか。
(中略)
このありようというのは、ある意味では、今の子達というのは物語に飢えてるのかなと。
どこかの飢えた貧しい国の子供たちが貧しい食べ物を食べるように、飢えた子供たちが貧しい物語を毎日摂取してるのではないか。
(中略)
物語の遺伝子が、ありえないような形を取ってでも生き残ろうとする意思を感じた。昔のSFで、違う星に行くと酷い環境の中でありえない形態になって生物が生き残ってるってのがあるじゃないですか。手塚治虫の火の鳥とかにもあった。



氏にここまで言わせてしまう携帯小説というものを読んでみたくなってしまったではないか(笑)

バタバタとしている間に、思った以上に俺たちの国というのは貧しくなってしまったのかもしれん。しかも、その責任は今働き盛りの俺たちとその上の世代にある。明らかに。国のせいでも学校のせいでもない。

【追記】
けどさ。中身の濃い小説に馴染みの無い子供たちはいつの時代も一定数はいるんだったね。漫画同様、複雑な作品と単純馬鹿作品の住み分けが小説にあってしかるべきなんだろうな。などと思い直したりする昨今。

スポンサーサイト
【2007/12/05 (Wed) 01:55】 社会 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
改正道交法への疑問
6月1日から改正道交法が施行される。

なーんか、道交法って気づいたときにはもうすぐ施行しますってパターンが多いよな。今回の取り締まりについてのQAページはここ駐車監視員の活動ガイドラインなるページもある。また、hxxk.jpで解りやすくまとめてくれている。

どうも解せないのは本当に駐車してる車を片っ端から違反認定して確認標章を付けて回るのか?ってところだ。
警察官でない所定の法人に属した所定の資格を持つ駐車監視員が違反の報告を警察に行い、それを警察が違法認定するというシステム変更が改正のひとつの目玉(あえて悪い言い方をすればチクりシステムということだな)なんだが、そもそもどんな基準で取り締まるのかというのが今のところネット探してもわからんのよね。片っ端から違反取りまくる(チクりまくる)の?ということ。
さらに、違法駐車をデジカメ写真ほかの情報で一元管理するわけだが、その記録の中からどれを違法とみなすのかもブラックボックスである。

違法駐車のリスクを高くするなら、現場での裁量基準を明確にしてそれに基づいてキチンと実施して不公平感が無いようにしないと不満が出るだろうなあ。勿論、迷惑な違法駐車が激減すれば評価もされるだろう。どんなバランスになるか、興味深い。

引越し屋さん、運送業については、ラジオで「引越し業者では会社からコインパーキングに停めるようにお達しが出てる」なんて言ってたが、ポーズのような気がする。引越しや運送業については、これまでだって1時間以上停めてても目をつぶってきたわけなんで、今後も変わらんと思うな。

俺は最近は違法駐車はまったくしてない。パソコンサポートは1時間以上かかる場合が多いから、多少遠くてもコインパーキングに停める。路上に迷惑にならない程度の駐車スペースがあってもね。違反金を考えたら駐車料金を払ってリスクを減らすのが癖になった。

これまでハイリスク覚悟で路上駐車してた奴がコインパーキングに停め出したら駐車場不足も問題になるな。最近だいぶ増えたけど、駐車してる比率を見たらまだ絶対数は全然足りてない。

ほかにも突っ込みどころ満載の改正だが、時間がないのでこの辺でやめとく。
【2006/05/24 (Wed) 09:36】 社会 // TRACKBACK(0) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
アカヒが
今頃になってなんかつぶやいてますが・・・

お話になりませんな。

まず、本田を出せ。話はそれからだ。

ということで。

【2005/10/03 (Mon) 01:02】 社会 // TRACKBACK(0) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
花粉症ビジネス
客先に俺以上に花粉症の症状が酷い人がいる。

今日寄ったら彼女もシジュウム茶を飲んでいた。明日から体質改善をしに針治療に行くらしい。

針ですか。ツボを刺激する職業でも花粉ビジネスが花開いてるわけだ。
アレルギーを抑制するツボとかいって。気孔とかでもできそうだな。マスクも約7割が春に売れるらしいから、これも今となっては花粉症頼みの商品なわけだ。空気清浄機も夜中の症状を抑えることができるということで春に売れるらしいし。そういや首から下げる携帯型の空気清浄機もあったな。勿論、耳鼻科もこの季節だけは相変らず凄い人だ。今となっては春先だけでかなりのカネが動くようになったと思うぞ。
薬品も今年は鼻に直接塗るやつとか色々な製品が出てる。

ただ、コンビニで売ってる茶が例外的に大人しかった。去年の春先には、花粉症に効きそうな不味い茶のペットボトルがコンビニに並んだもんだが今年は見かけない。どうしたんだ。投資した割に売れなかったてことか。


[READ MORE...]
【2005/03/31 (Thu) 23:56】 社会 // TRACKBACK(19) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
テキストの時代(なぜリベラルの人は自爆してしまうのか)
ヲチしてたJANJANの記事だが、コメント欄で安住るりさんが最近のリベラルの凋落を象徴するようなコメントを投稿された。

たまたま知りえたこの問題は、【教科書検定という制度】のあり方そのものにも関わってくる重要な課題を孕んでいると私は考えています。
そこが、[禁止はあったか無かったか。シロかクロかグレーか]などという【歴史上の事実という複雑なものを意図的に単純化矮小化した議論】を展開する方々とは噛み合わないところです。


【歴史上の事実という複雑なものを意図的に単純化矮小化した議論】を展開する方々と、特定の人を批判するには、歴史上の事実という複雑なものをキチンと提示しなくてはならない。それがあまりに労苦を伴うのであればせめて2次情報以下でも良いから「ソース」を出さねばならない。「複雑なも」の複雑さをキチンと提示した上で、どのように矮小化したのかを提示汁ということだ。更にいえば、自分たちが矮小化してないことを証明しなくてはならない。「単純矮小化した」という批判が、そのまま自分等に戻ってきてしまうことに気づいているのだろうか?
けどさ。一昔前なら人前やらTVやらラジオでこういうことをでかい声で叫べば「なるほどごもっとも」とかなりの人を納得させることができたなあと思うわけよ。とゆーか、「権力者が悪い」という結論ありきの流れに助けられてたんだろうな。


[READ MORE...]
【2005/02/18 (Fri) 08:57】 社会 // TRACKBACK(20) // COMMENT(2)
このページの先頭へ
JANJANクオリティ
都合の良い理論だけを持ち出してそれを根拠に事実認定を行い一方的に擁護と断罪を行なう市民記者w。

こんな電波記事をシレっと掲載してしまう。
これぞJANJANクオリティ。

トランスパーソナルな理屈ってのは、諸刃の剣だと思うよ。
特にこういう使い方をされるとな。オウム事件以降、オマエなんか反省したかと問いたい、問い詰めたいと。ってゆーか、こういった理屈は事実認定や、まして個人を断罪したり断定するのに使うシロモノではない。
まあ、本記事はJANJAN内でも今んとこ擁護する人も無いみたいだし、掲載許可した側もアイタタみたいな空気であることを祈ってます。けど、「新聞」と名乗ってメディアを自負してるなら削除とかするなよ。。。。ってJANJANは記者が記事公開した後、勝手に訂正したり削除したりできちゃうんだっけな。

【2005/02/16 (Wed) 09:32】 社会 // TRACKBACK(1) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
市民新聞Janjan内バトル継続中
三省堂英語教科書の朝鮮記述[訂正]を問題にした連中に数人の猛者が食いついた論争。
阿部記者が資料を出し切るまで停戦かと思ってたんだが、今見たら資料出揃わないうちにバトル再開しておりました。

俺としては勉強になるのでどっちも応援したい。くれぐれもリベラル諸氏は自爆なきよう願いたい。

ついでに、2ちゃんのヲチスレも貼っとくか。


【2005/02/15 (Tue) 08:53】 社会 // TRACKBACK(41) // COMMENT(0)
このページの先頭へ
| BLOG TOP |
/
Powered by FC2ブログ / Template by chocolat*
Copyright © 2005 匍匐前進の日々 All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。